メニュー 閉じる

母乳育児はどのように行われるのか?

母乳がどのように作られるのか、また、小さなお子さんと甘い母乳の時間を過ごすために体内で行われているプロセスについて考えたことがありますか?

母乳育児のしくみ

妊娠中も出産後も、母乳育児にはプロゲステロンというホルモンが重要な役割を果たします。 妊娠中は、通常よりも多くのプロゲステロンが体内に存在し、母乳の分泌を止める働きをします。 妊娠中に母乳の漏れに気づいたとしても、それはまったく普通のことなので、心配しないでください。 妊娠後期には、おっぱいが「いっぱい」だと感じるようになります。 それは、初乳(栄養たっぷりの「最初のミルク」)が作られ始めたからなのです 出産後は、プロラクチンというホルモンが増加し、プロゲステロンのレベルが低下するため、母乳が分泌されるようになります。

母乳ができるまで

母乳は乳房の腺組織(肺胞)で作られます。 ホルモンが分泌されると、母乳を出す小さな細胞の周りにある平滑筋組織が収縮します。 この収縮によって母乳が乳管を通り、乳頭の開口部まで押し出されると、乳汁降下が起こります。赤ちゃんの泣き声や感触、乳頭の刺激、吸引などが引き金となり起こります。 授乳中、何度か乳汁降下を繰り返しますが、最初の乳汁降下時に、乳房がチクチクしたり、ズキズキしたりする感覚に気づくことがあります。 これは、母乳が流れるときに乳管が拡張するために起こるもので、まったく正常な状態です。

豆知識

赤ちゃんの成長とともに、母乳も栄養に合わせて変化します。

母乳育児を可能にするのは、美しく、素晴らしく、魅力的なプロセスです。 母乳育児をしているママは、自分の子供に与えている素晴らしい栄養を誇りに思うべきです!

母乳育児を可能にする、美しく、驚くべき、魅力的なプロセスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です