メニュー 閉じる

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは
妊娠糖尿病とは 妊娠糖尿病は、どのような病気ですか。

糖尿病は、血糖値が異常に高くなることで起こる病気です。 妊娠糖尿病の場合、妊娠中の数ヶ月は血液中のブドウ糖の濃度が高くなります。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は、その症状が非常に軽く、気づかれないことさえあるため、特定が難しい疾患です。

明確な症状がない場合、妊娠糖尿病は、基礎血糖値および/またはオサリバン試験として知られる50gブドウ糖過多試験からなる、すべての妊婦に行われる定期的な血液検査によって診断されます。 この検査は、時間帯や前の食事に関係なく、50gのブドウ糖を摂取した後の血糖値を測定するものです。 140mg/dl以上であれば病的と判断される。 この検査は一般的に妊娠24週から28週の間に行われ、ハイリスク例(35歳以上の女性や肥満)では10週から12週の間に行われます。 結果が陽性だった場合、新たに確認検査を、前日に食事制限をせずに絶食状態で行う必要があります。 最初のブドウ糖摂取の前に採血を行い、その後、液体で希釈した100gの砂糖を投与する。 1時間後、2時間後、3時間後に、さらに血糖値を測定します。 この間は、結果を変えないように、患者さんは安静にしていなければなりません。 この検査は「長血糖曲線」と呼ばれています。

曲線の基準値(105mg/dl、190mg/dl、165mg/dl、145mg/dl)より大きい結果が2つ以上あると、陽性(妊娠糖尿病)と判断されます。

妊娠糖尿病の治療

妊娠糖尿病の治療は、妊娠中は経口血糖降下薬の適応がないため、主に食事のコントロールで行います。

妊娠中、母体の体重は第3期で1週間あたり約400g増加します。 妊娠中の食事は、1日6食を基本とし、長時間の絶食を避けるため、昼食と夕食で最もカロリーを摂取することが望ましいとされています。 場合によっては、お母さんが自宅で血糖測定器を使った自己測定で血糖値をチェックし、そのデータを理想値と比較することもあります。

また、母体のブドウ糖が過剰になると、通常より大きな赤ちゃん(マクロソミー)が生まれ、出産時には外傷や肩甲難産(頭は出たが肩が産道にはまった状態)、その後の帝王切開の原因となるため、出産時の母体をよく観察することが不可欠です… 続きを読む 母親が妊娠中にインスリンの投与を受けている場合、新生児低血糖の可能性を避けるため、赤ちゃんのグルコースレベルを1時間ごとにモニターし、必要に応じて砂糖またはインスリンを投与します。

出産後は、血糖値をモニターする必要があります。ほとんどの場合、正常値に戻りますが、出産後6週間後に血液検査を行い、母体を再分類する必要があるからです。

妊娠糖尿病の原因

このタイプの糖尿病は、母体の一部でインスリン抵抗性が起こることによって起こります。 胎児が正しく成長するために、母体は必要な蓄えを持つよう代謝の準備をします。 そのため、胎盤に含まれるエストロゲン、コルチゾール、ラクトゲンなどのホルモンが、母親のインスリンの働きを阻害して、母親の血液中の糖濃度を高め、赤ちゃんのための予備軍として利用できるようにするのです。

しかし、胎盤ホルモンの作用を打ち消すのに十分なインスリンがないために、妊娠糖尿病になることがあります。

妊娠糖尿病の予防

妊娠糖尿病を予防するためには、妊娠中の体重をコントロールし、バランスのとれた食事を心がけることです。

  • 食事は1日6回、2時間おきに摂るようにし、特に夜の絶食時間が長く、1日の中心時間帯に活動が活発になるため低血糖にならないよう、昼食と夕食を主食とする。

  • 果物や野菜が豊富な食事にし、白身の肉や魚(チキン、ターキー、ヘイク、シーバスなど)を常食にすることです。

  • 低脂肪の調理法を選ぶ:焼く、蒸す、煮る

  • お菓子、ソフトドリンク、加工ジュース、工業用菓子は避ける

  • ヨーグルト、チーズ、牛乳、できれば脱脂乳をもとに、カルシウムを十分に摂取する。

  • 定期的に穏やかな運動をする:1日30分歩く、泳ぐ、またはヨガやピラティスをする。

妊娠糖尿病の予後は?

妊娠糖尿病は、妊婦にとっても、妊娠の適切な発育にとっても、ある種のリスクを伴います。

赤ちゃんにとって、妊娠糖尿病の主なリスクは、大人になってから糖尿病や肥満傾向を発症する可能性が高くなることです。 Además puede ocasionar un retraso en el crecimiento, malformaciones congénitas, un tamaño más grande de lo que le corresponde a su tiempo de gestación, nacimiento prematuro y, en casos graves, muerte fetal.

Nombre: Dr. Juan Luna
Centros: Hospital La Milagrosa
Ciudad: Madrid
Web

Dr. Juan Luna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です