メニュー 閉じる

DOWN SYNDROME AWARENESS MONTH – October

DOWN SYNDROME AWARENESS MONTH

10月はダウン症の啓発月間であることを認識します。 この月間では、認知度を高めるだけでなく、ダウン症の人たちの能力や夢に光を当てるためのイベントが開催されます。

何世代にもわたって、誰かがダウン症で生まれたとき、それはしばしば悲しい出来事と見なされてきました。

何世代にもわたって、誰かがダウン症で生まれたとき、しばしば悲しい出来事と見なされてきました。しかし、ますますその見方が変わってきています。 私たちが見たり、聞いたり、歩いたりするために支援を受けるのと同じように、ダウン症の人の能力はさまざまです。 ダウン症の子どもたちは、染色体の数だけ存在するのではありません。 彼らは、家族、愛する人たち、演奏する音楽、追いかけるスポーツで構成されています。 彼らの興味や友情は、彼らの個性と同じように幅広く、さまざまです。 そして、彼らにも夢や目標があります。 サポートとアドボカシーによって、彼らの活躍はとどまるところを知りません。

勝利するチームを応援しようが、そこでプレーしようが、コミュニティや組織は、ダウン症の人々の社会的・経済的生活を改善する機会を認識しています。

ダウン症が症状ではなく、一人の人間として見られるようになると、彼らは私たちの生活の中で日常的な存在となるのです。 私たちの友人、同僚、クラスメートは、私たちのコミュニティの不可欠な一部となるのです。

#DownSyndromAwarenessMonthの守り方

1カ月を通して、障壁を取り除き、意識を広めるためのイベントに参加しましょう。 ダウン症の人たちが企業や教室、家族に貢献し続けていることを称え、彼らを擁護しましょう。

ダウン症啓発月間の歴史

1980年代に全米ダウン症協会がダウン症啓発月間を開始しました。 1日たりとも見逃してはいけません。 ナショナル・デー・カレンダーで毎日を楽しく過ごしましょう!

ナショナル・デー・カレンダーとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です