メニュー 閉じる

二足歩行論

=二足歩行論=直立歩行が他の霊長類とヒトを区別し、この区別は解剖学的にヒト独特の骨格や他の特徴の多くに表れている。 霊長類のロコモーション(運動)の変化により、すでに直立姿勢(上図)になっていた。 また、霊長類は正座する性質も持っていた。 人間だけが習慣的に二足歩行をしているが、類人猿やサルは特定の状況下では二足で立つことさえある。 例えば、ある種のサルは、餌となりそうなもの、捕食者、他のサルを見つけるために、立って高い草の上を見渡すことがある。 多くの霊長類は、喧嘩をするときや優位性を示すときに立つが、これは立つことで自分が大きく見えるからである。 サルや類人猿の中には、物を運んだり、投げたりするために短時間立ち上がるものもいる。 このような直立姿勢の傾向が、完全に直立した二足歩行の類人猿を出現させる土台となった。 しかし、最終的にヒト科の分岐の引き金となったのは環境変化であった。ヒト科のような新しい種が比較的急速に分岐することを「適応放散」という。 これは、大きな環境変化があったときに、未占有のニッチを利用するために新しい種が急速に進化した場合によく起こる。==二足歩行の選択==最古のヒト科の動物は東アフリカで出現したと考えられている。 最古の化石は、左の地図で緑色に塗られた大地溝帯から発見されたものである。 この物語は、アフリカのこの地域がかなりの環境変化を経験した約500万〜600万年前に始まる。 アフリカの乾燥化が進み、類人猿の生息地であった森林は、森林に覆われたサバンナ(草原)となった。 この大きな変化により、類人猿や初期のヒト科動物の一部は、別の食料源を求めて樹木の外に出ざるを得なくなった。 気候や生息地の変化に伴い、二足歩行にはかなりの利点があった。 気候や生息地の変化に伴い、二足歩行にはかなりの利点があった。まず第一に、二足歩行はエネルギー効率が高い。 移動に使うエネルギーが少しでも減れば、選択的に大きなアドバンテージとなる。 このエネルギーを子育てのために投入すれば、生き残る可能性が高くなる。 また、二足歩行は体温調節(サーモレギュレーション)もしやすくした。 高い草の上や地平線の向こうを見ることができるため、初期のヒトは食べ物を見つけたり、捕食を避けたりするのに役立ったかもしれない。 初期のヒト科の動物は、食べ物を拾い集めることができ、それを本拠地まで運ぶことができるため、特に競合する動物からの脅威を減らすことができます。 両手が自由に使えるようになったことで、道具や武器の開発がさらに進みました。 道具が選択的優位性を持つことは確かだが、それはおそらく二足歩行の原因というより結果であろう。 二足歩行の利点:*「草の上を見る」ことは、捕食者を見つけたり、遠くの死骸を見つけたりするのに役立ったかもしれない*「道具や武器を持つ」(おそらく原因ではなく二足歩行の結果)*「食べ物を運ぶ」は「本拠地」や安全な場所に運ぶのに役立った。真昼に太陽にさらされる面積が小さくなる(60%減)& 地面から高く持ち上げられると、体全体の空気の流れがより大きくなる*”’体温調節”’:真昼に太陽にさらされる表面積が小さくなる(60%減)。*”’Efficient Locomotion”: 低速で長距離を移動するエネルギー効率の良い方法 – 歩行。=== なぜ二足歩行は急速に進化したのか=== ある意味で二足歩行は、ほとんどの霊長類が示す直立姿勢の傾向の延長線上にあるものだ。 猿は半直立に座り、類人猿は体を垂直に吊るして腕立て伏せをし、ほぼすべての霊長類が直立に座って子供を乳飲み子にする。 しかし、霊長類の中で二足歩行をするのは人間だけである。 二足歩行は進化上、非常に急速に(約220万年かけて)発達した。 二足歩行の利点についてはすでに述べたとおりだが、それだけでは二足歩行の発達の速さを説明しきれないかもしれない。 アフリカが温暖化し乾燥するにつれ、直立歩行は上からの直射日光にさらされる部分が少なくなり、体温調節を助けることになった。 また、直立することで体内の空気の流れが良くなり、体を冷やしやすくなった(体温調節)。 このことは、体毛を減らし、汗腺の数を増やすことが淘汰される理由にもなっている。 しかし、チンパンジーやゴリラの幼児は、手だけでなく、前足を使って母親の長い髪にぶら下がる。 しかし、チンパンジーやゴリラの赤ちゃんは、手だけでなく、前足も使って母親の長い髪にしがみつく。 だから、母親に抱っこしてもらわなければならない。 このことが、二足歩行を自己加速的に推し進める結果になったと思われる。 外反母趾がやや前方に向いている二足歩行のヒト科の動物は、前足があまり伸びない。 そのため、幼児期には母親をつかむことができず、母親は腕を使って幼児を抱かなければならなくなる。 そのため、母親は腕が使えなくなる分、足に頼るようになり、母趾が前方に向いていることの利点が大きくなる。 母親が幼児を運ぶことへの依存度が高くなったことも、初期の祖先の社会的行動に影響を与えたと思われる。 ほとんどの霊長類は食べ物を共有しない(親族を除く)。 しかし、もしメスが子供を抱かざるを得なかったとしたら、メスの手は食べ物を探すのに自由にならなかったかもしれない。 そのため、雄は食べ物を集め、それを本拠地まで運んで共有するという役割をより多く担っていたかもしれない。 その後、両手が自由に使えるようになったことで、道具が発達し、食生活が豊かになり、その結果、脳が大きく発達したのだろう。 そして、その結果、より良い道具が生まれ、より良い食事ができるようになり……といった具合に。 このような正のフィードバック・サイクルによって、脳は急速に拡大したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です