メニュー 閉じる

オログラフィック効果と気象への影響

空気が山や急斜面に到達すると、物理的な地形の高さに合わせて上昇することを余儀なくされます。 高度が上がると、断熱冷却*の結果、気温が下がり始める。 空気は斜面に沿って上昇し続けるため、冷却され続ける。

(※断熱冷却とは、空気の膨張によって熱量が減少すること。 空気が大気圏に上昇すると気圧が下がり、空気が膨張して冷却される。 この過程は、システムに熱を加えたり奪ったりすることなく行われる)。

山の斜面に沿って上昇しながら、空気が露点(水が気体の状態を保てなくなる温度)に達すると、結露が起こります。

雲に十分な水分が含まれていると、その水滴が十分に大きくなり、降水量となります。

雲に含まれる水分の量によって、小雨から豪雨まで、降水量はさまざまです。

植物に対する起伏の影響

起伏の過程と影響は、空気が冷えて、山の斜面に降水がもたらされるだけにとどまりません。

全く異なる2つの気象条件の創出

空気が山の頂上に到達する頃には、断熱冷却と降水が行われた結果、冷たく乾いた状態になっているのです。

地形が低くなるにつれて、乾燥した空気は重力によって山の斜面を下っていきます。

地形が低くなると、乾燥した空気は重力によって山の斜面に押し流され、下降するにつれて、地面に近いところでは気圧が高くなり、空気は圧縮される。

植生への影響

山の風上側の冷たく湿った空気と風下側の暖かく乾いた空気は、植生に大きな影響を与えます。

風上の斜面の天候

海や大きな水域に近い場所では、しばしばオログラフィック リフトが発生します。 海岸から吹く湿った風によって、海や湖に面した山の斜面に常に水が供給され、大規模な降水が発生するのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です