メニュー 閉じる

香りのよい観葉植物トップ

センテッドゼラニウム

ボタンを押すと香りが噴き出す芳香剤のように、センテッドゼラニウムは葉を軽くこすったり叩いたりすると美しい香りが部屋に広がります

手入れのコツ。 水やりは土が乾いてからで十分です。

takeawaytrends.com マダガスカルジャスミン

部屋中に香りを漂わせたいなら、マダガスカルジャスミンに投資するのが一番です。 繊細な従姉妹のポリアンサムよりも強力なマダガスカルは、強烈な香りを放ちます。 クライミングプランツとして、ワイヤーフープに巻きつけて販売される予定です。

お手入れのコツ。 この植物は一定の温度を好むので、冬は暖かい場所に置いてください。 マダガスカルジャスミンの日当たりを調整する際、あまり勢いよく回すと花が落ちることがあるので、控えましょう。

littlegreennotebook.blogspot.co.jp オレンジブロッサム

ピリッとしたものをお探しですか? オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ライムなどを選びましょう。 見た目がきれいなだけでなく、甘くフルーティーな香りが漂います。

手入れのポイント。 日当たりのよい場所で、風通しのよい場所で、こまめに水やりをしましょう。

ipscell.com フランジパニ

オーストラリアで過ごしたことがあるなら、フランジパニ(またはプルメリア)の美しく独特の香りは、間違いなく、より晴れた土地での楽しい時間の記憶を呼び起こすことでしょう。 オーストラリアでは絵画やサーフウェアのモチーフとして親しまれているこの花は、もともとはサーフィンのメッカであるハワイが原産です。

お手入れのコツ:明るく暖かい場所に置き、夏場は屋外で日光に当てるようにしましょう。 フランジパニには毒があるので、子供やペットの手の届かないところに置いてください。

サクラソウ

長く続く繊細な香りと、同じように繊細な色彩を家の中で楽しむには、サクラソウを選ぶとよいでしょう。 長く咲き続ける花が、白からきれいな黄色に変わるのを見ながら、早春から夏の間、香りを楽しみましょう(正しい手入れが必要です)

手入れのポイント。

apartmenttherapy.com ミント

花の香りが苦手な方は、ミントの爽やかな香りが漂うものを選んでみてはいかがでしょうか。 アップルミント、レモンミント、ペパーミント、スペアミントは、最も繊細な香りを誇ります。

お手入れのコツ。

mountainspringspool.org Gardenia

調香師の間で人気のあるクチナシは、その美しい芳香のおかげで、最も人気のある香水の多くに常用されている成分です。

その代わり、植物をその甘い香りの中で最高の状態に保つために、多少の努力は覚悟してください。 クチナシは、湿度が高く、明るい環境で育ちます。 春と夏には定期的に水と肥料を与えます。

手入れのポイント:クチナシは湿度が高く明るい環境で育ちますので、春と夏には水と肥料を定期的に与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です