メニュー 閉じる

アトラス・オブスクラ ポッドキャストの紹介

デンデラ電球のことを知り、有名なレリーフを間近で見てみたいと思ったら、エジプトのケーナにあるデンデラ神殿群のハトホル神殿の地下墓地を訪れなければならないでしょう。

ハトホル神殿は、エジプト全土の中でも最も保存状態のよい神殿のひとつです。

ハトホル神殿は、エジプトで最も保存状態のよい神殿のひとつです。正面の分娩神殿、本殿の背後にあるイシス神殿、そしてハトホルに捧げられた本殿の3つの神殿を見学することができます。 また、聖なる池があり、今でも探索することができます。

寺院の至る所に見られる色はオリジナルで、かつてベドウィンや他の砂漠の民が亡命するために内部が煤で覆われていたことを考えると、驚くほど鮮やかです。

この寺院は、かつてベドウィンや他の砂漠の民が亡命する際に、調理や暖をとるために火をつけ、避難所として使用されました。 伽藍の半分は砂漠の砂で覆われていたため、煤は上部にたまりやすかったのです。 煤の量を示すために、考古学者は各神殿の天井の短冊を選び、煤に覆われたままにして比較しました。

この寺院群は、エジプト、ギリシャ、ローマの支配者の影響を受けていることがわかります。

この神殿群には、エジプト、ギリシャ、ローマの支配者の影響が見られます。また、敷地内の分娩神殿の近くには、一時期、コプト・キリスト教の教会がありました。 主神殿はプトレマイオス12世によって建てられ、女王クレオパトラ7世によって、前54年から前20年ごろにほぼ完成しました。

ハトホルは、エジプトの天空の女神で、性愛、豊穣、音楽、舞踏を司る。

ハトホルはエジプトの天空の女神で、性愛、豊穣、音楽、舞踏を司り、出産と母性の女神とも言われている。 ホルスと対をなす存在として描かれることが多い。 実際、ハトホルは “ホルスの家 “と訳されている。 地下礼拝堂の中には、有名なデンデラ電球と同じレリーフの壁(ちょうどその右側)に、現在までに発見された中で最も詳細に描かれたホルスがあります。 地下聖堂に行くには、手と膝をついて這うように進む必要があります。 いや、這うどころか、入り口は急な階段を下りて、後ろを向いて、膝をついて、頭をぶつけないようにバックで通らなければなりません。

この寺院は、探索するのに不思議な驚きを与えてくれます。

この寺院は探索するのに驚くべき驚異です。各部屋は、24本の柱に囲まれた正面玄関の前室である大玄関のように複雑に装飾されています。 大玄関の天井は、天空の女神ヌート(Nut)に捧げられたものです。 その先には、地下墓地のある控えの間、礼拝堂の部屋、そして聖域があります。 第二の控えの間の両側には回廊がある。 神殿の上部に登る回廊は、鳥が昇るように螺旋状になっており、屋根から出る回廊は、鳥が潜るようにまっすぐに降りる道になっている。

最上部には、朝日を迎える儀式に使われた小さな神殿と、オシリス礼拝堂と呼ばれるもう一つの控えの間がある。 この礼拝堂の中の一室には、「デンデラ・ゾディアック」と呼ばれるユニークな天井レリーフがあります。 これは、古代エジプトの天空を描いた唯一の完全な「地図」と考えられている。 しかし、ハトホル神殿のものはレプリカである。

分娩神殿も複雑な装飾が施されており、側面には神々やエジプトのファラオの誕生を描いたレリーフがある。 この神殿は、発掘調査で見つかったかつての彫像や柱の一部を展示した向かい側で、複合施設の正面に位置しています。 イシス女神の神殿は、主神殿の裏側、聖なる池の近くに位置しています。 この神殿は小さく、装飾も少ないが、一見の価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です