メニュー 閉じる

5 Japanese Sushi Etiquette Tips

日本人にとって、寿司はピーナッツバターサンドイッチを食べるように、自然に食べることができ、寿司の食べ方というマナーはDNAの一部になっている。 そのためか、このブログの情報源であるASUの研究者、上田美穂さん(大阪出身)は、このことについて尋ねたとき、少し困惑した様子でした。

1.

1. お醤油の中にお寿司を落とさない。 何だと思いますか? ほとんどの日本人は寿司を手で食べます。 特に握り寿司(シャリの上に肉や魚がのった1貫の寿司)なら、全然OKです。 ミホ 「本当に、お寿司は全部手で食べていいんですよ。 今は箸の方がきれいだからと使う人もいますが、ほとんどの日本食レストランでは、まずホットタオルで手を拭きます。 ただ、刺身だけは絶対に手で食べてはいけません。 でも、刺身は寿司でもないって知っていましたか? お寿司はご飯と一緒に食べるもの全てです。

2.大きく開けて(でも、あーとは言わなくていい)

「お寿司は必ず1個で食べなさい」と美穂さんはきっぱりと言います。 だから、一口で食べてお皿に戻したりしないし、恐ろしいことに! – 恐ろしいことに、ナイフとフォークで切り分けたりしてはいけません(実際にあります)。 「

3.生姜は寿司に乗せない

確かに、寿司に生姜を乗せると美味しいですが、美穂さんにとって例外はありません。 「お寿司を食べる合間に生姜を食べると、口直しになるんです」。 オットット…(日本語で「おっとっと」)「あ、ちなみに正しい順番といえば、白身魚を使った寿司を最初に食べ、次にマグロなどの赤身魚、卵を使った寿司は必ず最後です」

4. では、醤油にわさびを入れて食べることについて…

「それはダメなんですよ」

「それは? 彼女はしばし沈黙した後、こう付け加える。 「でも、時々やってしまうんです。 しかし彼女は、アメリカ人は寿司にわさびや醤油をつけすぎると思っているようです。 「日本では、シャリには醤油をつけず、魚だけに醤油をつけます。 だから、握りでは、握って、少し回して、魚のあるほうに醤油をつけます。 こうすると、ご飯のように醤油を吸わないので、決して食べすぎにはなりません」

5. 夕食の相手に死を願わないように…ね。

箸を使わないときは、ご飯や汁物の器に垂直に突き刺さないことがとても大切です。 美穂さん 「日本では、お葬式で残されるのは、どんぶりに2本の箸が垂直に立っているものです。 お箸はお椀や箸置きの上に置いておくだけで、決して交差させてはいけませんよ。 また、上質な箸をこすり合わせるのはやめましょう。 安物の木製の箸でするもので、上質の箸ですると失礼にあたります」

他に寿司の食べ方について何か知っていることはありますか?

他にもお寿司の食べ方について知っていることがあれば教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です