メニュー 閉じる

Chemical Burn Treatment

Rinse and Clear Burn Area

  • Flood area with cool water for at least 20 minutes or until help arrives.
  • Make sure water doesn’t flow onto another part of the person’s body or onto you.
  • Don’t use a strong stream of water, if possible.
  • As you flush the burn (not before), remove jewelry or articles of clothing with chemical on them, unless they’re stuck to the person’s body.
  • After flushing the burn, follow instructions on the label of the chemical product, if available.
  • Don’t try to neutralize the burn with acid or alkali.
  • 火傷に抗生物質軟膏を塗らない

すぐに水をかけてはいけない化学毒素の中には、乾燥石灰、フェノール、元素金属(例えば、ナトリウム、カリウム、酸化カルシウム、マグネシウム、リン)などが含まれます。 乾燥石灰は、灌漑の前にブラッシングして皮膚から取り除く必要がある。 酸化カルシウムを含み、水と反応して強アルカリの水酸化カルシウムを生成する。 元素金属および特定の反応性金属化合物は、水に触れると燃焼したり、危険な副産物を放出したりします。 例:ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、リチウム、セシウム、四塩化チタンなど。

そのような材料の断片はすべて、乾いた鉗子で慎重に取り除き、水に関係のない溶液 (例: 鉱物油) に入れておく必要があります。 これが終わったら、空気や湿気にさらにさらされないように、患部をミネラルオイル (または同等の溶液) で覆う必要があります。 フェノールを除去するには、50%のポリエチレングリコール(PEG)に浸したスポンジで皮膚から拭き取ることが必要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です