メニュー 閉じる

Marc Jacobs: Capturing the Zeitgeist and Creating Controversy Along the Way

Marc Jacobs: Capturing the Zeitgeist and Creating Controversy Along the Way

若い頃。

マーク・ジェイコブスは、今日最も才能があり影響力のあるアメリカのデザイナーの一人と賞賛されています。 ファッション界で台頭する過程で、彼は多くの論争と悪評を巻き起こしてきました。 1963年4月9日にニューヨークで生まれ、ジェイコブスが7歳のときに父親を亡くし、母親は3度再婚している。 幼少期はアッパー・ウエスト・サイドで祖母と暮らした。 幼い頃からニューヨークのクラブシーンに親しみ、その影響を受けたのは間違いない。 10代の頃は、スタジオ54で徹夜をした後、そのままハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインの授業に参加することもしばしばだったそうだ。 放課後はマンハッタンの「シャリバリ」でセーターをたたむなど、この頃からすでにファッションは彼の生活の一部になっていた。

パーソンズを優秀な成績で卒業したジェイコブスは、幸運にも、ルーベン・トーマスというスポーツウェア会社の重役ロバート・ダフィーがパーソンズでの卒業公演を観てくれたのです。 1984年、ダフィーはジェイコブスに「スケッチブック」というコレクションのデザインを依頼し、これが現在20年以上続いているビジネス関係と真の友情の始まりとなった。 ジェイコブスとダフィーはルーベン・トーマスから資金提供を受け、日本企業をバックにマーク・ジェイコブスのレーベルを立ち上げた。 1985年、ジェイコブスは自身のレーベルで最初のコレクションを発表しました。

1989 年、ジェイコブスはペリー・エリスにデザインを提供し始めました。 ペリー・エリスの最初の数回のコレクションは、「ペリーすぎる」「ペリーっぽくない」という批判を多く受けた。 しかし、その後のコレクションでは、1990年代初頭、当時のシアトルのロックシーンのスタイルに基づいた「グランジ」コレクションで物議を醸し、名声と悪評を得ることになった。 1993年1月、ジェイコブスはグランジにインスパイアされた春のコレクションを発表し、話題を呼び、多くの写真を撮られた後、その年にアメリカファッション協議会からデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 批評家の注目を集めたにもかかわらず、彼のコレクションはほとんど利益を生まないままであった。

ペリー・エリス退社後、ジェイコブスとダフィーはマーク・ジェイコブス・レーベルを立ち上げる。 ペリー・エリスのレーベルに彼の名前が載ることはありませんでしたが、ジェイコブスは小売業者や編集者の忠実な同人を育て、ニューヨークのパーティーやクラブの回路で非常に高い知名度を得るのに貢献しました。 彼のパーティー好きやセレブリティとの交友が、ファッション界における彼の人気と知名度を高めたことは間違いないだろう。 現在、ジェイコブスは自身の高級ラインであるマーク・ジェイコブスをデザインし、注目はされないまでも、絶えず批評家の賞賛を集めている。 マーク・バイ・マーク・ジェイコブスのブランドで、彼の人気はさらに高まった。 マーク・バイ・マーク ジェイコブスのブランドは、ジェイコブスのハイエンドなデザインを身につけたセレブや女優に憧れる若い世代の女の子たちに、彼のデザインを届けたのである。 マーク・バイ・マークジェイコブスの名前は、長年にわたり、若さ、シックさ、そしてニューヨークを連想させるものとなっています。 彼の衣料品ラインに加えて、香水、ハンドバッグ、アクセサリーは、ファッションとポップカルチャーの世界で彼をユビキタスな存在にしている。

ルイ・ヴィトン、そしてマーク・ジェイコブス・インターナショナル-「カムバック・キッド」の誕生

1997年、ジェイコブスは、国際高級コングロマリットLVMHの高級ブランド、ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクター、ダフィーがスタジオディレクターとしてサインをしました。 LVMHのCEOであるベルナール・アルノーは、何世紀もの歴史を持つレザーメーカーであるヴィトンを復活させるだけでなく、初の衣料品ラインを立ち上げるためにジェイコブスを雇ったのである。 ヴィトンでは、ジェイコブスとダフィーは驚異的な成功を収め、着任当時低迷していたブランドの売上を12億ドルから48億ドルへと4倍に伸ばし、その間、40パーセント以上の利益率を維持した。 ルイ・ヴィトンの売上の約20%を占める、高い評価と成功を収めた衣料品コレクションに加え、ジェイコブスはヴィトンの伝統的なモノグラム・ハンドバッグ・ラインを改革し、スティーブン・スプラウスや村上隆といったアーティストとのコラボレーションで知られる。 マークはヴィトンに自分のクールなブランドを持ち込み、ヴィトンは多大な利益を得たのである。

