メニュー 閉じる

Frederick William I

ブランデンブルク選帝侯Frederick IIIとハノーファー選帝侯Sophie Charlotteの子で、1688年8月15日にベルリンで誕生した。 1701年、父は皇帝シャルル6世によってプロイセン王に指名された。 宮廷では、身の丈に合わない教養や物欲を身につけようとする傾向があったが、フリードリヒ・ウィリアムは、周囲の優雅な生活には参加せず、余暇は狩猟や大量のビールを飲むことに費やした。 1713年に父の死後、王位についた彼は、自分の家族を宮殿の隅にあるわずかな部屋に移し、巨大な建物の残りの部分を各省の使用に回し、快楽の庭をパレード場に変貌させた。

経済的な理由と、誰も信用していなかったこともあり、フリードリヒ・ウィリアムは純粋に個人的な政府を樹立しようと決心していた。

経済的な理由もあり、また誰も信用しなかったこともあり、フレデリック・ウィリアムは純粋に個人的な政府を樹立することを決意した。

プロイセンがより強力な隣国に飲み込まれる危険性を確信したフレデリック・ウィリアムは、王位についた。

プロイセンが近隣の強国に飲み込まれる危険を確信した彼は、それを防ぐために軍隊の強化に着手します。 1715年、彼はスウェーデンとの大北方戦争に再参戦した。 しかし、この戦争で西ポメラニアの一部を獲得したものの、4万人弱のプロイセン軍の不足は目に余るものであった。 農民を兵役のために労働から解放することはできないと主張するプロイセン貴族を遠ざけまいと、フリードリヒ・ウィリアムは海外に兵を雇うことに集中した。 1733年になってようやくカントン制度が確立され、連隊は自国の農民や工芸労働者を採用することが可能になった。 フリードリヒ・ウィリアムの治世の終わりには、軍隊の規模は倍増し、帝国軍に次ぐ規模になった。

軍隊の資金を調達するために、フレデリック・ウィリアムは支出や歳入の徴収の両方に新しい政府手続きを開始した。

軍事費を賄うために、フリードリヒ・ウィリアムは支出と歳入の両方の新しい政府手続きを開始した。 後者は、封建的賦課金(貴族が実際にはもはや支払わない評価)を貴族の所有する土地への課税に置き換えること、農民からより効率的に税を徴収すること、コーヒー、茶、砂糖などの贅沢品だけでなくほとんどの主食に物品税を課すことで達成された。

このような財政的な利益を可能にしたのは、一般的な統合のプロセスとは別に、主に運営面での改革であった。 つまり、素人同然の非常勤の役人たちが、上は厳しく鍛えられた貴族たち、下は引退した下士官たちで構成された国家に奉仕する官僚に変身したのである。 また、小さな司法改革も行われ、王家の土地で農民の生活を改善する試みも限定的に行われた。

1730年代後半には、20年間の努力によって、充実した国庫に支えられた手ごわい軍隊が生まれたことは、当時の観測者のほとんどに明らかであった。 しかし、ベルク州をめぐって帝国と対立していたにもかかわらず、国王はその資源を使うように説得することができなかった。 晩年は、巨人による宮殿の警護や、息子であり相続人であるフリードリッヒとの喧嘩で、ますます異様な雰囲気に包まれたものであった。 フリードリヒ・ウィリアム1世は1740年5月31日、ポツダムで死去した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です