メニュー 閉じる

10 very cool examples of experienceial marketing

Experiential marketing, what is good for?

前提として、楽しくて忘れられない体験に没頭することによって、消費者とブランドの間に緊密な絆を築くことです。

ブランドイベントが人々の間で本物の肯定的な感情をかき立てるなら、その感情をブランドと関連付ける可能性が高くなり、単にFacebook広告などを見せるよりも効果的です。

時折、体験型マーケティングと直接的なPRスタントの境界があいまいになりますが、ここでは定義について口論して時間を無駄にしません。

映画「ゴーストバスターズ」です。 マシュマロマンがウォータールー駅で大混乱を引き起こす

2016年にロンドンの通勤客は、ウォータールー駅のコンコースフロアから現れたステイパフト・マシュマロマンに驚きました。

ライターのニッキー・ギランドがレポートするように、「予想外の出来事が脳により喜びの反応をもたらすことが研究で分かっており、ブランドが消費者を『驚き』や『喜び』与える方法をますます探しています」。「

このキャンペーンは確かにそれを行いました。

フォービドゥン・プラネットは、同じテーマのポップアップショップをウォータールーで展開し、ニューヨークの地下鉄駅に似せて作り、通勤客が映画のチケットやお土産を買えるようにしました。

私たちの #ghostbusterswaterloo のブースは現在、午前8時から午後8時までオープンしています – あなたの #ゴーストバスターズ グッズのために! pic.twitter.com/ikJdMnxcvH

– Forbidden Planet (@ForbiddenPlanet) July 15, 2016

ハッシュタグ #ghostbusterswaterloo を使ったスタントは、インスタでも話題になり、多くの人がユニークなフォトチャンスを利用しているようでした。

2. コカ・コーラの2018ワールドカップAR体験

コカ・コーラはチューリヒ駅の外で拡張現実体験をして、2018年FIFAワールドカップ開幕を祝いました。

参加者は、スイスのXherdan Shaqiri選手と一緒にスクリーン上で自分のスキルを披露したり、The Powercube(彼の多くのニックネームの1つ)と写真を撮ったり、FIFAワールドカップの公式試合球を獲得するコンテストに参加したりすることができました。

壮大なスケールで AR を使用した没入型の体験は、真のサッカー ファンを巻き込み、コカ・コーラのブランドと世界最大のスポーツ イベントに結びついた思い出を与える素晴らしい方法でした。

WaterAid の Hope Lockers

ウォーターエイドは 2016 年に Proximity と MediaMonks とともに、その Hope Lockers を作成しました。

ビデオの説明によると、水泳選手がロッカーに戻ると、ロッカー内のスクリーンでビデオが再生され、きれいな水のない人々の窮状についての情報を与え、泳いでいる間に汚れた水のためにどれだけの子供たちが死んだかを水泳選手に伝えます。

メッセージの最後に、スイマーは、ポンド コインを返してほしいか、寄付したいかを尋ねられます。

スイマーは、ポンド コインを取り戻すキャンペーンに注意を向けなければならず、この瞬間は心を奪われます。

クリックすると拡大します。

希望ロッカー

Doc McStuffin’s check up clinic

Doc McStuffin は、想像上のクリニックからおもちゃを治す 6 歳の少女についてのディズニー チャンネルのテレビ番組です。

2014年の第2シリーズを宣伝し、商品の売り上げを伸ばすために、ディズニーはイギリスのTesco、Smyths、Toys R Usでドクの診療所を再現しました。

子どもたちは、ドクの役になって、ビッグテッドのどこが悪いかを診断する10分間の没入体験を得ました。

順番を待っている子供たちは、Doc McStuffin のグッズで遊んだり、塗り絵をしたり、テレビ番組のクリップを見ることができました。

およそ 8000 人の子供たちが体験に参加し、その 75% が「素晴らしい」と評価しています (両親を調査したと推測されます)。

最も重要なことは、商品を購入する傾向が 5.3% 増加したことです。

The Simpsons Movie: 7-Eleven’s transformed into Kwik-E-Marts

さて、これは古い例ですが、とても気に入っているので紹介します。

2007年に、20世紀フォックスは 7-Eleven と提携し、12 店舗を『ザ・シンプソンズ』でアプーが経営する Kwik-E-Marts に変身させました。

この Kwik-E-Marts では、KrustyO’s シリアル、Buzz Cola、および Squishee フローズンドリンクを数量限定で提供しました。

セブンイレブン用に特別版の Radioactive Man 漫画本も作られ、実物大のスプリングフィールド市民も店舗で見かけられるようになりました。

The Lush Creative Showcase

化粧品ブランドの Lush は、新製品と、そのデジタルおよび倫理的信用を促進するために、毎年 Creative Showcase を開催しています。 それが#CreativeShowcaseで@jeremycorbynが提唱したことです https://t.co/3dCJdhQrbQ pic.twitter.com/PHf9PWdmH

