メニュー 閉じる

リスクの仕組み

オリジナルのリスクゲームの成功は、特殊なバージョンにつながった。 例えば、1986年、ヨーロッパでキャッスルリスクと呼ばれるバリエーションが紹介された。 これは、プレイフィールドを縮小し、プレイヤーはヨーロッパの国々だけを侵略したり、占領したりすることを要求されました。 また、1980年代に登場した「シークレットミッション」は、プレイヤーに秘密のミッションを与え、それを達成すればゲームに勝利するというものであった。 さらに別のバージョンとして、「リスク:ナポレオン編」が1999年に登場した。 これは、キャッスルリスクに似ているが、ナポレオン1世の軍事作戦に基づいた改造が施されている。 このバージョンでは、将軍、要塞、海軍部隊などの駒も追加された。

リスクはまた、ベテランプレイヤーの集まりで作られた「ハウス」ルールのバリエーションでプレイされることもあり、ゲームをより難しく、あるいは面白くすることができます。

また、ベテランプレイヤーの集まりで「ハウス」ルールのバリエーションが作られることもあり、ゲームを難しくしたり、面白くしたりすることができます。 また、地理の先生が考えたと思われる「リスク」のバリエーションでは、領土に軍を置いたり、攻撃したりする前に、プレイヤーに知識を示すことが要求されます。 そのためには、領土内にある特定の州、県、国を特定する必要があるのです。 もう一つの工夫は、標準的なボードではなく、実際の地図上でRiskをプレイし、プレイする領土を自分で作ることです。 For example, Risk can be played on a map of the United States, with players holding various states and attacking others. Enthusiasts also have converted Risk into a historical knowledge game, with players required to answer questions about historical conflicts, such as World War I, before they can place armies on territory or launch an attack .

Advertisement

Advertisement

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です