メニュー 閉じる

トゥレット症候群について知らないかもしれない5つのこと

本を読む少年

トゥレット症候群(略してトゥレット)に関する誤解が多く、症状を持つ人の生活を困難にしています。 事実を知ることは、トゥレットがどのようなものかを理解するのに役立ちます。

トゥレット症候群は、脳や神経に影響を与え、運動チックや音声チックと呼ばれる、自分ではコントロールできない動きや音を繰り返してしまう病気です。 症状は通常、幼少期に始まり、軽度から重度までさまざまで、時間の経過とともに変化していきます。 トゥレットは、子どもたちの身体的、精神的、感情的な幸福に問題を引き起こす可能性があります。

トゥレット障害の症状と診断についてお読みください。

この症状について人々を教育するためのCDCの活動の一環として、またトゥレット症候群教育月間を記念して、トゥレットについて知らないかもしれない5つのことを紹介します。

#1 トゥレットの人はいつも卑猥な言葉を口にするとは限らない

おそらくトゥレットについての最も一般的な誤解は、テレビや映画でよく見られるように、この症状の人が卑猥な言葉や汚い言葉を口にすることでしょう。 現実には、トゥレット病のほとんどの人は、過剰に、あるいは制御不能なほど不適切な言葉を使うわけではありません。 これはコプロラリアと呼ばれるもので、トゥレット病の患者さんの10人に1人程度が罹患しているにすぎません。

#2 チックがあるだけでトゥレットとは限らない

コントロールや抑制が難しい音(音声チック)や動き(運動チック)は、トゥレットであることの一部ではありますが、それだけではありません。 チックを持つことは複雑です。 チックは、数週間から数ヶ月続く単純で一時的なものから、長く続く多くの複雑なチックまで様々です。 また、チックは軽度でほとんど気にならないものから、重度で障害が残るものまで様々です。

3 トゥレット障害の人は、チック(動作や音)をコントロールしたくてもできないのです。

チックを持つということは、コントロールすることが難しいのです。 トゥレットの運動チックと音声チックは不随意であり、人は意図してチックを行うわけではないことを意味します。 チックの正確な原因はまだわかっていませんが、チックがあるときの感覚を、かゆみやくしゃみに例える人は少なくありません。 その感覚を止めようとしても、結局は掻いたりくしゃみをしたりしてしまうでしょうし、また衝動が戻ってくるまで少し気分が良くなるのでしょう。

#4 トゥレットの人は、豊かで充実した人生を送ることが多い

トゥレットの人の中には、生涯を通じて困難な状況に置かれる人がいることは事実である。

トゥレット障害のある人の中には、生涯を通じて困難を抱える人もいることは事実ですが、トゥレット障害のある人の中には、非常に成功している人が多いことも事実です。 彼らはしばしば高い業績を上げており、目の前の仕事に集中しているときに、チックがあまりひどくなくなったり、なくなったりすることに気づきます。 また、成長するにつれて、チックの回数が減っていく人も少なくありません。

#5 CDCは研究者やトゥレット・コミュニティと協力し、トゥレット症状を持つ人々とその家族の生活を向上させるために活動しています。

CDCは、トゥレットに関する知識を広げ、トゥレットが人々の生活にどのように影響するか、そしてトゥレットと共に生きる人々の生活と健康を改善するために公衆衛生の取り組みをどのように進めればよいか、研究者と協力して取り組んでいます。 CDCはまた、米国トゥレット協会(Tourette Association of America)と協力して、トゥレットに関する健康情報や教育プログラムを提供し、トゥレット症状を持つ人々が利用可能な最善の治療とサポートを受けられるよう取り組んでいます。

  • トゥレットについての認識と理解を深める:
    • CDC はトゥレット協会と提携し、医療従事者、教育者、家族にトゥレットについての健康教育とトレーニングを提供しています。
  • トゥレットに対するケアとトゥレットとの生活に関する最良の証拠に関する情報と資料を開発し、普及させる:
    • CDCはTourette Association of Americaに資金提供し、医療従事者と個人および家族のためのツールキットを作成して、その知識とスキルを向上させています。 ツールキットを利用する:
    • CDCはTourette Association of Americaに資金提供しています。external icon
  • Improving access to quality care for people with Tourette:
    • CDC supports the Tourette Association of America in publicizing the Comprehensive Behavioral Intervention for Tics (CBIT), which is a behavioral treatment that helps many people manage their tic symptoms.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です