メニュー 閉じる

伝統的な火起こし その1:火打石と鉄で火を起こす方法

フリントは実際には単一の岩ではなく、モース硬度で約8かそこらの緩い岩石族という感じですね。

私がナイアガラ チャートを使っているのは、私の地域で簡単に手に入るからです。 火花を打つための理想的なフリントは、鋼鉄に食い込むような鋭利な刃先を持っています。 火打ち石は、ハンマーや他の火打石で叩いて、適切なエッジをつける「ドレッシング」が必要な場合もある。

火花を散らす火打石。

火打石の粒子が火花を出すというのはよくある誤解です。 これは、一般の人が、使い捨てライターの中の小さな黒いフリントや、摩耗しないスチールホイールを見て、フリントは摩耗するためです。 これは本当の火打石ではなく、セリウムと鉄の化合物で、傷がつくと燃えるのです。

本当の火打石そのものが火花を出すわけではないのです。

火打石自体は火花を出さず、鋼にかかる高い圧力で鋼の小さなカールがはがれ、発火するのです。 なぜ鉄が発火するかというと、コートハンガーを一カ所だけ何度も何度も曲げてみてください。 やがて、触れることができないほど熱くなります。 そのエネルギーが金属を温めているのです。 ここで、下向きのストロークですべての力を、金属の微小な破片にかけることを想像してみてください。 もちろん、燃えますよ!

スチール

Steel utensils are being displayed.Steel tools are displayed. 良いスチールには、高炭素工具鋼が使用されています。 私のお気に入りはW1という水焼き入れの工具鋼で、油で急冷して適度な硬さにするんです。 オイルクエンチをすると、着火する小さな破片を除いて、火打ち石の圧力に対抗できるほど硬くなります。 正しく処理された鋼鉄は、失われる前に何百万とは言わないまでも、何千もの火花を放つはずである。 このため、消耗することはない。

C型鋼

鋼の形状は個人の好みである。

U-shaped steel.

U-steel は、手の大きな人が C-steel で快適に使えない場合よく使われるものです。

炭焼き布

火種に幸せな実りを与えることができなければ、一日中火種を作っても煙の一筋すら出ないでしょう。 このような火起こしに最適な材料は、炭焼き布です。これは、リネンや綿の布を低酸素環境で焼いただけのものです(上の図の小さな缶のようなもの)。

チャー・クロスを作るには、密閉できる小さな缶に、2インチ四方くらいのリネンか綿のパッチを詰めます。 暖炉やキャンプファイヤーの熱い炭の上に缶を置き、少なくとも20分間、または上部に開けた穴から煙が消えるまで加熱します。 完全に冷ましてから、数時間または一晩は開けないでください。
火薬が何であるかは誰もが知っています。 そのため、このような「曖昧さ」があるのです。

オークムはジュートの繊維でできていて、ガニ袋と同じものです。

オークムはジュートの繊維からできていて、軍手と同じものです。通常、原始的なコーキングのようなものとして、木造船の継ぎ目に叩き込まれます。 オークパンは、小さな巣のように簡単に膨らませることができ、火花を出したら、その巣に炭化した布を入れることができます。

テクニック

実際、とても簡単です。 まず、炭団を準備し、炭団を受け入れる準備ができていることを確認します。 図のように巣を作り、手の届きやすいところに置いておきます。

火打石と布を手にした男性

次に火打石の上に小さく切った布を乗せ、図のような状態にします。

次に、図のように火打石の上に炭化布を置き、その炭化布の上で燃えて着地する金属の非常に小さな帯を削り取ることが目的です。 約30度の角度で打ち付けると、火花が1〜2個出て、その部分で布が赤く光ります。 これは布の端に起こることが多く、明るい日光の下では見えにくいものです。 炭化した布の上に火花が落ちたら、三日月型に輝くか、何も見えなくなるまで待ち、そっと吹き付けます。

もし、炭化布の一部が光っていたら、素晴らしいことです。

もし、光る炭化布があれば、素晴らしい!それを折りたたんで、優しく息を吹きかけ、火花が広がるように促します。

この方法で火をおこす素晴らしい点は、マッチがすぐに吹き飛ばされる風の中でおこなうのが一番いいということです。 風が強ければ強いほど、炭は早く燃え尽きます。 準備した火口の中に、光った炭を入れ、慎重に折り畳みます。

燃え上がる火種

優しく吹くと、束から煙がちらほらと見えてくるでしょう。 完璧です。

練習を重ねることで、従来の方法よりも早く、安定した火起こしができるようになり、特に悪条件下での火起こしが可能になります。

「第二部:摩擦による火」を読む

ダレン・ブッシュはルタバガのオーナー兼チーフ・パドリング・エバンジェリストですが、アマチュア鍛冶屋、ロングボウ射手、原始技術の愛好家でもあります。 彼は、現代社会では原始的なスキルは非常に過小評価されていると考えています。

div

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です