メニュー 閉じる

盗作の処罰

Times Higher Education の最近の記事では、英国の学者が提案している、盗作した大学生に対する世界共通の罰則制度を定めた新しい「料金表」について論じています。

PlagiarismAdvice.orgに全文が掲載されているTarriffの提案では、現在の盗作に対する罰則は、世界中の大学によってあまりにも大きな差があると述べています。

Times Higher Educationより:

「この分野における研究では、大学がコピーで有罪とされた学生への処罰に用いる罰則には高いレベルで矛盾があり、機関によって、さらにはその内部ですら大きな差があることが分かっています。「

学術界におけるこのようなシステムの結果は、出版や研究など、他のセクターにおける盗作に対する同様の普遍的な処罰システムの可能性を提起しています。

盗作は犯罪であり、それは事実です。

他の形態の窃盗と同じように、犯罪に対する法的な罰則は重大性によって異なります。

店に入ってガムを盗むのは、車を盗むのに比べれば軽い犯罪です。

plagiarism.orgより。

盗作のほとんどは軽犯罪とみなされ、100ドルから5万ドルの罰金、最高で1年の懲役が科せられます。 剽窃は、特定の州法や連邦法の下で重罪とみなされることもあります。

盗作の法的影響は明確に規定されていますが、出版や研究などの業界における盗作の実際の結果は、必ずしも明確ではありません。

たとえば、最近の新聞の盗作事件の多くは、犯人が会社の役職を「辞任」することで簡単に終わります。

出版社にとっては、会社の評判が落ちないよう、静かに話を終わらせるのが一番です。

これらの業界において、世界共通の罰則システムが確立されていたらどうでしょうか。 このシステムは、盗作に対する処罰を明確に規定することができ、どの違反が刑事訴追の方向に「押し出される」のかを決定することさえできます。 これは健全なアイデアのように思えますが、盗作問題の最前線に罰をもたらすというアプローチの有効性には議論の余地があります。

状況は、罰対予防の領域に入ります。

この状況は、罰対予防の領域に入ります。これらの業界で罰則や処罰を押し付けるためにリソースを費やす代わりに、盗作が起こらないようにすることにリソースを割り当てることができます。

盗作の予防は、教育とテクノロジーという2つの方法で実現できます。

盗作を防ぐための最初のステップは、盗作とは何か、なぜそれがいけないのか、出典を適切に引用する方法について、人々を教育することです。 盗作を防ぐための第 2 のステップは、配布する前に、重複するコンテンツの例を正確に除外できる検出ソフトウェアを利用することです。

おそらく、二重のアプローチが最適でしょう。業界内でより普遍的な盗作罰則のシステムに移行しつつ、教育やテクノロジーによって盗作を事前に防止することで、努力を倍増させるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です