メニュー 閉じる

「一生懸命」ではなく「賢く」勉強し、短時間で多くを記憶する方法

つなげることができれば、記憶できる

記憶の達人なら誰でも、新しい情報をすでに知っているものと関連づけることができることが、優れた記憶の鍵であると教えてくれるでしょう。

勉強している概念を見て、それと関連付けられる別の物を考えてみてください。

どんな形、果物、物、人など、後で思い出すために関連付けることができるでしょうか。

他にどんな概念や材料と関連付けられるでしょうか。

勉強は学校だけではなく、新しいことを学びたいときに大切です。 正しい戦略で記憶しなければ、その努力は無駄になってしまいます。

アメリカの神経学者リチャード・レスタックは次のように述べています:

「新しい情報を学ぶことは、それが後で思い起こすことができなければ意味がないのです。

より賢く勉強して記憶力を高めるためのシンプルなシステム

以下は、記憶力を高めるためのいくつかの方法です:

Start With Smart Reading Plan

勉強するとき、たいてい何かを読むことになると思います。

何を学びたいのかを明確にする

読む前に、自分が何を求めているのかを明確にすることです。 脳は、集中するものがあると、より注意深くなる傾向があります。

読書の目的がわかっていれば、その目的に最も適した戦略を立てることができます。 例えば、一般的な情報を得たいときや、すでに読んだ別の資料と重なると感じたときは速読をします。

自分に問いかけてみましょう:

  • なぜこの本や資料を選んだのだろう?
  • ここから何を学び、覚えようとしているのか
  • ここから何を得たいのか
  • この教材にマッチする最高の戦略は何か

目標がはっきりしていれば、そこにたどり着くまでのロードマップが明確になります。 明確な目標がないまま勉強していると、舵のない船と同じで、方向性が定まらず、足が遠のいてしまいます。 ビル・コープランドが言ったように、「目標を持たないことの問題点は、フィールドを縦横無尽に走り回り、決して得点できないまま人生を終えてしまうことだ」

教材や仲間と交流する

脳には飽きやすい性質があるのです。

退屈のあまり、頭がどこかに行ってしまうのです。 これを防ぐには、勉強中に教材と継続的なやりとりをすることです。

得た重要な情報を強調しますが、強調しすぎて最も重要な情報を目立たせる余地がないようにすること。 また、資料に余白部分を書き込むことも効果的です。

最も効果的な方法の1つは、メモを取りながら、それに自分なりの工夫をすることです。

最も効果的な方法の1つは、メモを取りながら自分なりにアレンジすることです。 正直言って、これが一番効果的です。 1章を読み終えたら、すぐに目についたポイントをすべて抜き出して、自分なりに書き直します。

これは高校時代からずっと続けている方法です。

それが高校時代から役に立っています。家に帰ると、議論されたことをもう一度見直して、自分で説明する。 試験中、クラスメートから「なんで直前の復習をやらないんだ? と聞かれますが、私は先延ばしにして脳に負担をかけないようにしています。

私の友人もこの方法を知り、大きな試験の数日前に復習の時間を設けるのが日課になりました。 図書館の一室を予約して、教材について話し合ったり、板書したり、先生のように振る舞ったりします。 各自が得意な科目が違うので、全員がメリットを享受しています。 試験が終わると、ほとんどの人が「この項目を勉強しておいてよかった」と言います。

一緒に勉強してくれる人がいると助かります。 情報を共有できるようになると、覚えてくれる可能性が高くなります。 何かを教えれば教えるほど、学習能力が高まる。

ベンジャミン・フランクリンの言葉です:

「教えれば忘れ、教えれば覚え、関われば学ぶ」。「

Fully Unplug When You’re In the Zone

1日のうちで勉強する時間を決めましょう。 ほとんどの人は、そのための時間を割り当てず、直前まで詰め込み勉強をしています。 脳の生産性にとって一番の敵は、先延ばしすることです。

カルフォルニア・ニューポートは、本当に何かを学びたいときには「ディープ・ワーク」に取り組むことを提案しています。

科学ジャーナリストのダニエル・ゴールマン氏は、次のように語っています:

