メニュー 閉じる

混合家族の課題を克服する

誰もが自分の結婚を長続きさせたいと願っています。 健康で強くあってほしいと願うものです。 しかし、混合家族の多くのカップルは、自分たちに不利な状況であることを知っています。 どうやら、「いつまでも幸せに」というのは、混合家族では少し難しいようです。

混合家族

混合家族

良いニュースは、混合家族がもたらす独特の障壁を乗り越える方法を知り、ステップファミリーの力学について理解すれば、混合家族は成功した家族のユニットを築くことができるということです。

混合結婚の多くは、ステップファミリーの生活の圧力に直面し、自分たちのアイデンティティがもつれ、しつけが問題となり、両親は家庭を管理するのに必要なツールを持ち合わせていないことに気づきます。 2つの家族を新しいユニットに統合するのは簡単ではないので、あなたの混合家族は「Brady Bunch」のようにはならないでしょう。 新しい配偶者を迎えることは、新たなストレス、新しいルール、新しいアイデンティティ、新しい要求、新しい宗教的慣習などをもたらします。

課題を認識する。
新しい家庭のみんなが仲良くなることを望んでいるとはいえ、新しいパートナーと一緒に子育てをしながら、二つの家族を一つにまとめるのは、並大抵のことではありません。

このような場合、「自分の人生とは何か? 新しい家族が、お金、絆、しつけ、育児、その他の問題をどのように扱うか、理解するのに時間がかかることを認識しましょう。

「結婚前に子育てを変えることで、心の痛みを大幅に軽減することができます。 そうすることで、よりスムーズな移行が可能になりますし、子供が新しい配偶者に怒ることもなくなります。 話し合いが必要な話題としては、子育てにおいてそれぞれの親が果たす役割や、子どもの成長を促すこと、子どもに関する役割分担、期待、長期的な目標などがあります。
あなたの子供や継子は、新しい家族を望むかどうかを選択する機会を得なかったので、彼らが状況に適応できるように、細心の注意と忍耐が必要です。

そして、そのような状況であっても、そのような状況であっても、子供と頻繁に話し合い、相手の視点からどのような経験をしているのかを話し合う。 行間を読み、真に共感できるように、子どもたちを研究してください。 コミュニケーションラインを常にオープンにしておく。

子供や連れ子との絆を深める。
実の子供や新しい連れ子が何を必要としているかを考えることで、うまく絆を深めることができる可能性が高くなります。

絆を深める良い方法の1つは、一緒に「実生活」を経験する方法を見つけることです。

絆を深める良い方法の1つは、一緒に「実生活」を体験する方法を見つけることです。両方の子供が集まるたびにテーマパークのような刺激的な場所に連れて行くのはとても楽しいですが、日常生活を反映したものではありません。

また、一朝一夕に相手の子どもを好きになれるとは思わないでください。 彼らをよく知ることです。 愛と愛情は時間をかけて育まれるものです。 配偶者とは関係なく、連れ子との関係を発展させることを約束しましょう。 あなたと子供が二人きりで交流できる特別な時間を設けましょう(2)。

自分のニーズを再確認する。
自分のニーズが何なのか、相手に何を求めているのかを正確に伝えましょう。

自分のニーズを再確認する。
自分のニーズが何なのか、パートナーに何を求めているのか、正確に伝える。

そして、そのようなことをするためにはどうしたらいいのか、具体的に説明してください。 誰もあなたの心を読むことはできません。

結婚を優先させる。
ステップファミリーを含むすべての家族は、夫婦関係によって成り立っている。 残念ながら、混合家族は複雑であるため、結婚を最優先させることは難しいのです。 通常、結婚よりも子供が優先されます。 生物学的な親は、子供に自分の愛が薄れたと思われるのを恐れ、パートナーを優先させることに罪悪感を感じます。 配偶者と子供の間で板挟みになってしまうのです。 しかし、結婚関係は家庭の基礎である必要があります(1)。 そう、子どもは貴重で大切な存在です。 もちろん、彼らはあなたの愛と注意に値します。 しかし、子供への配慮と結婚生活への配慮のバランスがとれていることを確認してください。 結婚生活をより堅固なものにするための方法としては、対立する言葉を避ける、境界線を設ける、デートに行くが配偶者を独占しない、必要に応じて専門家の助けを求める、などがあります。混合家族のための祈り

