メニュー 閉じる

プログラムの読み方 – Arapahoe Philharmonic

冊子を単に「プログラム」と略して呼ぶことが多いですが、「プログラム」は、特定のコンサートで演奏されるレパートリー、または作品のリストを意味することもあります。 ここではわかりやすくするために、入り口で受け取る印刷物を「プログラムブックレット」と呼ぶことにします。 プログラム」と言った場合は、そのコンサートのレパートリーのことを指します。

プログラムページ

プログラム冊子の中で最も重要な部分のひとつが、プログラムページです。 このページには、すべての曲目、作曲家、そしておそらく曲に関するちょっとした追加情報が掲載されます。 クラシック音楽は世界中から集まってくるので、プログラムの一部として他の言語で書かれた言葉を目にすることもよくあります。

プログラム ページに表示される作曲の名前には、いくつかの種類があります。 ペール・ギュント組曲 (エドヴァルド・グリーグ) やボレロ (モーリス・ラヴェル) など、作曲家によってつけられた曲名があるかもしれません。 また、交響曲第5番やヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲のように、曲の種類に基づいて命名するタイプもあります。 この場合、作曲家名がわからないと、どの曲が演奏されているのか具体的にわからないのですが、多くの作曲家がこのような名前の作品を作っている可能性があります。

たとえば、「弦楽のためのアダージョ」(サミュエル・バーバー)や、「四季」の「春」のアレグロ(アントニオ・ヴィヴァルディ)などがそうです。 Adagioは遅いテンポで、Allegroは速いテンポか中程度の速さのテンポです。 また、楽曲を示す方法として、人気のあるニックネームで示す場合もある。 ここでは、「合唱」交響曲、交響曲第9番(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン)、「驚き」交響曲(フランツ・ヨーゼフ・ヘイデン)などが例として挙げられています。

  • 作品が書かれたキー、たとえばイ長調やト短調などです。 A~Gはクラシック音楽の8つの主要なキーを意味し、ピアノのキーボードの白鍵に相当します。
  • アルファベットの横に「フラット」()または「シャープ」(#)がある場合、それは主音より半音下または上であることを示し、ピアノキーボードの黒鍵と関連している。
  • それから、作品95、K467、BWV1068、L75/3、HWV56、WoO59などの略語があります。 この奇妙なショートハンドは何なのでしょうか。 まずOpから。「Op.」は「Opus」の略で、「作品」を意味し、作曲家の作品に年代順に番号を振っています。
  • 一緒に作られた作品がある場合、作品番号にもう一つ番号が加えられることがあります。 例えば、ベートーヴェンの「月光ソナタ」(ピアノソナタ第 14 番 嬰ハ短調)は、作品 27 第 1 番(ピアノソナタ第 13 番 変ホ長調)の付随作品である作品 27 第 2 番です。

しかし、作曲家が生きている間、作品番号をつけることについて必ずしも一貫しなかったので、その後の音楽学者は、いくつかの作曲家の作品に対して別の番号付けシステムを割り当てたのです。 プログラムページを読むときに本当に知っておくべきことは、これらの文字と数字が、特定の作曲家のすべての作曲を追跡する方法であるということです。

  • 前に「K」がある番号、たとえば K 467 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作品で、作品はすべて年代順に番号付けされているので、これはモーツァルトの 467 番目の作品ということになります。
  • BWV ナンバリングシステムはヨハン・セバスチャン・バッハの作品に適用されるので、BWV 1068はバッハの1068番目の作品です!
  • HWV はジョージ・フレデリック・ヘンデルの作品に適用されるものである。 HWV 56 は、ヘンデルの作品目録の中で有名なオラトリオであるメサイアです。
  • WoO (Without Opus) number は、ベートーベンの幅広い作品群に適用されます。 WoO 59は、ベートーヴェンの最も人気のある曲の一つである「エリーゼ曲線」である。
  • 各楽章の音楽の速度を示すためによく使われるイタリア語の用語の翻訳については、コンサート用語集のページをご覧ください。

人員ページ

このページには、すべてのオーケストラのメンバーがリストアップされています。 作曲家がある種の楽器を通常より多く必要とする場合、追加奏者がいることもあります。 例えば、ストラヴィンスキーの「春の祭典」では、8本のフレンチホルンが必要です。

注目の演奏家

通常、注目のソリストやゲストアーティストについての経歴のスケッチがあります。

プログラムノート

アラパホ・フィルハーモニックのプログラムノートは、元KVODラジオ司会者のチャーリー・サムソンによって書かれています。

Arapahoe Philharmonicのプログラムノートは、KVODラジオの元ホストであるCharley Samsonが執筆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です