メニュー 閉じる

ガウラの育て方

ガウラはメキシコやテキサス州の原産で、スペイン語の名前は「素晴らしい」と訳されています。 乾燥に強い魅力的な低木です。

本来の原種では、高さは36インチ、幅は3フィートほど広がります。

本来の原種は、高さ36インチ、幅約3フィートまで成長し、日当たりの悪い気候では、少し小さくなることがあります。 しかし、ガウラは、できるだけ日当たりがよく、風通しのよい土であれば、まだまだ十分に育ちます。

ガウラの花 Pinガウラの花
咲くガウラ|オリビエ タバリー-OLIVIER TABARY-
咲き誇るガウラの花|オリビエ タバリー-OLIVIER TABARY-
咲くガウラ|オリビエ タバリー-OLIVIER TABARY- ig/captionAdobe

この手入れが簡単な植物には、いくつかの品種があります。 ほとんどの庭に美しい花を添えます。

正しい品種は、夏の庭に新鮮な表情を加えます

ガウラは、かわいらしくもたくましい植物です。 暑くて乾燥した気候では、庭に軽やかなタッチを加えます。

他の花が咲き終わった後でも、ガウラの星形の花は健在です。

ガウラは、春の球根や塊茎との相性が抜群です。

ガウラの「渦巻き蝶」は、植物の間に点在して彩りを添えます。

アイリスや他の球根が咲き終わると、アイリスの葉が美しい背景となります。

この魅力的な草本多年草は、あなたの景観に独自の美しさと魅力を加えます。

ガウラの品種

ガウラ・ベレッサ・ダークピンクのようなガウラ多年草には、約20の種が存在します。 どれも濃い緑色の元気な葉と、魅力的なビロードのような花で構成されています。 人気の品種は以下の通りです。

  • ワーリングバタフライ
  • バタフライガウラ
  • ビエニアルガウラ
  • コリーズゴールド
  • Siskiyouピンク- (Gaura lindheimer)です。 ローズピンクの花
  • ワンドフラワー
  • ホワイトガウラ

栽培品種は大きさが異なり、庭でいくつかの異なる目的で使用されています。 小型の品種では、高さが2フィート(約3.5メートル)より大きくならないものもあります。

より大きなガウラの植物もあります。

ガウラには大型のものもあり、低木で色とりどりの花を咲かせるので、庭のセンターピースとして最適です。 背の高い品種には、ビエンナーレ・ガウラとホワイト・ガウラがあります。

ビエンナーレガウラは、生育期間中、美しいショーを繰り広げます。

ビエニアルガーラは生育期間中、美しいショーを見せてくれます。

ホワイトガウラは、テキサス州原産です。

ホワイトガウラはテキサス州原産で、乾燥にとても強いです。

ガウラの繁殖方法

この美しい低木や潅木は、地面に直接蒔いた種から育てるのが最も簡単です。 種は、お近くの園芸店やインターネットで購入できます。

雑草やゴミ、石などをすべて取り除き、植える場所を準備します。

植える場所の準備として、雑草やゴミ、石などを取り除き、暖かくなって霜の心配がなくなったら、その場所を耕し、準備した場所に深々と種をまきましょう。

土は砂を多く含んだ軽いものを使い、深さはかなり深く、肥沃でなければならない。

過度の粘土、重い土、水はけの悪い土は、健全な根の発達を妨げます。 また、根が深いため、一度植え付けたら動かすのを嫌います。

植え付け場所には十分な余裕を持たせましょう。 小さい品種は、周囲に1フィートほどのスペースを与えてください。 大きな低木は、植え付け時に茂みの間に少なくとも15インチを確保する必要があります。

庭や庭のある場所から別の場所に静止ガウラを移動することは避けてください。 成熟した植物は、掘り起こして移動させるとうまくいきません。

挿し木は鉢から

挿し木で増殖する場合、分割した根球を地植えにしないことです。

鉢植えのガウラの種は、よく準備された花壇に植えるか、低木として植えることができます。 そのためには、根が十分に伸びるような大きな穴を掘る必要があります。 穴の深さは、植物を入れている鉢と同じである必要があります。

植物を鉢からそっと取り出して、穴に入れます。 根鉢の上部が穴の上部と同じになるように、土を足したり取り除いたりします。

植物を配置したら、水はけと根の通気性をよくするために穴を土で埋めます。

鉢植えのガウラは、生育期の後半に植えるのがよいでしょう。 春の花はそのままにしておきましょう。

実はこの植物は、植え替えにとても便利な植物です。 他の植物がしおれ始めたら、切り戻しをして、このかわいくて無骨な植物に植え替えます。

水やり

ガウラの根は、土の奥深くから水を吸い上げるようになっています。 しかし、このかわいらしい植物は、乾燥に強いのです。

花壇や庭に植えた植物には、土の上数センチが乾いたと感じたら水をやりましょう。

鉢植えやコンテナ植物としてのガウラの育て方

屋外にガウラを植える場所がない場合は、コンテナ植物として飼うことができます。 鉢や容器は、十分な広さのあるものを使いましょう。

ガウラを観葉植物として飼うことには、1つの利点があります。

夏から秋にかけて花をたくさん咲かせるためには、1日に6時間以上強い日差しが当たるようにしましょう。

ガウラは多少の風には耐えられますが、傷んだり左右非対称になったりしないよう、支柱を立ててください。

ガウラのお手入れ

原産地の大草原の状態に近づけることができれば、簡単に栽培することができます。

高温で乾燥した地域に自生する植物であるため、ガウラはあまり餌を食べません。 花を咲かせるために肥料を与える必要はありません。

ただ、植物を庭に植えるときには、堆肥や肥料を土に混ぜ込んでください。

ただ、植物を庭に植えるときには、必ず堆肥や肥料を土に混ぜてください。

花を咲かせる

株をより茂らせるために、定期的に枝の先端を切り、形を整えるようにしましょう。

ガウラの花が色あせてきたら、花茎を根元から切り落とします。

冬のガウラの手入れ

ガウラの自生地や帰化しやすい温暖な地域では、何もする必要はありません。 植物をそのままにして、枯れた茎を自然の防寒対策として残します。

ガウラが帰化しないような寒い地域に住んでいる場合は、冬場の保護のためにマルチングが必要です。 特に、USDA Hardiness climate zone 8 より低い地域に住んでいる場合は、その傾向があります。

Gaura Problems Pests and Diseases?

ほとんどの場合、ガウラは害虫や病気とは無縁です。

時折、葉に黒い斑点があることに気づくかもしれませんが、絶望しないでください!

ガウラの主な敵は根腐れですが、明るくて風通しのよい土を用意すれば、根腐れを防ぐことができます。

ガウラのお祝い

ガウラは、育てやすく、世話もしやすく、繁殖もしやすい植物です。

境界線、低いプライバシーヘッジ、コンテナ植物、夏の終わりの明るい色彩のスポットとして使用します。

ガウラはどんな庭にも楽しく、頑丈で成長が早い花を添えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です