メニュー 閉じる

コーンブレッドの栄養面での利点

コーンブレッドが体に良いという理由は、新しい研究によってさらに増えています。 コーンブレッドには、成長、細胞プロセス、臓器機能を制御するタンパク質の構成要素である必須アミノ酸の10種類がすべて含まれています。 新しい分野では、酸化によるダメージから細胞を保護する化学物質である抗酸化物質が研究されています。 オレンジや黄色の食品は、ビタミンAに変換される物質であるベータカロチンを多く含み、癌、心臓病、脳卒中のリスクを低減し、老化プロセスを遅らせる可能性があります。 パデュー大学食品科学科のマリオ・フェルッツィ博士によると、カルチノイドは粉砕したトウモロコシ製品に珍しく含まれています。 Journal of Agricultural and Food Chemistry』誌2011年8月号に掲載された博士のトウモロコシの抗酸化物質に関する研究では、カロテノイドの「生体へのアクセス性」が、ほうれん草やにんじんなどの野菜を含む、以前抗酸化物質の利用価値が評価されていたさまざまな食品のレベルと同じかそれを上回ったことが立証されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です