メニュー 閉じる

Giovanni, Nikki 1943-

新しい2冊の本、Blues.Giovanni, Nikki 1943-

この本が出版されました。 For All the Changes と Quilting the Black-Eyed Pea: 詩とまったく詩でないものは、ブックリストのドナ・シーマンによれば、「社会意識が高く、率直で、いたずらっぽく面白い」詩で、20世紀から21世紀へのクロスオーバーをマークしているのだそうです。 「ジョバンニはブルースに内在する皮肉をしなやかに利用し、人種差別を打ちのめすと同時に人生の良いところを賞賛する、タフでずる賢く鋭いモノローグを書いている」。 肺がんとの闘病後、5年ぶりに出版された『ブルース』は、「闘病生活、自然、日常への思いが、厳しい現実、社会政治的視点の混合、喪失の個人的記憶とともに綴られている」と、『からし種の信仰(In the Power of a Poem)』から引用したアメリカン・ヴィジョンズのデノーリン・キャロル氏は書いている。 「私は、これらの真理を自明のものとしようとする自分の世代が好きだ。 私たちの世代が好きなのは、これらの真実を自明のものとしようとしたことだ。 そして今でも、私たちが望むものを共有し、私たちが望むものを知り続けている私たちが好きです。” パブリッシャーズ・ウィークリーのカルヴィン・リードとのインタビューで、ジョバンニは「ブルースを “私の環境作品 “と表現し、彼女の故郷であるバージニア州周辺の土地の印象もあるが、このコレクションは、故ブルースシンガー、アルバータ・ハンターを称え、彼女のスポーツ好きとベティ・シャバズへの愛を明らかにし、ジャズのリフは彼女の父親と球場へシンシナティレッズを見に行った思い出と混ざり合う。”」と語った。 Black Issues Book ReviewのTara Bettsによれば、Quiltingには、タイトルがすでに物語っているように、「逸話、考察、賛美歌」などが含まれている。 ローザ・パークスを称える散文詩もあり、ジョバンニが2002年に第1回ローザ・パークス・ウーマン・オブ・カレッジ賞を受賞したときの名誉を反映している。 マベは、「シングルマザー、肺がんとの闘い、文学賞の数々、学問的キャリアは、彼女のエッジを豊かにしたが、鈍らせることはなかった」とこの巻で述べているが、「今日ラディカルであることは、時にラルフ・ネーダーへの投票に還元されることを意味する」と皮肉まじりに付け加えている。 しかし、タラ・ベッツが指摘するように、ジョバンニは人種差別が現れるたびに、自分の言葉で戦い続けている。「『自明の詩』で明らかになったように、『私たちは同じ人々を何度も何度も爆撃し続けることはできない、その狂気が自国で生まれたと認めたくないから』」。 Quiltの出版時のインタビューで、Black Issues Book ReviewのSamiya Bashirは、ジョヴァンニが「幅広いファン層を維持しているのは、おそらく彼女が常に人生と仕事の最前線に愛を置いているからだろう」と感じました。

2003年、ジョバンニはオーディオコンピレーションである「ニッキー・ジョバンニ詩集」を出版しました。1968年から現在までの彼女の詩は、「人種差別、ローザ・パークス、エメット・ティル、愛、母性、おいしい鶏肉の箱まで」幅広い内容を含み、ナイトリダーのサンディ・バウアーズによれば、この詩集によって詩人の声が生き生きとしたものになっています。 「Library Journal誌のRochelle Ratner氏は、「ページ上では、Giovanniの文章の多くは修辞的に見えるが、彼女の朗読を聞くと、独断は情熱に取って代わられる」と主張している。 Bauersはこの作品を賞賛している。 「この詩は、それだけで値段の価値がある。 ジョバンニはエネルギーと熱意をもって朗読している。 彼女の詩は平易な言葉で書かれている。 私たちの多くを困惑させるような比喩的なたわごとは一切ない。 彼女の希望に満ちた未来への展望は、「いつか、コミュニティ全体が、誰が誰と寝るかということにこだわらなくなるかもしれない。 ユダヤ人のコミュニティは安らぎ、キリスト教徒のコミュニティは満足し、イスラム教徒のコミュニティは平和になり、残りの私たちは聖なる日に素晴らしい食事をし、新しい歌を学び、調和して歌うことができるかもしれません」

2005年にジョバンニは、ローザ・パークのバスでの席譲りの拒否や公民権運動の他の重要な出来事を子供向けの本にして「Rosa」を発表しました。 スクール ライブラリー ジャーナル誌の書評で、マーガレット ブッシュはこの本を「印象的」「市民的不服従の画期的な行為に関する、ハンサムで示唆に富む入門書」と呼び、パブリッシャーズ ウィークリーの書評でも同様に、「驚くべき歴史的出来事とパークス夫人の並外れた誠実さと決意に関する、新鮮な見方」と賞賛しています

「ほとんどの作家は長い時間をひとりで過ごしており、それは寂しい職業です」、かつてジョバンニ氏はそう説明しました。 「そのことを指摘する詩人は私だけではないでしょう。 自分から外に出て人に会わなければ、多くのことを見逃してしまうのです」。 教壇に立ち、講演をし、家族と密接な関係を保ち、地域社会で活動し続けることで、詩人は書くことの孤独と無数の人生経験とのバランスを保っている。 「とジョバンニは言った。「私の人生を豊かにしてくれる。 「世界を広げてくれる……。 そして、自分のコミュニティや、プロではないけれども関心のある作家たちのコミュニティと関わりを持ち続けることができるのです。

