メニュー 閉じる

2020年のデイトナ500。 Starting Order, Top Drivers to Watch in the Duels

リッキー・ステンハウス・ジュニアは日曜日の予選で最速を記録し、2020年のデイトナ500をポールでスタートし、アレックス・ボウマンは彼と共にフロントローに並ぶ。

前者は46秒253、最高速度194.582マイル/hをデイトナ・インターナショナルスピードウェイで出し、後者はタイム46秒305、スピード194秒363でそれに迫るものだった。

残りのスタート順は、日本時間の午後7時と午後8時45分に行われる木曜日のブルーグリーン・バケーションズのデュエルの結果によって決定します。

デュエルは60周、150マイルのレースからなり、次の日曜日の500ラップショーへのウォームアップとして機能するものです。

日曜日の予選で奇数順位に終わったドライバーは、デュエル1に参加して最終的なスタート順を奇数順位にし、偶数順位に終わったドライバーはデュエル2で同じことを行うことになります。

ステンハウスJr.のほか、デュエル1にはチェイス・エリオット、デニー・ハムリン、ジョーイ・ロガーノ、マーティン・トゥルースJr.、ブラッド・ケゼロウスキーらが出場する。

デュエル2では、ボウマンはジミー・ジョンソン、カイル・ブッシュ、エリック・ジョーンズ、ケビン・ハーヴィック、ウィリアム・バイロンらと一緒に戦います。

注目のドライバー

デニー・ハムリン

ハムリンはデイトナでのスペシャリストのような存在です。 彼はデイトナ500のディフェンディング・チャンピオンで、2016年版の優勝に続き、昨年も2度目の優勝を果たしました。

彼はまた、グレート・アメリカン・レースで2度の表彰台を経験し、さらに2度4位に入賞しているのです。

日曜日のブッシュ・クラッシュ・エキシビションでは、クラッシュの連続で18人の参加者のうち6人だけが3回の延長戦を強いられたが、39歳の彼はレース中のある瞬間を演出した。

2回目のオーバータイムでタイヤブローを起こし、ライバルに1周遅れをとったハムリンは、ジョー・ギブスのチームメイトであるエリック・ジョーンズを勝利へと押しやりました。

チェイス・エリオット

エリオットのNo.

予選では3番手、タイムは46.582です。319ですが、彼はデイトナ500で印象的な予選の記録を持っています。

この24歳の若者は、これまで4回しかこのレースに参加していませんが、2回ポールポジションを獲得し、4番グリッドからスタートしました。

彼はまだその強いスタートポジションを強いフィニッシュに結びつけていません(デイトナ500での最高成績は14位)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です