メニュー 閉じる

パワフルなグローバルブランディングの5つの実例

Please Share:

1980年代には、コカコーラやIBMといった一握りのブランドだけが世界を舞台として支配していたのです。

今日、グローバルブランドを構築するには、単にウェブサイトを多言語に翻訳するだけでは不十分です。

ここでは、強力なグローバルブランディングを実践している5つの例を紹介します。

Airbnb

Airbnbの立ち上げ当初、このブランドは大きな課題に直面しました。

Airbnbの世界戦略の鍵となるのはローカライゼーションで、ローカライゼーション専門部署が、ホストと旅行者の間に信頼とコミュニティ感覚を育むのに不可欠な、ローカルなストーリーテリングと同様に、世界中でサイトにアクセスできるよう責任を持って管理しているのです。

また、このブランドは、世界のどこにいても「所属」を象徴する世界共通のシンボル、ベロをロゴとして導入しました。 製品に関して言えば、同社は iPhone のデザインを地域に関係なく同じにすることで、ワンサイズ フィット オール戦略を選択しました。 これは危険な戦術ですが、Apple のミニマリストで直感的なアプローチにより、グローバルにアピールする製品が生まれました。

スターバックス

スターバックスを抜きにして、強力なグローバル ブランディングを語ることはできないでしょう。

しかし、スターバックスのブランドの何が、これほどまでにグローバルな魅力を与えているのでしょうか。

しかし、スターバックスブランドがこれほどまでに世界的な魅力を持つのはなぜだろうか。

同社はまた、消費者中心のデジタル戦略のパイオニアであり、無料の誕生日コーヒーなど、スターバックスのアプリでパーソナライズされた特典を提供しています。 その結果、世界のどこにいても、このブランドが非人間的なアメリカの巨大企業のように感じられることはありません。

コカ・コーラは、グローバルレベルでの運営に関しては、古株です。

1980年代と90年代、同社が初めて世界的な舞台に立ったとき、標準化された製品とメッセージは、アメリカの帝国主義に対する反発を招きました。

それ以来、コカ・コーラは力強く成長し、今でも世界で最も認知度の高いブランドの1つとなっています。

それ以来、コカ・コーラは力強く成長し、現在でも世界で最も認知されたブランドの一つとなっています。この成功の鍵は、同社が「共有」や「幸福」といった不変かつ普遍的な価値に焦点を当てたことと、製品やメッセージをローカライズしたことにあります。

イケア

1943年にイングヴァル・カンプラードによって設立されたイケアは、日本からクロアチアまで、世界中に店舗を持ち、世界的に認知されたブランドとなりました。

しかし、成功したすべてのグローバルブランドと同様に、イケアも海外のオーディエンスを理解するのに時間をかけています。 このビデオでは、イケアのリサーチ部門責任者であるミカエル・イドホルムが、世界各地の社会の変化やイケアに対する人々の認識を調査し、製品選択に反映させる方法を説明しています。

ルームセットは同じ要素を持つことが多いですが、地域の習慣に合わせて店ごとに異なります。

グローバルブランドの構築は決して簡単ではありませんが、国際市場への参入がかつてないほど容易になったことで、達成できる企業も増えています。

Kインターナショナルでは、翻訳サービスにより、お客様のブランドが海外のオーディエンスに語りかけるお手伝いをします。 ウェブサイトのローカライズからマーケティングのトランスクリエーションまで、当社のチームはお客様の国際的なブランド戦略において重要な役割を果たすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です