メニュー 閉じる

欧州経済共同体 / EEC

1957年にローマ条約によって創設された欧州経済共同体は、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が行っていた欧州建設の努力を追求したものである。 EECの目標は、経済協力、加盟国間の関税障壁の段階的な廃止、他国との共通関税の導入などでした。 1957年に6カ国(フランス、ドイツ連邦共和国、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)でスタートしたEECは、1973年にイギリス、アイルランド、デンマーク、1981年にギリシャ、1986年にスペインとポルトガルが加盟して拡大しました。 1990年、ドイツが統一された。EECにとって、これは新たな拡大ではなく、FRGの延長を意味した。 加盟手続きは必要なかったが、ドイツの新たな影響力を考慮した制度的な変更が行われた。 EECは、1993年1月1日にマーストリヒト条約(単一通貨と欧州市民権を規定)が適用されるまで存続し、その後、欧州連合(EU)へと移行したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です