メニュー 閉じる

ベーコンの油って腐るの? – LPC

ベーコンを焼くこととベーコンの油は密接な関係があります。 卵とベーコンの朝食の真のファンは、フライパンに残った大量の脂肪に気づいたはずです。 ベーコンを適切に調理すると、たくさんの脂肪が溶け出します。

フライパンから容器に脂肪を移すのは面倒な動作であることが保証されており、多くの人がそうすることを躊躇します(そして、誰がそれを責めることができるでしょうか、本当に)。 幸いなことに、ベーコンオイルはスーパーであらかじめパックされたものを買うことができます。

ベーコン グリースには、独特のスモーキーな味わいがあります。 油やバターの代わりにベーコングリスを使うと、さまざまな料理に活用できます。

ベーコンの脂は、スモーキーな味わいが特徴です。

ベーコンの油脂を保存したことがない人や、これからキッチンを始める人は、おそらく少なくともいくつかの疑問を持っていることでしょう。 ベーコンの油の保存方法、保存期間などです。

関連する質問です。

  • バターは腐るのか
  • ラードは腐るのか
  • パレオでターキーベーコンを食べられるのか

How To Store Bacon Grease

どんな食品も適切に保管すれば、お金の価値があることを確認することができます。

そこで、ベーコンの油の保存についてお話します。 よく焼いたベーコンは、完全に透明で液状の物質が残ります。 ベーコンの脂は、冷めると固形のクリーム色になり、常温のバターのような質感になるので注意しましょう。

脂を保存するときは、ベーコンの残りがない状態であることが大切です。

ベーコンの脂を保存するときは、ベーコンが残っていない状態が望ましいですが、残っている場合は、こし器や布巾で濾すと、鍋に残っている食べ物がとれます。 冷蔵庫で保存する場合は、瓶やボウルを使用します。 ベーコンオイルを入れる容器は、耐熱性のものを選びましょう(または、ベーコンオイルが少し冷めてから)。

ベーコングリスを冷凍庫で保存することもできます。 密閉容器や蓋つきの瓶を使うようにしましょう。 解凍するときは、冷蔵庫に移し、一晩おいてから使います。

さらに、ベーコングリスをパントリーにストックしておくこともできますが、この記事で紹介した他の方法よりも早く、品質が低下し始めるでしょう。

さらに、ベーコンの油を食料庫にストックしておくこともできますが、この記事で紹介した他の方法よりも早く品質が低下し始めます。この方法が最適と判断した場合は、余った油を密閉容器に注ぎます。 省スペースで素晴らしいと思われるかもしれませんが、そうではないことを私たちは断言します。 2つの異なる油脂を混ぜるのは、決して良いアイデアではありません。

余分なヒント:ベーコンの油をすくい取るには、常に乾燥した清潔なスプーンを使用してください。

ベーコンの油はどのくらい持つのか

ベーコンの油を保管することを決めたときから、あなたはおそらくこのことを自問しています。

市販のベーコンオイルを使うことにしたのなら、箱のラベルをチェックしてみてください。 そこには、賞味期限が記載されています。 賞味期限は通常、メーカーがその日付(箱に明記)までの製品の同じ品質を保証することを意味します。 その日を過ぎると、製品は腐ることはないはずですが、いくつかの機能が失われるだけです。

賞味期限は、ベーコン グリースがすぐに腐ることを意味しないので、指定された日付から少なくとも 2 か月は十分な時間があることになります。

しかし、自家製のベーコン グリースに関しては、考え方が少し違います。 公式な推奨事項や科学的事実はありません。 多くの人は、何年も同じ瓶にベーコン グリースを入れたり取ったりしています。

パントリーに保管されているベーコン脂の賞味期限は最も短く、約 6 か月です。

覚えておくべき非常に重要な事実は、これらは単なる概算であり、それを使って調理を始める前に、常にベーコン グリースの鮮度をチェックする必要があるということです。

ベーコンの油は腐るのか

ベーコンの油は、実際、腐ることがあります。 ベーコン グリースが腐るのは、ほぼ例外なく、不適切な保管が原因です。

ベーコン グリースはすべて脂肪なので (当然ですが)、理論上、腐ることはあり得ません。 しかし、外的要因によって、食事に加えるお気に入りの食材が腐敗することがあります。 腐敗は、脂質 (または脂肪) の酸化のプロセスです。 これは脂質が酸素にさらされることで起こり、味と品質を劣化させる。

自家製のベーコン脂については、いくつか知っておくべきことがあります。 まず、このベーコン脂は市販のものより腐りやすいということです。 なぜか? それは、市販のベーコン脂は、十分に洗浄し、濾して、残ったベーコン片を除去しているからです。

ベーコンオイルは、一度料理に使ったら、それで終わりです。

ベーコンの油脂を料理に使ったら、それで終わりです。油脂は、フライパンの中の食べ物から味を吸収したり、微生物を吸収したりするので、再利用はお勧めしません。

ベーコンの油が悪くなったことを伝えるベストな方法

ベーコンの油が少し怪しく見えるので、賞味期限切れかまだ新鮮かどうかを確認したいと思いますよね。

繰り返しになりますが、上記の方法で保管すれば、ベーコンオイルが腐ることはありません。

油の上にカビが生えていないかどうか見てください。 カビは湿度の高いところで生えるので、棚全体にカビが生えていないかどうか確認するのが一般的な方法です。 カビを発見できた場合(変色を探す)、ベーコンオイルはすぐに廃棄してください。

次に、ベーコンオイルの匂いを嗅ぐ、つまり腐敗の有無を確認することです。 腐ったベーコンオイルは、不快な臭いがします。 これは、ベーコンの脂が新鮮でなくなっている証拠で、味も悪くなっています。 油脂が腐敗していても、人体に害はありません。

余談ですが、ベーコンの油を捨てるときは、排水溝に流すのではなく、空の缶や空の牛乳瓶に注いでゴミ箱に捨てるのが一番です(パイプを詰まらせてしまいます)

おわりに

朝食にベーコンを調理することの素晴らしさは、その副産物にもあります。 ベーコンの油脂は、次の食事に使えるおいしい結果です。

では、ベーコンの脂は腐るのでしょうか? ベーコンの脂は腐りにくいのですが、保管場所や容器の状態を確認しておきましょう。 保存状態の良いベーコン脂は、1年程度と長持ちします。

ベーコン脂を使った料理を楽しむために、事前に少し時間をとってチェックしてみてください。 よく見てください。 カビが生えたままでは危険です。

大丈夫そうなら、匂いを嗅いでみてください。

大丈夫そうなら、においをかいでみてください。 このベーコンオイルをフライパンに入れ、調理を始めましょう!

このベーコンオイルの使い方はとても簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です