メニュー 閉じる

彼は偉大な私である

出エジプト記から、私たちは次のように述べました。 今、彼らは私に、『その名は何ですか』と言うかもしれない。 私は彼らに何と言えばよいのだろう』。 そして神はモーセに言われた、『わたしはわたしである』、そして言われた、『こうしてあなたはイスラエルの子らに、『わたしはあなたを遣わした』と言わなければならない』」。 (出エジプト記3:13-14 – NASB)

私たちの感情を揺さぶる発言、宣言とでもいうべきものが、さまざまな場面で存在します。 それは力強く、私たちの注意を引きつけることができ、私たちは実際にそれによって動かされるのです。 そして、私たちの記憶に深く刻まれるのです。

モーセは神の臨在の中に入ってきました。

モーセは神の前に出てきました。聖なる地で、彼はエジプトに行き、イスラエルの民を束縛とファラオへの奉仕から神の奉仕に導くという使命を与えられました。 モーセは畏敬の念と恐怖の中で、特に自分に問われているこの大きな責任を考慮して、当然のことを尋ねます。「イスラエルの子ら」はこの神について、「その名は何か」と知りたがっていると言います。 そして、神はこの力強い声明、力強い宣言、この偉大で素晴らしいご自身の啓示で答えました、「私は、私は、私は、私は……」。 こうして、あなたはイスラエルの子らに、私があなたを送ったと言わなければならない」

偉大な「私はいる!」のです。 聖書の神は、偉大で強大な “I AM “である。 かつての神でも、いつか来る神でも、時間に拘束された神でも、活動的であったが今は不活発な神でもない。

モーセに対する神の啓示の力そのものを握りしめながら、時を進めて、大工の息子であり、生身の人間であるラビであり教師であるイエスのところに来ようではありませんか。 このイエスは、神がモーセになさったのと同じように、強力な主張をなさり、それは私たちに立ち止まり、注目させ … … 畏怖させる …

『あなたの父アブラハムはわたしの日を見て、喜んだ。 そこで、ユダヤ人たちは彼に言った、『あなたはまだ五十歳にもなっていないのに、アブラハムを見たことがあるのですか』。 イエスは彼らに言われた、『まことに、まことに、あなたがたに言うが、アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのだ』」。 (ヨハネ8:56-58 – NASB)

イエスは、ご自分が偉大な “I AM “であると言っています。 彼は自分自身を神と同等にし、モーセに話したまさにその神です。 彼が主張するのが誰であるかについて、疑う余地はありません。 「

「だから、彼らは石を拾って彼に投げつけた」(ヨハネ8:59-NASB)

イエス、彼は偉大な「わたしはある」のです。 そして、ヨハネの福音書のテキストを読むと、これは私の魂を揺さぶる宣言です。 力強い! この文章を読むすべての男性と女性は、大きく立ち止まり、聖書のイエスが単なる人ではなく、単なる大工の息子でもなく、単なる教師でもなく、偉大な預言者でもないことを理解するようになるはずです。 聖書のイエスは、単なる人ではなく、大工の息子でもなく、単なる教師でもなく、偉大な預言者でもないのです。 いいえ. 彼は、彼が偉大な “I AM “であることをはっきりと私たちに教えています。 そして、主は彼らに言われた、『あなたがたは下から来た者、わたしは上から来た者、あなたがたはこの世の者、わたしはこの世の者ではない。 なぜなら,わたしが彼であることを信じなければ,あなたがたは自分の罪の中で死ぬからである」(「彼」が斜体で書かれていることに注意。 (ヨハネ8:22-24 – NASB)

そうです、兄弟たち……このイエスは、あなたと私が救い主として公言する、偉大な「わたしはいる」方です。

良い一日を……そして一日を過ごすときに、あなたが自分の主、自分の救い主であると宣言する方の主張について考える時間をとり……、畏れを抱くように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です