メニュー 閉じる

子宮内避妊法:子宮穿孔-危険因子に関する最新情報

子宮内システム(IUS)や子宮内装置(IUD)を挿入する前に、穿孔は1000人に1人以下で起こり、その症状には以下のものがあることを女性に伝えてください。

  • 挿入後の激しい骨盤の痛み(生理痛よりひどい)
  • 数週間以上続く挿入後の痛みや大量出血
  • 生理の急激な変化
  • セックス中の痛み
  • 糸を感じない

女性に糸の確認方法を説明して、また確認するように伝えること

挿入した糸がどのようになっているか確認しておくこと

挿入した糸がどのようになっているか確認すること

。特に痛みが強い場合)。 挿入後に激しい痛みがある場合は、これを考慮してください。

子宮内避妊具には、レボノルゲストレル放出型IUSと銅製IUDがあります。

IUSは以下のような婦人科系の症状に対して認可されています:

  • 長期避妊(ジェイデス、レボサート、ミレーナ)
  • 重い月経血(レボサート、ミレーナ)
  • エストロゲン補充療法中の子宮内膜過形成からの保護(ミレーナ)

IUDは長期避妊に使われているものです。

子宮内避妊具の使用は、まれに子宮穿孔を引き起こす可能性があります。 穿孔は挿入時に起こることがほとんどですが、しばらく経ってから発見されることもあります。

EURAS-IUD study

子宮内避妊具に関する欧州アクティブサーベイランス研究(EURAS-IUD)は、子宮内避妊具による子宮穿孔のリスクを検討した観察研究です。 The study followed 43,078 women who used levonorgestrel-releasing IUSs and 18,370 women who used copper IUDs.

Results

The risk of perforation was increased in the following instances (see table):

  • in women who were lactating (compared with women not lactating) at the time of insertion
  • when the IUS or IUD was inserted up to 36 weeks (compared with more than 36 weeks) after giving birth

These risk factors were independent of the type of intrauterine contraception inserted.

Table: Incidence of perforation per 1,000 insertions for the entire study cohort (IUS and IUD), stratified by lactation and time since delivery at insertion

Lactating at time of insertion Not lactating at time of insertion
Insertion ≤36 weeks after delivery 5.6 (95% CI 3.9-7.9; n=6047 insertions) 1.7 (95% CI 0.8-3.1; n=5927 insertions)
Insertion >36 weeks after delivery 1.6 (95% CI 0.0-9.1; n=608 insertions) 0.7 (95% CI 0.5-1.1; n=41,910 insertions)

CI: confidence interval, IUS: levonorgestrel-releasing intrauterine system, IUD: copper intrauterine device, n: number

Benefits still outweigh the risk

The benefits of intrauterine contraception still strongly outweigh the rare risk of perforation for most women, including those who are lactating or have recently given birth. Therefore we have not put in place any new restrictions on use of intrauterine contraception based on the study findings. 製品特性概要および患者向け情報リーフレットは、本記事の情報をもとに更新されました

追加情報

2015年6月に医療従事者に送付されたレター

記事引用元。 Drug Safety Update第8巻11号2015年6月。 3.

  1. Heinemann・K氏ら。 子宮内装置に関する欧州アクティブサーベイランススタディにおけるレボノルゲストレル放出型および銅製子宮内装置による子宮穿孔のリスク」Contraception 2015: 第91巻第4号274-279ページ(2015年6月25日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です