「私たちは、集中した状態で最もよく学ぶことができる。

勉強時間を決め、それを守り、集中したいときには実際にその場にいることです。

勉強時間を決め、それを守り、集中したいときには実際にその場にいることです。周囲の散らかりを最小限に抑え、集中を妨げるような気が散るものはすべて取り除きましょう。

勉強の時間を決め、それを守る。

前頭前野を興奮させる

脳の腹側線条体は、報酬の感覚を処理します。前頭前野は、腹側線条体と強く関わっているときによく働きます。

神経科学者のリチャード・デビッドソンは、自分へのご褒美を期待するように脳を訓練することで、学習意欲を高めることを提案しています。

ここで重要なのは、報酬を与えたい重要な行動を特定し、それが一致しているかどうかを確認することです。

ここで重要なのは、報酬を与えたい重要な行動を特定し、それらが一致していることを確認することです。 たとえば、”このページを覚えたら、各セッションの後にいくつかのクッキーをもらえる” と自分に言い聞かせるとします。 クッキーを手に入れたいがために、効率的な脳の戦略を使わずに情報を詰め込んでしまうのです。

ご褒美を作るときは、ターゲットにしたい行動とどうマッチさせるかを考えましょう。

ご褒美を作るときは、ターゲットにしたい行動にどうマッチさせるかを考えます。ご褒美が気晴らしにならないようにしましょう。

勉強するとき、レーザーのような集中力を身につけると、より多くのことを学べるようになります。

カル ニューポート氏は、集中力が途切れたら休憩を入れることを勧めています。

カルフォルニア・ニューポートは、集中力が途切れたら休憩を入れることを勧めています。

砂糖の力を借りる

脳の領域は、新しいスキルを身につけるときに、より多くのグルコースを必要とします。 脳は、新しいことを学んでいるときに、たくさんのブドウ糖を使います。

ブドウ糖が足りないと、脳内の化学伝達物質が生成されません。 その結果、神経細胞間のコミュニケーションがうまくいかなくなるのです。 摂りすぎもよくありません。 炭酸飲料やドーナツに溺れて、無理に神経細胞を働かせることはできません。
イギリスのアストン大学のマイケル・グリーン氏は、食事の回数を増やし、量を少なくすることを勧めています。

「脳は、血流中に約25グラムのグルコースが循環している状態で最もよく働きますが、これはバナナ1本に含まれる量とほぼ同じです。「

ブドウ糖を常に供給するために、果物や野菜、穀物から得られるような健康的な糖分を摂取しましょう。

継続的に預金して認知力を蓄える

大量の情報にさらされると脳力が凍結されます。 脳は、「再帰性」と「運動」の原則に従います。 最新の情報や、よく繰り返す情報を簡単に記憶することができます。

脳トレーナーのロジャー・セイプ氏は、情報を一口サイズに分割する「チャンキング」の活用を提案しています。

脳を鍛えるロジャー・セイプは、情報を一口大に分けるチャンキングを提案しています。

一日に多くの情報を脳に詰め込むと、脳は疲弊してしまいます。 認知科学者のサンドラ・チャップマン氏は、脳を銀行に例えています。

「あなたの脳は銀行のようなものです。 認知能力を高めたいなら、まず預金をしなければなりません。

認知力の蓄えを増やしたいなら、毎日コンスタントに預金を行いましょう。 これらの預金は、時間の経過とともに、最終的に複合的になります。

脳に組み立てラインを作る

他の作業と同じように、最初は非常に困難です。
一度、自分に合ったシステムを開発すれば、勉強して価値ある情報を保持することはより簡単になるでしょう。

各情報にはそれぞれファイルがあり、必要なときにすぐに渡すことができます。

システムがスムーズで効率的に稼働するようになると、生産するすべてのアウトプットの品質が向上することがわかります。

システムがスムーズかつ効率的に稼働するようになると、生産するすべてのアウトプットの品質が向上します。

システムがスムーズに効率よく動くようになると、あらゆるアウトプットの品質が向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です