メニュー 閉じる

世界史の中の女性たち:MODULE 6

征服の言葉とは何か? 土地や自治権をめぐって争うとき、あるいは交渉のために出会うとき、人々はどんな言葉を話すのでしょうか。 メキシコ征服の際、征服者とメヒカの母国語であるスペイン語とナワト語が新たに力を持つようになった。 16世紀初頭のメソアメリカでは、マヤ語、オトミ語、その他何百もの言語が話されていた。 しかし、エルナン・コルテスはスペイン語しか理解できなかった。 しかし、エルナン・コルテスはスペイン語しか話せなかった。味方の先住民と会う時も、敵と戦う時も、部下に食料を求める時も、山間部で道を尋ねる時も、常に危険で繊細な翻訳作業に頼らざるを得なかったのである。 初期にはスペイン語からマヤ語、そしてナワトル語に翻訳し、後にはナワトル語からスペイン語、またはその逆を行った。 1519年から1526年まで、コルテスはある女性の翻訳と助言を信頼し、彼女は彼の傍らでメキシコを横断した。 彼女の名前は、スペイン語でドニャ・マリーナ、ナワトル語でマリンツィン。

ドニャ・マリーナの伝記
1519年、コルテスがメキシコ湾岸に到着した直後、この若い女性はマヤの領主からスペイン征服者に差し出された20人の奴隷の一人となった。 そのため、”倭冦 “と呼ばれるようになった。 彼女は翻訳家、交渉人、文化的仲介者として活躍しました。 コルテスの妾でもあり、息子のマルティンを産んだ。

ドニャ・マリーナの日常生活については、よく分かっていません。

ドニャ・マリーナの日常生活については、あまり詳しく説明されていません。

ドーニャ・マリーナの日常生活については、あまり詳しく説明されていません。 彼女はチョルーラでの先住民の虐殺、テノチティトランの征服、コルテスとその部下たちとのホンジュラスまでの過酷な行軍を生き延びました。 彼女は何百人もの死を目撃し、2人のスペイン人男性の子供を産んだ。

このように、菩提樹の菩提を弔うために、菩提樹の菩提心と菩提心を弔うために、菩提樹の菩提心と菩提心を弔うために、菩提樹の菩提心と菩提心を弔うために、菩提樹の菩提心と菩提心を弔うために、菩提樹の菩提心と菩提心を弔うために、菩提樹の菩提心(菩提心)と菩提心は、菩提心菩提心菩提心(ぼだいじしんぼしん)と呼ばれます。 そのため、”倭寇 “と呼ばれることもあります。 彼女なしには、スペイン人はメキシコの言語を理解することはできなかったと彼は言う。 ディアスの記述は、どの征服者よりも寛大であるが、それは征服から数十年後に書かれたものであり、彼の目撃した歴史は記憶によって濾過されている。 一方、この女性を最もよく知る征服者エルナン・コルテスは、スペイン国王への手紙の中でドニャ・マリーナについて2回だけ触れている。 最も有名なのは、「第二の手紙」に登場する彼女である。

16世紀の先住民の資料には、彼女の行いを通してマリントジンが描かれています。 フィレンツェ写本は、征服に関するナワトル語の最も広範な記述の1つで、マリンツィンの勇敢さをほのめかしています-たとえば、彼女が宮殿の屋上から話し、スペイン人に食糧を運ぶよう命じたり、あるときは金を要求したりするときなどです。 映像では、マリンツィンは着飾った若い女性として登場し、しばしば男たちの間に立って、彼女の多言語能力によってコミュニケーションや交渉が行われる。 リエンソ・デ・トゥラクサラの場面は、現在ではより大きな画像群の断片に過ぎないが、征服前の絵画技法や慣習を利用している。 マリンツィン自身と同様に、リエンソは土着的な征服以前の習慣とヨーロッパの介入という世界にまたがっている。 16世紀に描かれたマリンツィンの絵には作者の署名がなく、その多くは彼女の死後になっている。 彼女がこれらの絵のどれかを認めたかどうか、私たちは知る由もない。

そして、このような “掟破り “の “掟 “を守るために、”掟破り “の “掟 “を守るために、”掟破り “の “掟 “を守るために、”掟破り “の “掟 “を守るために、”掟破り “の掟を守るために、掟破り “の掟を守るために、掟破り “の掟破り “に掟破りをしているのです。 また、彼女は完璧な戦略家であったという人もいる。 コルテスに奴隷として渡され、彼の側で旅をすることを強いられた彼女が、もし翻訳をせず、彼の子供を産まないのであれば、生き残るための選択肢は何だったのだろうか? コルテスに息子を産ませたことで、ドニャ・マリーナはメキシコ最初の混血児の母親とみなされるようになった。

メキシコの多くのテキストやイメージは、このような矛盾した理解を物語っています。

最近では、1960年代後半から1970年代前半にかけて、チカナの作家、芸術家、活動家たちが、マリンチェの物語を再考しはじめました。

より最近では、1960年代後半から1970年代前半にかけて、チカナの作家、芸術家、活動家たちが、マリンチェの物語を再考するようになりました。 マリンチェは自分の運命を選んだわけではありませんが、逆境に直面したときに崩れ落ちるわけでもありません。 アダルジサ・ソサ・リデルとカルメン・タフォラの詩は、マリンチェの運命と、困難で相反する文化的な要求との折り合いをつける能力を探っている。 また、彼らの物語は、メキシコとアメリカにおける歴史上の植民地化の暴力にも取り組んでいる。

スペインによる征服の暴力と、それが解き放った苦境は、現在も続いています。

スペインによる征服の暴力と、それが放った難問は、現在も続いているのです。 サンタ・バラザの「ラ・マリンチェ」とジミー・ダーラムの「マリンチェ」です。 前者は、生命を育む美しいマリンシンを描いたもので、金属製の小さな像でありながら、メキシコのエクスボトなどの信心深いイメージを想起させる。 キリスト教による征服の悲惨さを否定するわけではないが、美と暴力が共存する世界が描かれている。 これに対し、ジミー・ダーラムの彫刻は、マリンチェの歴史の暗い裏面を強調している。

これらのイメージは、ディアス・デル・カスティーヨのノスタルジックな回想のドニャ・マリーナや、フィレンツェ写本でナワ族の書記が描いたマリンチェよりも「真実」ではないのでしょうか。 これは、この資料集が提起する一つの問いである。 もうひとつは、個人の人生の歴史に終わりはあるのか、という問いである。 一人の女性の人生がどのように形成され、20世紀にわたって再構築されたかを示唆し、マリンチェのその後を描くことで、これらの資料は、過去のある瞬間の個人を理解しようとしないときに、歴史が最も活気づくことを暗示しているのである。 征服の言葉を理解するためには、生者がどのように故人を記憶し、古代の記録がどのように現在を揺さぶるのかを探ることが必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です