– LUSH UK (@LushLtd) September 4, 2017

このチケット式イベントではLushファンがブランドと接近して触れ合うことができるのです。 Nikki Gilliland氏は2017年、インスタ映えするインスタレーションと並んで、ビジュアル検索と音声検索について報告しました。

lush lens

もちろんLush店舗ではすでにスタッフが商品のデモンストレーションを行い、没入感を味わうことができています。 ショーケースは、スーパーファンを壮大なスケールで巻き込むことで、この個人的なアプローチをさらに推し進めます。

lush jellies

Samsung Studios – 2012 Olympics

2012年オリンピックのスポンサーの一環として、サムスンは、St Pancras International, Stratford International, Westfield Stratford, N1 Centre Islington, Canary Wharf, One New Change, Broadgate and Heathrow T1 departure lounge などロンドン周辺のさまざまな場所でブランド体験を作成しました。

7月中旬から9月上旬にかけて、「サムスン スタジオ」は、新しいギャラクシー S3 とギャラクシー ノートのデモンストレーションに重点を置きました。

訪問者は Samsung のオリンピック大会アプリで遊んだり、Galaxy S3 で写真を撮ると、即座に個人用のバッジに変身しました。

また、S3 が当たるコンテストもあり、毎日通って特別なピン バッジを集めれば世界一周旅行もできました。

体験型マーケティング

分析によると、訪問者の半数は Samsung Studio で 6 ~ 10 分間過ごし、平均インタラクションは 7 分 45 秒だったとのことです。

その他のさまざまな結果の中で、10 人中 9 人の訪問者が、Samsung Studio で対話した結果、Samsung の携帯電話を検討する可能性が高くなったと述べています。

そして 3 分の 1 強 (35%) は、Samsung を検討する可能性が非常に高くなったと述べています。

ソーシャルリスニングを製品マーケティングとセンチメント分析にどのように利用しているか

アディダスとデリックローズのジャンプストア

ポップアップストアは新しいコンセプトではありませんが、アディダスがロンドンで行った2013年の「Dローズ ジャンプストア」は、他よりも優れていました。

シカゴ ブルズ のポイントガード、デリックローズは、たまたま10フィート上空の棚からトレーナーを取って、無料で一足を獲得しようとファンに挑戦して、会場にいました。

これは、参加したすべての子供たちにとって、適切で刺激的で思い出に残る経験です。

Mountain Dew の英国「ゲリラ」ツアー

英国で Mountain Dew が購入できるかどうかさえわからないのですから、この種のスタントをもっと実行すべきなのかもしれませんね。

認知度を上げ、人々にMountain Dew Energyを試してもらうために、マーケティングチームは2012年に43日間の「ゲリラツアー」を企画し、フェスティバルや交通の要所、都市の中心で消費者をターゲットにしました。

15人のブランド大使のチームがMountain Dewトラックでイギリス中を走り、さまざまなコンテストや景品を提供しました。

このビデオでは、さらに詳しく説明しています。

このキャンペーンは、1ポンド使うごとに1.85ポンドのROIを達成し、イベントの対象となった人々の55%がマウンテンデューを購入し、そのうちの3分の1以上が新規購入者でした。

IKEA’s store sleepover

In the UK Ikea hosted a sleepover in 2011 in its Essex store in response to a Facebook fan group called ‘I wanna have a sleepover in Ikea’.

Almost 100,000 people joined the group and Ikea gave 100 of them the chance to actually spend a night in the warehouse.

The winners were given manicures and massages, and had a bedtime story read to them by a reality TV star.

There was also a sleep expert on-hand to give people advice and potentially help them choose a new mattress.

Five brands infusing AR with experiential marketing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です