メニュー 閉じる

Emotional lateralization

Right hemisphere dominanceEdit

右半球優位のバリエーションは…
a) 右半球は左半球よりも感情をコントロールしやすい。
b) 左半球が言語に優位なのと同様に右半球が感情表現に優位である。
c) 右半球は顔の表情、体の姿勢、韻律などの知覚に優位である。
d) 右半球は恐怖などの一次感情の処理に重要であり、左半球は社会的感情の前処理に重要である。

右半球の一般的な病変は、感情的に意味のある刺激に対する電気皮膚反応(皮膚コンダクタンス反応(SCR))を減少または除去するが、左半球の病変はSCR反応に変化を示さない。

被験者SB-2046はがんのため右前頭部葉の一部を切除されました。

被験者SB-2046は、癌のため右の前頭葉の一部を切除されましたが、IQや他の正常な機能の大部分は損なわれなかったものの、特に即時の報酬と将来の罰を考慮しなければならないときに、意思決定能力が著しく損なわれていました。 彼の決断はほとんど常に目先の報酬や罰に左右され、長期的な結果は無視された。

ほとんどの言語生産と処理は左半球で行われますが、音声における感情処理と感情生産の大部分は右半球で行われます。 統合失調症の患者は通常、韻律を処理することが困難です。 また、これらの患者では、感情的および非感情的な韻律に富んだ発話において、右半球への側方化が顕著に増加することが示されている。 また、右利きの減少により、右半球の側方化が増加した。

相補性特殊性 編集

両半球は、感情の異なる側面の制御に対して相補的な特殊性を持っています。

この説は、ある種の感情には当てはまるようですが、一般的にはこの説は時代遅れと考えられているようですが、いくつかの例は存在します。

この理論は、ある種の感情には当てはまるようですが、一般的にはこの理論は時代遅れと考えられています。 一方、否定的な刺激を与えると、右半球が左半球よりも活発になることがわかった。

b) その他の特化した部門

扁桃体は、感情(気持ち)を意識的に認識し、その結果、気持ちを知覚するという役割を担っていますが、実験によると、左と右の扁桃体は、感情の意識的・無意識的処理に異なる役割を担っていることが示唆されています。 右の扁桃体は感情を無意識に処理する役割を果たし、左の扁桃体は意識的な感情の処理に関与していた。 これらの結果は、条件付け刺激をマスキングした研究から得られたものである。 刺激提示はごく短時間に行われ、被験者はその刺激を意識することなく、生理的変化を示すことができた。 左半球を損傷した患者では、抑うつ状態が顕著に増加する。 左半球はコリン作動性、ドーパミン作動性が高く、右半球はノルアドレナリン作動性が高いため、ヴァレンスの非対称性が生じたと思われる。 右半球が損傷した患者では、疼痛刺激に対する覚醒反応が低下していた。

恒常的な基礎編集

Neuroanatomical basis for emotional lateralization

このモデルにより感情の制御と処理に神経解剖学的基礎が示されました。 末梢の自律神経系は左右対称ではありません。 自律神経系の副交感神経系と交感神経系の求心性神経は、心臓や顔などの恒常性を維持する様々な器官を異なる形で支配しています。 自律神経の末梢神経系の非対称な表現は、脳内の非対称な表現につながる。 左半球は副交感神経機能に関連する恒常性維持のための求心性神経により、右半球は交感神経機能に関連する恒常性維持のための求心性神経により、それぞれ優位に活性化される。 この側方化は、恋愛などの高次の感情や恒常性維持機能に関連する前帯状皮質(ACC)や前部島皮質(AI)において極めて顕著に見られる。 左のAIとACCは、恋愛感情や母性愛着があるときに活性が高くなる。

特に、心血管系の機能は、感情的なストレスに左右され、関連しているようです。

特に心血管系機能は側方化されており、感情的ストレスと関連しているようです。ストレスを引き起こす強い感情刺激は、心血管系機能の変化を引き起こします。 これらの現象では、おそらく右島皮質が最も重要な役割を担っている。 同様の側方化は、頭部外傷、脳卒中、多発性硬化症、脳腫瘍、髄膜炎および脳炎、片頭痛、群発頭痛、神経外科手術の患者における心血管機能不全におそらく関与しています。

Lateralization due to lateralization of other functionsEdit

「脳が感情行動の非対称制御を進化させたとは考えられません」。 むしろ、感情の神経制御には非対称性があるかもしれないが、観察された非対称性は、運動の制御、言語、または複雑な感覚情報の処理など、他の機能の非対称制御の産物であることが大きいようだ」と、側方化は進化的に適応的だったのかもしれないのです。 側方化は、より多様な情動を可能にするかもしれない。 左側頭葉は言語処理に関与し、右側頭葉は顔の処理に関与している。

側方化と性差

男女間で皮質の活性化に違いがあるのかもしれません。 不快な画像を見たときの右半球の活動は男性よりも女性で大きかったが、男性は楽しい画像を見たときに両側でより多くの活性化を示した。 別の研究では、女性は男性ではなく、不快な顔を見ているときに右半球の活性化が大きく、快い顔を見ているときに左半球の活性化が大きいという結果が出た。 さらに、別の研究では、頭頂葉と前頭葉の脳波を記録しながら、対照的な性差を見出した。 ネガティブな画像を見せられると、女性では男性よりも左半球が、男性では女性よりも右半球が活性化された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です