メニュー 閉じる

Holmium laser enucleation of prostate (HoLEP): a review and update

はじめに: 前立腺肥大症(BPH)に続発する下部尿路症状(LUTS)は、70歳以上の男性の80%近くが罹患しており、高齢者に最も多く見られる疾患の1つである。 歴史的には、経尿道的前立腺切除術(TURP)が長年にわたりBPHによるLUTSの治療における歴史的ゴールドスタンダードと考えられてきたが、現代の文献によると、ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)がTURPと開腹単純前立腺切除術に代わってBPH治療におけるサイズ独立型の手術のゴールドスタンダードとなりつつあるという。

材料と方法。 このレビューでは、現在利用されている技術、結果、安全性、および結果の長期的な耐久性について議論します。 核出術とモルセレーションというHoLEP手術に関連する有害事象も取り上げています。

結果。 HoLEPは、TURPや開腹単純前立腺切除術を含む他の外科的BPH処置を上回る能力を実証している、この技術を支持する確固たる文献群を持っています。 さらに、この術式に関連する10年以上の主観的および客観的な結果の長期的な耐久性が存在する。 ある無作為化試験では、Qmax(4.36mL/s改善)、勃起機能(IIEF勃起機能セクションで2.39点改善)、摘出前立腺重量(15.7g増加)など、7年間のフォローアップでTURPよりも優れた特定の術後結果指標が示され、他の研究では、術後PSAの大きな減少、Qmax時の低留息圧などが示されています。

結論。 全体として、HoLEPは、BPHによるLUTSに悩む患者にとって非常に耐久性があり効果的な治療法であることが証明されています。 BPHの外科治療に関するヨーロッパとAUAのガイドラインはどちらも、中程度から重度の症状を持つ男性に、サイズに依存しない治療法としてHoLEPを推奨しています。 HoLEPは、前立腺の大きさ、年齢、出血のリスクなどから他の手術の候補になりにくい多くの患者さんにとって、優れた選択肢となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です