メニュー 閉じる

Linguistics 001 — Lecture 23 — First Language Acquisition

子供の言語習得の段階

ほとんどすべての場合において、子供の言語発達は予測可能な順序にしたがっています。 しかし、子どもがあるマイルストーンに到達する年齢には、大きなばらつきがあります。 さらに、それぞれの子どもの発達は、通常、特定の能力の段階的な獲得によって特徴付けられます。したがって、英語の動詞の抑揚の「正しい」使用は、動詞の抑揚が常に省かれる段階から始まり、ほぼ常に正しく使われる段階に至るまで、1年以上の期間をかけて出現します。

発達の順序を特徴付ける方法にも、さまざまなものがあります。 生産面では、主に語彙と構文の知識の展開に着目して、次のように段階を名付ける方法がある。

ステージ
Typical age
Stage=Stage=Stage
Description
Babbling 6-8 months Repetitive CV patterns
One-word stage
(better one-morpheme or one-unit)
or holophrastic stage
9-18 months Single open-class words or word stems
Two-word stage 18-24 months “mini-sentences” with simple semantic relations
Telegraphic stage
or early multiword stage
(better multi-morpheme)
24-30 months “Telegraphic” sentence structures of lexical rather than functional or grammatical morphemes
Later multiword stage 30ヶ月以上 文法構造や機能構造が現れる

生後1年間の発声

誕生時に発声します。 乳児の声道は、ある意味で成人というより猿の声道に近い。

特に、声帯の先端は喉頭蓋の先端に達するか、重なっています。

生後2ヶ月の乳児の発声は、主に不快感の表現(泣いたり騒いだり)と、咳、吸い込み、飲み込み、げっぷなどの反射的・植物的な動作の副産物として出る音です。

約2~4ヶ月の間、乳児は「心地よい音」を出し始めます。

約2~4ヶ月の間、乳幼児は「心地よい音」を出し始めます。 声帯は一定の位置に保たれています。 初期の快適音は短く、単独で発せられるが、後に声門停止で区切られた一連の音になる。

4~7ヶ月の間、乳児は「声遊び」を行い、音程(「キー」「グロウル」)、音量(「エール」)を操作し、さらに声道閉鎖を操作して摩擦音、鼻濁音、「ラズベリー」「スノー」などを出します。

約7ヶ月になると、「標準的な喃語」が現れます。これは、顎、唇、舌を開いたり閉じたりしながら、口腔調音によって音節のようなシーケンスにリズミカルに切り刻まれた、拡張した音を作り始めるものです。 このとき発する音の範囲は、ストップ音とグライド音に分けられます。 フリカティブ、アフリケート、リキッドはより稀にしか聞かれず、クラスターはさらに稀である。 母音は、少なくとも初めのうちは、低くて開いている傾向がある。

繰り返される連続音は、or などのほか、子音のような調音の特徴を変化させた「変化形」連続音もよく出ます。

声遊びも喃語も、養育者との相互作用の中でより頻繁に作られますが、乳児は一人でいるときにもこれらを作ります。

声遊びや喃語には、音声に似たジェスチャーの「練習」の機能があり、乳児が関連する運動システムを制御できるようにし、異なるジェスチャーの音響的結果を学ぶのに役立つという仮説がよく立てられます。 ある幼児は喜びを表現するために を使用したと言われています。 ほとんどの場合、認識可能な単語は、命名に関係すると思われる文脈で使用されます。 「

幼い子どもは、狭すぎたり広すぎたりする言葉をよく使います。 ペットボトルだけに使う「ボトル」、特定のクマだけに使う「テディ」、犬だけでなく子羊や猫、牛にも使う「ドッグ」、蹴るだけでなく押したり羽ばたいたりするのに使う「キック」。

