メニュー 閉じる

すべての女性をイライラさせる25の彼氏の習慣

1. 午後2時まで寝ているので、ベッドから出るのに彼の上を這って一日を始めなければならない。

2.簡単な家事すらできない。

Advertisement – Continue Reading Below

3.”皿洗い “とは、汚れた皿を持って水の近くに立ち、「どうしてきれいにならないんだ」と思うことです。

4. 恥ずかしげもなくおならをし、まるでそれがなかったかのように会話を続けること。 そして、あなたが「…ベイビー」のようになるとは思ってもみなかったのです。 ゲップ。

6.Siriに命令しまくる。

6. Siriに命令しまくる。まじめな話、Google Mapsで住所を手入力する方がずっと簡単です。

7.あからさまに話を聞いていないのに聞いているふりをする。 ゴミ出ししてくれる? ゴミを出してくれる? ベイビー、私、妊娠してるの。

8.自分のものを取ってきたり電源を入れたりするのが面倒だからと、あなたのノートパソコンを使うこと。

10.ヒゲをシンクに残したままにしておく。

10. 共通点がないにもかかわらず、彼の親しい女性の友人と親友になるよう勧めること。

10. 共通点がないのに、彼の親しい女性友人と親友になるよう勧めること。 前戯として、しかもたまにしかしない、むしろアラカルトで頭を下げない。

12.メニューにないのはなぜ?

12.メールよりも電話やFaceTimingで話すことに夢中になっている。 まず第一に、テキストは現代のラブレターです。

13. 汚れた靴下を床に置きっぱなしにして、翌朝拾わないこと。

14. 何かを取り出した後、引き出しを開けっ放しにすること。

15. 髪をかきあげること。 特にやり終えたばかりの時は。

16.

15 髪をかきあげること。特に、髪をかきあげたとき。

16 移動中に文字通りいつでもどこでも眠ってしまう驚くべき能力を持っているため、移動中に自分と居眠りしている大きな子供の両方を養わなければならないこと。

Advertisement – Continue Reading Below

17. また、このような場合にも、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。

18.

18. 自分がどう見えるかをとても気にするときと、まったく気にしないときがある。

19.

19. お母さんらしいからと、いい服を買ってあげるとイラッとする。

20. 帰り際に何か買ってきてと頼むと、決して正しいものを買ってきてくれない。 無香料を頼んだのに、いつも香りつき。 あるいは、ジャンボを頼んだのに、普通のもの。 タンポンの代わりに単三電池2本とスニッカーズバーだったりする。 彼が手に取るアボカドは、完璧に熟しているとは言い難いものです。

22.

あなたの後ろに立ち、あなたが友人と一緒にいる間、彼が不機嫌になり、「ベイビー、家に帰ろうか」とつぶやいたとき。 ベイビー? と5分おきくらいにつぶやく。 最悪です。

23. 不適切なPDAのバランス。

23. 不適切なPDAのバランス。マッコウクジラのプランクトンのようにあなたにぶら下がっているか、部屋の向こうで安っぽい口髭の男があなたのアクセントはどこのものかと聞いている間、彼は明らかに離れています。 (ニュージャージー州)

24.

24.何か食べるかと聞かれ、答える間もなく皿から取り上げるとき。

25.食べようと思っていたのに。 1~25番を見過ごすほど愛すべき存在であること。

Twitterでアンナをフォローする

Anna BreslawWriter.

div

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です