メニュー 閉じる

Are German Shepherds Good with Kids?

ジャーマンシェパードは、家族のそばに座り、道の向こうからあなたの意図を測りながら注意深く観察する犬です。 多くの人は、(イヌに関して言えば)ジャーマンシェパードほど優れたプロテクターはいないと言うでしょう。

しかし、ジャーマン・シェパードのように優秀で、有能で、戦術的な犬種が、子どものそばでどのように振る舞うのか、という疑問は依然として残っています。 その忠誠心にもかかわらず、常に信頼できるのだろうか? この犬種を飼っている家庭の多くは、子供たちを愛し、自分の子供として大切にしていると言うでしょう。 しかし、子どもの友だちはどうでしょう? ジャーマンシェパードが今まで紹介したことのない若者はどうでしょう?

この質問に対する答えは、白でも黒でもありません。 一般的に、純血種で適切に社会化されたジャーマンシェパードは、家庭内で子どもたちと素晴らしい関係を築き、不慣れな子どもたちの前ではお行儀よく振る舞うことができるはずです。 しかし悲しいことに、子犬工場がこの犬種の純粋性を損ない、無責任な飼い主が自分の犬を適切に社会化しないことがよくあります。

ジャーマン・シェパードの気質 & 性格

もうひとつのちょっとした欠点は、ジャーマン・シェパードが通常より長い子犬時代を送るということです。 通常、3歳くらいまでです。 この時期は、まだ体の大きさに慣れず、空間認識能力も身に付いていない時期です。

体格がよくて力も強い子犬のジャーマン・シェパードが幼い子供と遊ぶとき、体当たりしすぎて誤って傷つけてしまう危険性が常にある。

とはいえ、ジャーマンシェパードの特徴は、この犬種の訓練性の高さです。 そのため、このようなことが起こるのです。 というのも、この犬種の特徴は、訓練性にあります。

つまり、子供にやさしい行動をとるように訓練すると、よく反応するのです。

つまり、子供と適切に接するための訓練にも適しているということです。

しかし、現実には、ジャーマンシェパードは家族以外の子どもの前では監督されるべきですが、家族の中では子どもにとってこれ以上の友はいません。

一緒に育てば、ジャーマンシェパードは兄妹のように子どもを守り、無条件の愛を与え、生涯の伴侶となります。 彼らは家庭の子供を自分の子供として扱うことが知られています。

さらに、彼らの能力とエネルギーレベルは、子供たちと一緒に育てられたとき、素晴らしい組み合わせとなります。 年齢を重ねても、家族に混じって冒険をしたり、子どもたちと一緒に活動したり、あなたが望めば、あらゆる種類の技術を学んだりできる体格と体力を持っています。 犬と子供の相性が問題になるとき、行動上の問題以外に、その犬が子供たちにどんな経験をさせてあげられるのか、ということを忘れがちではないでしょうか。 純血種のジャーマン・シェパードなら、一般的な犬種よりも幅広いアクティビティが可能です。

ジャーマンシェパードを社会化する

犬は、種として、群れをなす動物です。 彼らは所属することを切望しています。

逆に、ペアになるのが遅く、社会化が不十分だと、すべての犬が子供にとって脅威となる可能性があります。 ジャーマンシェパードについて知っておくべきことは、彼らは愛する人を守る素質を持っているということです。

彼らは超敏感な生まれながらの保護者なのです。

このように強力な番犬なので、子供のそばでは常に監視する必要があります。

しかし、適切な社会化と訓練によって、あなたの子犬は素晴らしい家族の一員となり、家庭以外の子供にも適切に振る舞えるようになります。

このような性質と体格の犬、特に子どもに対しては、社会化にもっと力を入れる必要があります。

しかし、適切な準備とケアと育て方をすれば、多くの飼い主が、子供のいる家庭で飼うのにこれほど適した犬はいないと言うでしょう。 ジャーマンシェパードが 2 位であるのには理由があり、もし彼らが安定した気質を持つ素晴らしい家庭犬でなければ、その人気を維持し続けることはできなかったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です