メニュー 閉じる

ウイルスはどこから来たのか

南アフリカ、ケープタウン大学のウイルス学者、エド・リビッキの回答:

ウイルスの起源をたどることは、化石を残さないことと、侵入した細胞内で自分のコピーを作るために使うトリックのために、困難です。 ウイルスの中には、自分自身の遺伝子を感染した細胞の遺伝子に縫い付ける能力を持っているものさえあり、ウイルスの祖先を研究するには、宿主や他の生物の歴史から解き放つ必要があるのです。

それでも、科学者たちは、ヘルペスやモノアミンなどの多くのウイルスの遺伝子が、細胞自身の遺伝子と何らかの特性を共有しているという事実に基づいて、いくつかのウイルスの歴史を紐解くことができました。 このことは、ウイルスが細胞のDNAの大きな断片として始まり、その後独立したことを示唆している。あるいは、これらのウイルスは進化のごく初期に出現し、そのDNAの一部が細胞のゲノムに留まったことを示唆しているのかもしれない。 ヒトに感染するウイルスの中には、バクテリアに感染するウイルスと同じ構造的特徴を持つものがあるということは、これらのウイルスが数十億年前に共通の起源を持っていることを意味するのかもしれない。

致命的なエボラウイルスやマールブルグウイルス、はしかや狂犬病を引き起こす遠縁のウイルスなどのウイルスが、限られた種にしか存在しないことは、これらのウイルスが比較的新しいことを示唆しています-結局、これらの生物は進化の過程でやや最近になって登場したのですから。

1930年代に初めてヒトに出現したと考えられている HIV は、レトロウイルスとして知られる、もうひとつの種類のウイルスです。 この単純なウイルスは、正常な細胞に見られる要素に似ていて、ゲノム全体にコピーして挿入する能力を持っています。 レトロ」という言葉の由来は、細胞内の通常の情報の流れを逆転させるような、同じような自己複製を行うウイルスが多数存在するためで、その中心的な複製機構は、この地球上の最初の生命体から現在の私たちの生命体への橋渡しをしているのかもしれない。

そして、ゲノムが大きすぎて、細胞のどの部分から来たのかがよくわからないウイルスも存在します。

そして、ゲノムが大きすぎて、細胞のどの部分から来たのかがよくわからないウイルスもあります。 既知の最大のウイルスの中には、アメーバや単純な海藻のような単純な生物に感染するものもある。 このことは、ウイルスの起源が古く、寄生生物から “ウイルス生活 “に適応していった可能性を示している。

しかし結局のところ、ゲノムをコピーして広めるという共通の特徴やユニークな能力にもかかわらず、ほとんどのウイルスの起源は永遠に不明のままかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です