メニュー 閉じる

メディケアの支払いはどうすればいいの?

メディケアのプランには、それぞれ異なる内容や費用があります。

メディケアパートA – 入院

ほとんどの人にとって、パートAは無料で提供されます。 パートAを購入する必要がある場合は、毎月437ドルまで支払うことになります。

各給付期間について、1,364ドルの免責金額を保険契約者(あなた)が支払う必要があります。

自己負担額は入院日数に応じて決まります。

後期加入料は保険料の10%に相当することがあります。

遅延損害金は保険料の10%に相当し、加入していない年数の2倍を支払う必要がある。

支払う金額に上限はありません。

Medicare Part B – Medical/doctor visits

ほとんどの人が毎月135.30ドル支払っています。

免責金額は年間185ドルです。

控除額は年間185ドルで、控除額が満たされた後は、通常、サービス費用の20%を支払います。

あなたが支払うことができるのは、以下の通りです。

  • メディケアによって承認された検査サービスには$0
  • 在宅医療サービスには$0
  • 歩行器、車椅子、病院のベッドなどの耐久医療機器にはメディケアの承認額の20%
  • 外来精神医療サービスには20%、外来病院サービスには20%、

遅延登録料はあなたの保険金額の10%に相当することができます。

この料金は、加入していなかった年数の2倍を支払う必要があります。

支払う金額には上限がありません。

Medicare Part C – Advantage plans (hospital, doctor, and prescription)

パートCの月額保険料は、2年間の報告所得、給付オプション、プランそのものによって異なります。

パートCの控除額、自己負担額、共同負担額はプランによって異なります。

従来のメディケアと同様、アドバンテージプランは、対象となる医療サービスの費用の一部を負担させるプランです。

すべてのアドバンテージ・プランには、医療サービスに対する自己負担額の年間上限が設定されています。 平均的な自己負担限度額は、通常3,000ドルから4,000ドルの範囲です。

ほとんどのプランで、この限度額に達すると、カバーされるサービスに対して何も支払うことはありません。

ほとんどのプランで、この限度額に達すると、カバーされるサービスには何も支払われません。メディケア・アドバンテージ保険のために支払う毎月の保険料は、プランの自己負担限度額には含まれません。

外来処方薬保険(パートD)のために支払った費用は、自己負担限度額には適用されません。

メディケアパートD-処方薬

パートDの月額保険料は、あなたが選んだプランとあなたが住んでいる地域によって異なります。 月々10ドルから100ドルの範囲です。

パートDの年間控除額は360ドルを超えることはできません。

自己負担額が所定の額に達すると、「ドーナツホール」とも呼ばれるカバレッジギャップに到達します。 2019年のメディケアのウェブサイトによると、あなたとあなたのプランがカバーされた薬に3,820ドルを費やしたら、あなたはカバレッジギャップにいます。 この金額は年によって変更される可能性があります。

カバレッジギャップの間、ほとんどのブランド薬には25%、ジェネリック医薬品には63%を支払うことになります。

カバレッジ・ギャップ期間中は、ほとんどの先発医薬品は25%、ジェネリック医薬品は63%を支払います。ギャップ期間中の補償を含むメディケアプランをお持ちの場合、薬価に補償が適用された後、さらなる割引が受けられる場合があります。

自己負担額が5,100ドルになると、カバレッジ・ギャップは解消され、自動的に「災害時保険」と呼ばれる制度に移行します。

遅延登録料は、保険料の10%に相当することがあります。

後期加入料は、保険料の10%に相当します。この料は、加入していなかった年数の2倍支払われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です