メニュー 閉じる

Behrデッキオーバーで台無しになったデッキをどうやって直したか

Hay you are you! お久しぶりです。 最近、1年近くブログを書いていなかったのですが、久しぶりに覗いてみたら、私のBehr Deck Overの経験に関する投稿を何人もの人が見ていて、私たちがデッキをどうしたかについての質問がたくさんあったのには驚きました。

私はそのオリジナルの記事の最後に、更新情報を編集しています。 だから、私は先にそれについての記事を書いておこうと思いました。

先に言っておきますが、その家から引っ越してしまったので、最近の写真はありません。 そして、最終的にデッキを直した時にブログから手を引いてしまったので、そのプロセスの写真も撮っていません。 幸いなことに、デッキオーバーがデッキの仕上げを台無しにしていたので、とても簡単な作業でした。

最初の投稿を読んでいなかったかもしれませんが、うちの裏庭の DeckOver は少しの間とてもきれいになっていましたが、そのうちシート状に剥がれ始めました (上の写真参照)。 その投稿への多くのコメントから判断すると、残念ながらそれは珍しいことではありません。 私たちは正直言って、デッキをどうしたらいいのかわからず、その家に住んでいる間は、大きなエリアラグで覆っているだけでした。

しかし、売却することを決めたとき、新しい家の持ち主にその混乱を残しておくことはできませんでした。 それは正しいとは思えませんでした。 私たちは、仕上げを除去してデッキを再塗装するか、デッキを除去して新しいものを構築する必要があると判断しました。 しかし、新しいデッキを作る予算は本当になかったので、DeckOverを取り除き、再汚染することにしました。

剥がれたDeckOverについて唯一良かったのは、比較的簡単に剥がせることです。 指でつまんで剥がせば、かなりの部分が浮き上がってきました。 手で剥がせない部分は、スクレイピングツールを使って端をこじ開け、剥がすことができました。 結局、この方法でデッキ全体のDeckOverを剥がすことができました。 トータルで3日くらいかかりましたね。 簡単なようで超面倒で、もう若くないんだなぁと実感させられました。

重要な編集:夫が、デッキからDeckOverの最後の一滴まで剥がすことはできなかったと教えてくれました。

重要な編集:夫が、DeckOverをデッキから最後まで取り外すことができなかったことを思い出させてくれました。 また、デッキの床にどうしても剥がせない部分がありました。 その部分については、サンディングして、サンディングして、さらにサンディングして、その上にステインを塗りました。 また、手すりについても言及するのを忘れていました。 床ほどひどくはありませんでしたが、まあまあの状態でした。

特筆すべきは、雨が降ってから数日経っているにもかかわらず、DeckOverの下に残っている木材がすべて湿っていたことです。 木が腐っていなかったのは本当にラッキーでした。 木が乾くまでさらに数日待ち、デッキステインでデッキを染色しました。

修理後の完成品の写真が全くないのが残念ですが、これはこれでいいのです。 これは、私たちのリストの写真からです。 私は、この作業と引っ越しの準備をしている間、ステップバイステップの写真を撮る気にはなれませんでした。 And honestly, at that point, I didn’t think I’d be blogging again so…pretty anticlimactic, huh?

Here’s a pretty picture of the side of the house, though!

One final update- the DeckOver on the covered front porch still looked pretty good!

And the concrete stairs were still in perfect condition! Those streaks you see on the stairs, below, is the ever-present pollen beast showing itself, as it is known to do in spring in Georgia.

So there’s my final final update on the DeckOver. I hope this answers some of your questions!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です