メニュー 閉じる

ペレットストーブの正しい換気方法は?

ペレットストーブの換気にはいくつかの方法があります。 ペレットストーブはL型換気パイプを必要とします。 ほとんどの場合、4インチのベントパイプが必要です。 L型換気口は、ステンレス製の内管と亜鉛メッキ製の外管の間に空間を設けたものです。

ペレットストーブは、屋根から垂直に、または側壁から水平に排気することができます。

ペレットストーブは、屋根から垂直に排気することも、側壁から水平に排気することもできますが、その前にL型ベントパイプで垂直に立ち上げておくとよいでしょう。 ベントプロファイルの上昇により、ストーブの運転中に電源が遮断された場合、ストーブから煙や燃焼副生成物を除去するための自然なドラフトが確立されます。 この垂直方向の上昇は、ベントパイプを側壁から出す前に内部で行うことも、内部にパイプを見せない設置を希望する場合は外部で行うことも可能です。

薪ストーブをペレットモデルに交換する場合、薪ストーブ用の既存の煙突を使用することも換気方法の選択肢のひとつです。 硬いL字型換気パイプを煙突に取り付けることができ、特別なアダプターを使用すれば、4インチのステンレススチール製フレキシブルパイプを煙突に取り付けることができます。

ペレットストーブの換気にPVCパイプ、ガスベントパイプ、ドライヤーベントパイプ、シングルウォールブラックストーブパイプは絶対に使用しないでください

販売店では、お客様の最適な換気方法を判断するお手伝いをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です