メニュー 閉じる

Let’s Move

「結局、ファーストレディとして、これは私にとって単なる政策課題ではないのです。 これは情熱です。 これは私の使命です。

-ミシェル・オバマ大統領夫人

「レッツ・ムーブ!」は、大統領夫人が立ち上げた、一世代以内に肥満問題を解決し、今生まれた子どもたちがより健康に育ち、夢を追うことができるよう尽力する包括的なイニシアチブです。 確かに、これは野心的な目標です。

包括的な戦略と常識を組み合わせたLet’s Move! は、子どもたちが幼少期や数年のうちに健康な未来への道を歩み始めること、両親に役立つ情報を提供し健康的な選択を支援する環境を育てること、学校により健康的な食品を提供し、すべての家族が健康で安価な食品にアクセスできるようにし、子どもがより活動的になるように支援すること、です。

このイニシアチブの開始にあたり、バラク・オバマ大統領は、子どもの栄養と身体活動に関するあらゆるプログラムと政策の見直しを行い、連邦政府のリソースを最大限に活用し、ファーストレディの国家目標に向けた具体的なベンチマークを設定するための国家行動計画を策定する、史上初の「子どもの肥満に関するタスクフォース」を設立する大統領覚書に署名しました。 タスクフォースの提言は、ファーストレディの「Let’s Move!」の5つの柱に焦点をあてています。 イニシアティブの5つの柱に焦点を当てている。

  1. Creating a healthy start for children
  2. Empowering parents and caregivers
  3. Providing healthy food in schools
  4. Improving access to healthy, affordable foods
  5. Increasing physical activity

Everyone has a role to play in reducing childhood obesity, including parents and caregivers, elected officials from all levels of government, schools, health care professionals, faith-based and community-based organizations, and private sector companies. Your involvement is key to ensuring a healthy future for our children.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です