メニュー 閉じる

Decolonization Resource Collection:脱植民地化資料集: 脱植民地化とは何か

歴史的背景から言えば、「脱植民地化」は、第二次世界大戦後の数年間における植民地帝国の世界から国民国家の世界への移行を指して最もよく使われています。 1950年代から60年代にかけて、アジアやアフリカの植民地が、フランス、イギリス、ポルトガルなどの帝国から脱却し始めた。 しかし、脱植民地化の歴史は、植民地支配の歴史と同じくらい古いものです。 このコレクションには、18世紀後半のオハイオ川流域におけるネイティブアメリカンの宗教的・文化的抵抗から、20世紀後半のアフリカ南西部のナミビア独立まで、何百年にもわたる脱植民地化に関する歴史と文献を網羅した資料が含まれています。

歴史学は、脱植民地化の研究にとって歴史と同じくらい重要です。 その結果、私たちが話す言葉、語り継ぐ物語、そして取るアプローチの多くは、今でもある程度、植民地時代の影響下にあるのです。 歴史家、人類学者、社会学者、その他の脱植民地化の研究者たちは、植民地的な偏見を回避するための挑戦について、この分野に重要な著作を寄せています。

帝国主義、ポストコロニアリズム、脱植民地化の分野を代表する学者によるこれら3つの簡潔な紹介は、脱植民地化の研究の起源とこの分野の現状についての基本的な概観を提供しています:

Jansen, Jan and Jürgen Osterhammel, Decolonization: A Short History, Princeton, NJ: Princeton University Press, 2017.

Kennedy, Dane, Decolonization: A Very Short Introduction, Oxford , UK: Oxford University Press, 2016.

Young, Robert, Postcolonialism: An Historical Introduction, Wiley-Blackwell, 2016.

Young, Robert, Postcolonialism: A Very Short Introduction, Wiley-Blackwell, 2016.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です