「書くことは……私が呼吸する空気を正当化するためにすることです」とジョバンニさんは書き、CAという職業を選んだことを説明しています。 “私は、怒りから書く作家と考えられてきましたが、それは私を混乱させます。 作家は他に何から書くのだろう? 詩は何かを言わなければならない。 ある種の意味を持たせなければならないし、叙情的で、要点を押さえていて、なおかつ、本を手に取ってくれるどんな読者にも読んでもらえるようなものでなければならない”。 ジョバンニは、自分の最も重要な資質のひとつは、人生を経験し、その経験を作品に反映させることだと考えている。 「人が生きて、分かち合うのはそのためではないでしょうか。 少なくとも他の人が同じ過ちを犯さないようにね。 彼女は、アメリカの詩に貢献したことを、誇りを持って振り返り続けています。 「私は自分が成長したと思っています。私の仕事は大きく成長したと感じています」と、あるインタビューに答えています。 「私がいつもやりたかったことは、何か違うことで、一冊一冊が変化してきたと思います。 次の本もそうでありたいと思います。 すべての作家がそうであるように、私は心を探し続けているのでしょう。” 最後に彼女は、”人間は私を魅了する。 そこに何があるのか、詩的に解剖し続けるのです” と締めくくった。 さらに、マベは「作家には経験が必要だと言われます。 経験ではなく、共感が必要なのです。 経験ではなく、共感が必要なんです」。「何かをしてこなければ書けないというのは、とても限定的です。 共感する力、聞く力を高めることが大切です。

伝記・評論の資料:

著書

『現代文芸批評』第64巻、ゲイル社(ミシガン州デトロイト)、1991年。

Contemporary Poets, St. James Press (Detroit, MI), 1996, pp.390-391.

Evans, Mari, editor, Black Women Writers, 1950-1980:

Fowler, Virginia, Nikki Giovanni, Twayne (Boston, MA), 1992.

Fowler, Virginia, editor, Conversations with Nikki Giovanni, University Press of Mississippi (Jackson, MS), 1992.

Georgoudaki, Ekaterini and Domna Pastourmatzi, editors, Women.「女たち。

Georgoudaki, Ekaterini, and Domna Pastourmatzi, editors, Women: Creators of Culture.

Giovanni, Nikki, Gemini: An Extended Autobiographical Statement on My First Twenty-five Years of Being a Black Poet, Bobbs-Merrill (Indianapolis, IN), 1971.

Inge, Tonette Bond, editor, Southern Women Writers.Gemini: An Extended Autobiographical Statement on My First Twenty-55 Years of Being a Black Poet:

Josephson, Judith P., Nikki Giovanni: Poet of the People, Enslow Publishers, 2003.

Lee, Don L., Dynamite Voices I:

Lewis, Ida, introduction to My House, Morrow (New York, NY), 1972.

Mitchel, Felicia, editor, Her Words:

Tate, Claudia, editor, Black Women Writers at Work, Crossroads Publishing, 1983.

Twentieth-Century Children’s Writers, 4th edition, St.James Press (Detroit, MI), 1995, p.251.

Twentieth-Century Young Adult Writers, St. James Press (Detroit, MI), 1994, pp. 245-246.

Weixlmann, Joe, and Chester J. Fontenot, editors, Studies in Black American Literature, Volume II: Belief vs. Theory in Black American Literary Criticism, Penkevill Publishing, 1986.を参照。

PERIODICALS

American Visions, February-March, 1998, p.30; October 1999, p.34.

Black Issues Book Review, November-December 2002, pp.1, 32; March-April 2003, p.31.

Black World, July, 1974.

Bulletin of the Center for Children’s Books, October, 1980, p.31; June, 1996, p.31.

Bulletin of the Center for Children’s Books, January, 1996, p.34.

Black World, October, 1999, p.30.

American Visions, February-March, 1998, p.34.

p

Capital Times (Madison, WI), February 7, 1997, p. 13A.

Christian Science Monitor, March 20, 1996, p. 13.

Cimarron Review, April, 1988, p. 13A.

Cincinnati Enquirer (Cincinnati, OH), June 3, 1999, p. B01.

Ebony, February, 1972, pp.48-50.

English Journal, April, 1973, p. 650.

Essence, May, 1999, p. 122.

Griot, spring, 1995, p. 18.

Harper’s Bazaar, July, 1972, p. 50.

Horn Book, September-October, 1994, p. 575.

Jet, April 4, 1994, p. 29.

Kirkus Reviews, September 15, 1971, p. 1051; January 1, 1974, p. 11; March 15, 1996, p. 447.

New York Times, August 1, 1996, p. C9; May 14, 2000, p. A40.

New York Times Book Review, November 28, 1971, p. 8.

Virginian Pilot, March 2, 1997 p. J2.

Voice of Youth Advocates, December, 1994, p. 298; October, 1996, pp. 229-230.

Washington Post Book Review, February 14, 1988, p. 3.

Washington Post Book World, February 13, 1994, p. 4.

ONLINE

African-American Literature Book Club, http://authors.aalbc.com/ (March 9, 2004), author profile.

BlackEngineer, http://www.blackengineer.com/ (January 14, 2003), discussion with Giovanni.

Nikki Giovanni Home Page, http://nikki-giovanni.com/ (March 9, 2004).

Paula Gordon Show, http://www.paulagordon.com/ (January 22, 2003), interview with Giovanni.

Poets, http://www.poets.org/ (March 9, 2004), “Nikki Giovanni.”

Voices from the Gaps: Women Writers of Color, http://voices.cla.umn.edu/ (March 9, 2004).

Writers Write, http://www.writerswrite.com/ (March 2, 2006), interview with Nikki Giovanni.

OTHER

Spirit to Spirit: The Poetry of Nikki Giovanni, a PBS special, 1987.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です