知覚と生産

巧妙な実験により、ほとんどの幼児は、生後 4 ~ 9 か月、多くの場合喃語が始まる前に、いくつかの言葉を理解しているという証拠 (たとえば、視線の方向によって) を与えることができることが示されています。 実際、音韻能力の発達はもっと早くから始まっています。 新生児は音声と非音声を区別することができ、また音声間の区別(例:vs. or vs. )もできる。生後2ヶ月以内に、乳児は母国語の音声と他言語の音声を区別できるようになる。

母親や父親、その他の養育者との早期の言語的相互作用は、子供が言語能力の兆候を示すずっと前に、これらの初期能力を確立し定着させる上で、ほぼ確実に重要です。

語彙の発達速度

初期において、幼児はやや徐々に活発な語彙を追加します。 ここでは、2つの研究における活発な語彙の発達を測定しています。 Nelsonの研究は、母親が子どもの発話をすべて記録した日記に基づいており、Fensonの研究は、母親が自分の子どもが発すると思う単語をリスト上でチェックするように依頼することに基づいています。

マイルストーン Nelson 1973
(18 children)
Fenson 1993
(1.0),789 children)
10 words 15 months
(range 13-19)
13 months
(range 8-16)
50 words 20 months
(range 14-24)
17 months
(range 10-24)
Vocabulary at 24 months 186 words
(range 28-436)
310 words
(range 41-668)

There is often a spurt of vocabulary acquisition during the second year. Early words are acquired at a rate of 1-3 per week (as measured by production diaries); in many cases the rate may suddenly increase to 8-10 new words per week, after 40 or so words have been learned. However, some children show a more steady rate of acquisition during these early stages.

語彙習得における性差

非常に大きな個人差を背景として、女の子の赤ちゃんは男の子の赤ちゃんよりも早く多くの単語を覚える傾向がありますが、その差は時間の経過とともになくなっていきます。

Svetlana Lutchmaya, Simon Baron-Cohen and Peter Raggat (“Foetal testosterone and vocabulary size in 18- and 24-month infants”, Infant Behavior and Development 24:418-424, 2002) は、18ヶ月のサンプルにおいて、男の子の平均語彙数は41.8語(範囲0~222、標準偏差50.1)、女の子の平均語彙数は86.8(範囲2~318、標準偏差83.2)であると発見しています。 24ヶ月までには、男子の平均が196.8(範囲0〜414、標準偏差126.8)に対し、女子の平均は275.1(範囲15〜415、SD=121.6)と差が縮まりました。 つまり、女子の平均値における優位性は、86.8/41.8=2.1から275.1/196.8=1.5へと縮小していたのである。

時間が経つにつれて、この差は完全になくなり、その後、大学時代に男性の方が平均語彙数が多いという逆の方向に再び現れます(ただし、これもグループ内変動がグループ間差よりずっと大きいという背景があります)。 Janet Shibley Hyde and Marcia C. Linn, “Gender Differences in Verbal Ability. “の表6です。

知覚と生産の比較

Benedict(1979)は母親に、子どもがどんな言葉を発するかだけでなく、どんな言葉を理解している証拠を示す日記をつけてもらうように頼みました。 その結果、子どもが10個の単語を生成した時点で、60個の単語を理解していると推定され、子どもが50個の単語を理解した時点と、50個の単語を生成した時点との間に、平均5ヶ月のギャップがあることがわかりました。

これらの方法(母性日記やチェックリスト)はすべて、おそらく幼い子どもが実際に何かを知っているという言葉の数を過小評価する傾向がありますが、同時に、大人のような意味を持つ言葉の数を過大評価する可能性もあります。

単語の組み合わせ: 統語論の出現

2年目には、単語の組み合わせが出現しはじめます。 新しい組み合わせ (結果が 1 つの単語として扱われていないことが確認できる場合) は、14 か月という早い時期に散発的に現れます。 18ヶ月の時点で、保護者の11%が「子どもがよく単語を組み合わせている」、46%が「(子どもが)ときどき単語を組み合わせている」と答えている。

