メニュー 閉じる

眼瞼内反症

病因

足根骨と瞼の縁が内側に回転して、睫毛が眼球表面に接触する

ほとんどのケースでは単一の病因ですが、いくつかは複数の要因があります

進化型(加齢による)

  • 内反症の一般的な原因は、下瞼(およそ、1,000万人に発生)に影響します。
  • 間欠的である場合もある
  • 加齢に関連した退化の組み合わせから生じる
  • 足根骨と寛骨腱の薄化と萎縮による水平方向の弛緩
  • 下瞼牽引力の弱さ
  • 眼輪筋の前足根部分上の前中心部分のオーバーライド、蓋縁での、。 これは閉瞼時に足根骨の内方回転を引き起こす
  • 瘢痕性

    • 口蓋結膜の重度の傷と収縮は、瞼縁を内側に引っ張る(慢性眼瞼炎、眼球瘢痕性類天疱瘡、眼球皺腫。 スティーブンスジョンソン症候群、トラコーマ、化学熱傷、術後合併症)

    痙性

    • 眼球刺激(手術を含む)によって引き起こされる眼輪筋の痙性収縮、または本態性眼瞼痙攣によるものである。 通常、原因が取り除かれると自然に解決する

    先天性

    • 足根骨板の下縁への引込筋の不適切な付着による、非常にまれな下まぶたの内反。まぶたの退行性変化
      足根部結膜に影響を及ぼす重度の瘢痕化疾患
      眼刺激または手術歴

      症状

      異物感を感じる。 刺激
      赤い。 涙目
      視界がぼやける

      兆候

      まつ毛による擦過傷からくる角膜や結膜の上皮障害(重症度の幅が広い)
      局所的な結膜充血
      瞼のたるみ(involutional entropion)
      Conjunctival scarring (cicatricial entropion)
      Absence of lower lid crease (congenital entropion)
      Distraction test

      • if lower lid can be pulled >6mm from globe, it is lax
      • positive test indicates canthal tendon laxity

      Snap-back test

      • with finger, pull lower lid down towards inferior orbital margin
      • release: lid should snap back
      • lid slow to return to its normal position: indicates poor orbicularis tone

      Test of Induced Entropion (TIE-2 test)

      • ask patient to look down
      • hold upper lid up as high as possible
      • ask patient to close the eyes as tightly as possible
      • The TIE-2 test is positive if this provokes an intermittent lower lid
        entropion

      Differential diagnosis

      Eyelid retraction (e.g. Graves’ disease):

      • retracted upper or lower lid causes the lashes to be hidden by the resulting fold of lid skin, resembling entropion

      Distichiasis:

      • congenital additional row of lashes at the meibomian gland orifices

      Trichiasis:

      • lashes arise from normal position but are misdirected towards the cornea, secondary to inflammation

      Dermatochalasis:

      • degenerative condition, common in the elderly, leading to baggy appearance due to redundant lid skin and protrusion of orbital fat. Misdirection of lashes of upper lid may resemble entropion

      Epiblepharon:

      • congenital condition in which a fold of skin and muscle extends horizontally across the lid margin causing the lashes to be directed vertically. Orientation of tarsal plate normal. 通常、無症状で、年齢が上がるにつれて治ります

      検眼士による管理

      医師は自分の限界を認識し、必要に応じて、さらなるアドバイスを求めるか、患者を他の場所に紹介すべきです

      非薬物療法

      頬の皮膚に瞼をテーピングします。 特に不育症や痙性内反症では)
      まつ毛の脱毛は、睫毛貧毛症が限局している場合(例えば、瘢痕性内反症)
      (GRADE*:

      まつ毛から角膜を保護するための治療用(包帯)コンタクトレンズ
      (GRADE*。

      薬理学的

      涙の不足/不安定に関連した症状に対する眼潤滑剤(日中使用する点眼薬、就寝時に使用する薬用軟膏)
      NB 長期的に投薬を受けている患者は、有効成分または保存料系に対する過敏反応を起こすことがある(結膜炎の臨床管理ガイドラインを参照のこと)。 このような患者は、保存されていない製剤に切り替えるべきである
      (GRADE*:証拠レベル=低、推奨度=強)

      管理区分

      B1: 初期管理(薬剤を含む)、定期的な紹介
      先天性内反症は自然治癒せず、重度の角膜合併症の可能性があるため、迅速な治療のために紹介が必要

      眼科医による管理

      外科処置の選択は、根本原因によります

      次のいずれかが持続する場合は、外科的介入の適応となります。

      • ocular irritation
      • recurrent bacterial conjunctivitis
      • reflex tear hypersecretion
      • superficial keratopathy
      • risk of ulceration and microbial keratitis

      There is evidence that the combination of horizontal and vertical eyelid tightening is an effective treatment for involutional entropion

      Evidence base

      *GRADE: Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation (www.gradeworkinggroup.org)

      Sources of evidence

      Boboridis KG, Bunce C. Interventions for involutional lower lid entropion. Cochrane Database Syst Rev. 2011;(12):CD002221

      Hintschich C. Correction of entropion and ectropion. Dev Ophthalmol. 2008;41:85-102

      Kennedy AJ, Chowdhury H, Athwal S, Garg A, Baddeley P. Are you missing an entropion? The Test of Induced Entropion 2. Ophthal Plast Reconstr Surg 2015;31/6:437-9

      平文要約

      眼瞼内反症は、まぶたの縁(通常は下まぶた)が内側に巻き込んで、まつ毛が目の表面に触れている状態です。 最も一般的な原因は、加齢に伴うまぶたの弾力性と筋力の低下です。 また、炎症やケガでまぶたに傷がついた場合にも起こります。

      影響を受けた目は、過敏になり、赤くなり、涙が出たり、視界がぼやけることがあります。 検眼士は、まつげが目の表面にこすれる影響を見ることができ、原因を特定できるかもしれません。 まぶたの縁を頬の皮膚にテーピングすることで一時的に緩和することもありますし、まつ毛を抜いたり、まつ毛との接触から目の表面を保護するために絆創膏コンタクトレンズを装着することもあります。 人工涙液や医薬部外品の軟膏が有効な場合もあります。 これらの措置は症状を治すものではないので、患者はしばしば定期的に眼科医に紹介され、通常は局所麻酔で、問題を解決できるかもしれない手術を検討されます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です