メニュー 閉じる

マイティ・メイ・アップル

興味深いことに、花と実をつけるのは双葉の「Y」ブランシェッドだけである。 春先、茎の分岐点に6~9枚の花弁を持つ大きな花(直径2インチ)が現れ、傘の中にひっそりとたたずんでいるのです。

そして、6月から7月上旬(住んでいる地域の気候による)、魅力的な花は、小さなレモンの大きさと形をした滑らかで肉厚な「ベリー」に変わる。 最初は緑色だが、数週間ではっきりとした黄色に熟す。 不思議なことに、ほぼ同時に葉が枯れ、リンゴ狩りの季節(7月中旬から8月)には、乾燥した裸の茎と実だけが残ることが多い。 (そのため、春先に5月のリンゴ畑を「偵察」し、実際に地図を作成することをお勧めする(この時期には、特徴的な緑の葉があり、識別しやすい)。

空の採集袋を片手に、甘いパンチや保存食を想像しながら森に入ったら、甘美で香り豊かな5月のリンゴは、完熟するまで甘美でも香り高くもなく、芳醇でもないことを思い出してください。 皮はきれいな黄色(緑色は見えない) … 果肉は半透明でゼリーのような質感 … そして、ベリーそのものは地面に落ちる寸前であることです。

完熟したリンゴはどんな味がするのでしょうか? 正直なところ、適切な説明はできません。 しかし、そのような比較は、実際に仕事をすることはありません。

でも、気をつけてほしいことがあります。

とにかく、メイリンゴの果実は(控えめに言っても)おいしいということは確かです。

とにかく、五月リンゴの実がおいしいことは確かです。

五月リンゴの薬効の歴史

五月リンゴ(Podophyllum peltatum)は、長い間、ワイルドジャラップ、ホッグアップル、グランドレモン、インディアンアップル、アライグマベリー、アメリカマンドレイクなど多くの共通の名前を持っていた。 しかし、このポドフィリンは、メイの根、葉、茎から抽出される苦味のある樹脂状のエキスで、ヨーロッパマンドレイクに似た薬効がある。 ポドフィリンの薬用量は非常に少なく、過剰摂取は死に至る可能性があります…だから、(あなたがジャガイモの新芽を食べてはならないのと同様に)5月のリンゴの根やfoliageofを食べないでください。 ペノブスコット・インディアンは、メイ・アップルの砕いた根をイボ取りの湿布薬として使い、メノミニー族は、この植物の茎と葉を良い殺虫剤と考えたそうです。 また、メノミニー族はリンゴの茎や葉を殺虫剤として利用し、リンゴの部分を水で煮て、冷ました液体をジャガイモ畑に塗り、虫除けとして利用していたそうです。 –

-広告-

原著はこちらです。 1977年7月/8月号

p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です