メニュー 閉じる

無印良品の新しいプレハブ住宅は老後の生活を支える

無印良品の最新のプレハブ住宅は非常にシンプルだ。 平屋建てで淡い色合いの木材を使用した「余の家」は、同社のアンチブランド的な美学を体現している。

「余の家」は、無印良品のプレハブ住宅の4棟目であるが、この住宅は高齢化社会を念頭に置いて設計されている。 「

薄い木の床と木と白い布の家具があるリビングルーム。

「余の家」は、これまでの無印良品の住宅デザインとは異なり、ワンフロアが800平方メートルの1ベッドルームに広がる開放的な間取りになっています。

予想通り、「余の家」はすべてが淡い色調でまとめられています。

予想通り、「よの家の床」は淡い色合いの木製の床と白い壁が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 予算が少なくても、こだわりのある新しい家のオーナーには、まさにうってつけの家です。 残念ながら、「よの家の家」は今のところ日本でしか購入できず、販売価格は16万ドルです。 まだ無印良品で暮らしたいと思っていますか? 無印良品のホテルもありますよ。

白い布と木の椅子のリビングルーム、棚が組み込まれています。
平屋の家には、3つの開口部から凹んだ座席のあるデッキがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です