初期の複数ユニットの発話

いくつかのケースでは、初期の複数ユニットの発話は、単独で発生した方がよい個々の命名動作の連結と見なすことができます。 「ママ」と「ハット」は「ママハット」として結合されるかもしれませんし、「シャツ」と「ウェット」は「シャツウェット」として結合されるかもしれません。 しかし、これらの組み合わせは、学習中の言語に適した順序で発生する傾向があります。

  1. Doggy bark
  2. Ken water (「ケンが水を飲んでいる」)
  3. Hit doggy

特定の閉クラス形態素とのいくつかの組み合わせも同様に発生しはじめます。 “my turn”, “in there” など。 しかし、これらは代名詞や前置詞などのクローズドクラスの単語であり、それ自体はオープンクラスの単語とあまり変わらない意味内容を持っています。 より純粋に文法的な形態素–動詞の屈折や動詞の助動詞、名詞の限定詞、補語など–がある。 — このような形態素は一般的に存在しない。

初期の複数ユニットの発話は、ほとんど常に2つの形態素の長さであるため、2が1の後の最初の数字です! — この時期は「2語期」と呼ばれることもあります。

初期の複数単語の段階では、文を繰り返すように言われた子どもは、決定詞、修飾語、動詞助動詞、動詞屈折などを単に省略し、しばしば代名詞も省略することがあります。 同じようなパターンは、彼ら自身の自発的な発話にも見られる。

  1. 「牛が見える」を「牛を見る」と繰り返す (Eve at 25 months)
  2. 「犬が噛む」を「犬が噛む」と繰り返す (Adam at 28 months)
  3. Kathryn no like celery (Kathryn at 22ヶ月)
  4. ベビードール トラックに乗る(アリソン 22ヶ月)
  5. 豚はオンクと言って(クレア 25ヶ月)
  6. 女性がチョコをもらいたい(ダニエル 23ヶ月)
  7. “Where does Daddy go?を “Daddy go? “と繰り返す。 (ダニエル23ヶ月)
  8. “Car going?” を “Where is the car going?” の意味にする。 (Jem at 21 months)

ほとんどの文法的・機能的形態素を省くパターンを「電脳化」と呼ぶので、初期の多言語段階を「電脳化段階」と呼ぶこともあります。

文法的要素とそれに対応する構造の獲得

2歳くらいになると、子供は初めて文法的要素を使い始める。 英語では、有限助動詞(”is”、”was”)、動詞の時制や同意の接辞(”-ed”、”-s”)、名詞代名詞(”I”、”she”)、補語(”that”、”where”)、決定名詞(”the”、”a”)などがこれにあたります。 このプロセスは通常、やや緩やかなもので、より電信的なパターンが大人または大人のような形式と交互に、時には隣接した発話で行われます。 彼女は学校に行った。 (24ヶ月のドメニコ)

  • 彼はビーチボールを蹴っている。 彼女はそこにはしごを登っている。 (24ヶ月のジェム)。
  • 私はママをからかっています。 ママをからかっている。 (24ヶ月のホリー)
  • 私はこれを持っています。 私は「ナナ」を持っている。 (27ヶ月のオリビア)
  • 私はこの小さな子を産みます。 私はあれを産むわ。 (30ヶ月のベティ).
  • ママはまだ終わってないんでしょう? (
  • 1年から1年半の間に、文は長くなり、文法的要素の省略や誤挿入は少なくなり、複数の句からなる文が一般的になってきます。

    いくつかの研究により、自分の発話で定期的に文法的要素を省略する子どもは、それでも大人から聞くものにこれらの要素を期待し、文法的要素が欠けていたり存在しないと、文章の理解力が低下することが示されています。

