メニュー 閉じる

馬の心の中。 馬には色が見えるのか?

自分の馬は、赤と白に塗られたポールや、審査員席の前の黄色い花にいつも驚いているので、虹の中のすべての色が見えていると確信している人もいるかもしれません。

長年、馬は色盲か、ほとんど色盲だと思われていましたが、最近の研究で、馬は色を見ることができることがわかりました。 人間は3種類の錐体細胞を持っていますが(3色性)、馬は2種類しか持っていません(2色性)。 色覚には少なくとも2種類の錐体が必要なので、馬は人間より色のバリエーションが少ないとはいえ、色を見ることができることが分かっている。

色の変化が少ないのに加えて、馬は人間よりも細かいところが見えません。なぜなら進化的に、捕食を感じるために他の高度な感覚に頼っているのですから。 馬には何が見えているのかを理解することは、馬の行動を理解する上で重要であり、それは乗馬やトレーニングに大いに役立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です