メニュー 閉じる

お茶を電子レンジで温めてはいけません。 その理由は以下のとおりです。

お茶を入れる水を電子レンジで加熱することを可能な限り避けるべき理由がもう 1 つあります。 実際、マグカップに水を入れて、ティーバッグを入れたら、どうなったか!という怖い現象をすでに経験したことがあるかもしれません。 突然、カップの水が溢れ出し、ミニ火山のように熱い液体があちこちに噴き出します。

これが自分だけに起こることだと思ったなら、おそらくあなたの家族は、ポップタルトをホイルの包み紙のまま加熱しようとしたときにまでさかのぼる、電子レンジ関連の古代の呪いにかかっているからでしょうが、エクソシストを雇う必要はありません。 ゼネラル・エレクトリック社のウェブサイトによれば、これは過熱水と呼ばれる実在の現象なのだそうだ。 (この情報は電子レンジの説明書にも載っているそうだが、実際に読んだことのある人はいないだろう)。

確かに電子レンジで加熱した液体は、泡を立てずに沸点に達することができますが、いったん液体が攪拌されると (ティーバッグを入れたときのように)、泡が立ってカップから外に出てしまうのです。 GEでは、これを避けるために、液体を2分以上加熱しないこと、そしてカップに触れる前に30秒間電子レンジ内に放置することを推奨しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です