    後方に進む

    多くの場合、形態素の屈折には通常の場合 (「歩く/walked」、「開く/opened」) といくつかの不規則または例外の場合 (「行く/went」、「投げ/threw」、「持つ/held」) が含まれます。 最初のうちは、このような単語は語根の形で使われることになる。 屈折が加わり始めると、規則的なパターンと不規則なパターンの両方が見られるようになる。 ある時点で、子どもたちは正規の場合を過剰に一般化し、「bringed」「goed」、「foots」「mouses」などの形を作り出すことが一般的である。 この段階で、子どもの発話は、過剰な正規化によって、大人の基準からすると、実はそれほど正しくないものになる可能性があります。

    この過剰な規則化は、発達中の子どもの文法の他のほとんどの側面と同様に、一般的に修正に抵抗があります。

    CHILD: My teacher holded the baby rabbits and we patted them.ADULT: Did you say your teacher held the baby rabbits.CHILD: Yes.ADULT: What did you say she did?CHILD: She holded the baby rabbits and we patted them.ADULT: Did you say she held them tightly?CHILD: No, she holded them loosely.

    その他の情報

    子どもの言語獲得に関するより多くの情報の出発点は、CMU の CHILDES Web サイトで、子どもの言語研究の原材料をダウンロードしたり、子どもの言語専門の文献を検索することについて知ることができます。

    最近のNYTマガジンの記事(Paul Tough, “What it takes to make a student”, 11/26/2006)では、言語習得における社会階級の違いに関する有名な研究(Betty Hart and Todd Risley, “Meaningful Differences in the Everyday Experience of Young American Children” (1995); Betty Hart, “A Natural History of Early Language Experience”, Topics in Early Childhood Special Education, 20(1), 2000; “The early Catastrophe: the 30 Million Word Gap”, American Educator, 27(1) pp. 4-9, 2003). 2003年の論文のアブストラクト。

    3歳までに、恵まれた家庭の子どもは、恵まれない家庭の子どもよりも3千万語多く言葉を聞いている。 42家族の縦断的データで、語彙の増加率に大きな差があるのはなぜかを調べました。 その結果、子どもたちは、身長、活動レベル、語彙資源、言語と相互作用のスタイルにおいて、親に似ていることが判明した。

    42家族というのはそれほど大きなサンプルではありませんし、他にも多くの疑問がありますが、この研究は、子どもの言語環境における文化的差異がもたらす持続可能な影響について懸念すべきであると示唆しています。

    同じ結論を示唆する、より最近の別の研究として、Martha J. Farah, et al.,(「Childhood poverty: 特定の関連性と神経認知発達」、Brain Research 1110(1) 166-174、2006年9月)です。 Farah教授と彼女の共同研究者たちは、「病歴をスクリーニングし、年齢、性別、民族をマッチさせた健康な低・中SESの子どもたちに、特定の神経認知システムに負荷をかけるようにデザインされたタスク群を実施しました」

    図1. 本研究で評価した7つの異なる神経認知システムの複合指標における、低SES群と中SES群の成績の隔たりの標準偏差で測定した効果量。 黒い棒は統計的に有意な効果の効果量を表し、灰色の棒は有意でない効果の効果量を表す。

    この研究のすべての参加者は、10歳から13歳のアフリカ系アメリカ人の少女でした。 上のグラフが示すように、中位 SES と下位 SES の少女の間のテスト電池の「言語」パートでのパフォーマンスの差は、約 0.95 の効果量を表しました。

    言語に関連するタスクは2つありました。

    Peabody Picture Vocabulary Test (PPVT)
    これは2歳半から18歳までの子供向けの標準的な語彙力テストである。
    Test of Reception of Grammar (TROG)
    Bishop (1982)によって考案されたこの文と絵のマッチングタスクでは、子供は文を聞き、その文を描写している絵を4つのセットから選ばなくてはなりません。 この課題は、語彙が単純であるため、語彙・意味的な要求はほとんどなく、また、事前テストにより、被験者はテストに登場する少数の単語の意味を知っていることが確認されています。

    この発見は、Hart & Risly 研究におけるような差異による持続的効果と一致しますが、他の説明もあり得ます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です