混合家族のための祈り

子供に対するしつけ戦略で一致する。
子供は親の一貫性がなければ、混乱し不安定になるものだ。

そのため、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。

また、自分のしつけ方が継子に適していると思い込まないようにしましょう。 あなたが家族になる前に存在していたルールや罰について、パートナーと話し合うことが重要です。 一夜にして子供のルールを変えるのは不公平です。 セラピストは、あなたとあなたのパートナーが、責任や正直さなど、教えたい価値観のリストを作成することを提案します。 次に、子育てに関する信念に取り組みます。 例えば、あなたはタイムアウトが効果的なしつけ方法だと考えているかもしれませんが、パートナーはタイムアウトがうまくいかないと感じるかもしれません。 次に、家庭内のルールのリストを作成します。例えば、子供たちが画面を見る時間や就寝時間を決めるなどです。

もちろん、戦略を立てるのは言うは易く行うは難しと思われるかもしれません。

もちろん、戦略を立てるのは言うは易く行うは難しですが、新しい義理の親にとって、法律を定め始めるのは特に難しいことです。

元配偶者と同盟を結ぶ。
あなたと元配偶者の関係は終わったわけではなく、親密で感情的な関係から、子供のための共通の目標で結ばれた提携に変わったのです。

そして、そのような「掟破り」のような「掟破り」ではなく、「掟破り」のような「掟破り」のような「掟破り」のような「掟破り」。 要するに、結婚していようが、離婚していようが、他の人と結婚していようが、子供には両親が協力することが必要なのです。 思いやりのある、協力的な共同養育関係を築くことを意図してください。 共同養育に役立ついくつかの点は、家と家の間の移行をできるだけスムーズかつポジティブにすること、共同養育者と定期的にコミュニケーションをとること、子どもをメッセンジャーとして利用しないことです。

絆を深めるために、日課や儀式を行う。
家族の日課や儀式を作ることは、新しい継子との絆を深め、家族全体を団結させるのに役立ちます。

聞くことを学ぶ。
二つの家族が一緒になって継家族になったとき、何が起こるかについて子供と話す親は意外に少ないものです。

そして、このような「忖度」(そんたく)は、「忖度(そんたく)」とも呼ばれます。

そして、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。 経済的、居住的、精神的な安全が確保できるかどうか不安な場合もあります。

一人ひとりのアイデンティティを理解する

ステップファミリーの生活を難しくしている主な問題の一つは、一人ひとりが複数の家族のアイデンティティ(実の家族と再婚による家族の両方)に属していることです。

そして、そのような「人」であっても、「人」であることに変わりはありません。 ステップファミリーのメンバーは誰でも、迷ったり、取り残されたり、居場所がなくなったり、傷ついたり、怒ったりしやすいものです(2)。

子どもは、これまで知っていた家族の一員であるというアイデンティティの喪失に悩まされるかもしれません。

子どもたちは、これまで知っていた家族の一員であるという点で、アイデンティティの喪失に苦しむかもしれない。 年長の子どもは、この喪失感により強く反応する傾向があります。 新しい家族全員を愛し、世話をすることが即座に求められると感じる子どももいます。 その結果、子どもは罪悪感を感じたり、怒ったり、落ち込んだりすることがあります。 これは現実的な考えではないこと、新しい家族に対して複雑な感情を持ってもよいことを子どもに説明します。 子どもには、自分の本当の気持ちを明らかにする許可を与えてください。 自分の本当の気持ちが何なのかを見極める手助けが必要な場合もあります。

結局のところ、混血家族に関する最も心強いアドバイスは、これです。

最後に、混合家族に関する最も気休めのアドバイスは、次のとおりです。

結局のところ、混合家族に関する最も心強いアドバイスは、次のとおりです。 その結果、より幸せで、適応力のある、うまく融合した家族になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です