ジェイコブスとダフィーのLVMHとの関係は、常にバラ色というわけではありません。 ジェイコブスとダフィーはLVMHと衝突し、コングロマリットからの資金調達を増やそうとしたからです。 ダフィーはトミーヒルフィガーの元パートナーから外部の利益を求めるまでになり、ジェイコブスは2004年にウォールストリートジャーナルに苦言を呈したのは有名な話だ。 「LVMHが私にしたことよりも、グッチがトム・フォードにしたことの方がましだと思う」。 しかし、このエピソードの直後、両者は事実上の休戦協定にサインした。 ジェイコブスとダフィーは契約を10年延長し、LVMHはマーク・ジェイコブスを世界的なブランドにするため、大規模な店舗展開に資金を提供することに同意したのだ。 LVMHはMJIの96%の株式を所有していますが、商標権は33%しか持っていません。つまり、ジェイコブスとダフィーはブランドの創造的なコントロールを維持しながら、LVMHが多くの資金を提供しているのです。 MJIは、高級ブランドであるマーク・ジェイコブス・コレクションと、低価格のコンテンポラリーブランドであるマーク・バイ・マーク・ジェイコブスの2種類の衣料品を製造している。 2007年、MJIの売上高は推定3億5000万ドル強(LVMHは数字を公表していない)で、それまでに米国内に14の小売店を持ち、ドバイや中国など海外にも86の店舗を構えていた。 直営店の開設と国際的な販売パートナーシップの構築を積極的に組み合わせ、事業拡大を主導したのは、またしてもダフィーだった。

Duffy はマーク ジェイコブスを支えるビジネスの力であり、ファッション デザイナーの成功物語には必ず登場する、必要不可欠な存在です。 ジェイコブのビジネスパートナーについては、語り尽くせないほどだ。 マーク・ジェイコブス・インターナショナルを買収するようアルノーを説得したのはダフィーだった。アルノーは当初、ジェイコブスのみを欲しがり、彼の会社は欲しがらなかった。 ダフィーの小売戦略とビジネスセンスに加え、ダフィーはジェイコブスを正気に保ち、シラフでいさせるのに貢献した。 2007年、ジェイコブスが再び薬物に手を染めたとき、ジェイコブスの友人たちがダフィーに介入してくれるよう懇願したときのことを、彼はこう語っている。 ダフィーとのパートナーシップは、ジェイコブスのキャリアにおいて、多くの点で極めて重要であった。 ファッションは結局のところビジネスであり、最も才能がありクリエイティブなデザイナーは、ビジネスセンスと資金的な裏付けがなければどこにも行けないのである。

MJI を拡大し、マーク ジェイコブスを影響力のある著名なデザイナーにすることで、ダフィーとジェイコブスは、高級ブランドとの共食い、安っぽさを排除した比較的安価な商品の販売という、高級ビジネスの必要悪に成功したのである。 それが可能な理由のひとつは、ジェイコブスのデザインが、高価な素材と中価格帯の素材の両方で作るのに適しているからである。 例えば、マーク・ジェイコブスは、カシミアの防寒セーターを600ドルで販売しているが、同じデザインで高級感のないウールのものは、マークバイマークの店舗で160ドルで販売されている。 このビジネス戦略は、新進気鋭のデザイナーにとって貴重な教訓となるはずだ。ラグジュアリーブランドや高級ブランドの成功を、低価格帯のファッションの優位性に結びつける、あるいはその逆の、微妙なバランスを見つけることができる。 ひとつのブランド層が、もうひとつのブランド層を相互に育て、高めていく。 女性たちは、マーク・ジェイコブスのブランド、マーク・ライン、マーク・ジェイコブスがデザインしたLVのアイテムの両方を購入し、買い物をしている。 マーク・ジェイコブスは、ファッションとポップカルチャーの世界でユビキタスな存在でありながら、エリートで排他的な雰囲気も持ち合わせている。

論争が絶えない

彼の論争と悪評は、彼の才能を消してしまうことはなく、むしろデザイナーとしての彼の名声を高めているのである。

2007年9月12日、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンのライターでファッション評論家のスージー・メンケスは、マーク・ジェイコブスの春のショーを「マーク・ジェイコブスはフリークショーで失望させる」というタイトルで論評したことで有名である。 彼女は、ジェイコブスがマルタン・マルジェラの真似をしてショーを始め、モデルが逆順にランウェイを歩くと、デザイナーが駆け出してお辞儀をするという、端から見ていると批判している。 デザインについては、「何年も前にコム・デ・ギャルソンがファッションの先駆者となったデザインの弱いバージョン…ジョン・ガリアーノのオートロマンティックな1920年代の女性からジェイコブス自身のビンテージクローゼットでの探求まで、既存のアイデアの反響室」だと述べている

マーク ジェイコブスの2008年春のショー。

マークジェイコブス2008年春コレクション

Ms.Jakobsに対する反応として、次のようなものがありました。

マルジェラや川久保玲からの影響を否定したことはないし、彼らは私の仕事にインスピレーションを与えてくれる人たちで、私はそれを隠したりしない…」と述べています。 もちろん、他のものとの比較はあります。 私はファッションを愛し、この世界に生きているデザイナーですから…。 ファッションに敏感で、ファッションに影響を受けている、そういう存在です。 それを隠したことは一度もありません。 シャネルが言うように、自分のクリエイティビティを主張したことは一度もありません。 私が強いと感じたアイデアには、私なりの解釈があります。 ジル・サンダーはコム デ ギャルソンに、ミウッチャ・プラダはコム デ ギャルソンに、みんなコム デ ギャルソンやマルタン・マルジェラに影響を受けているんだ。

マーク・ジェイコブスのように著名で実績のあるデザイナーでさえ、コピー、あるいは少なくとも独創性がないと非難され、彼は、デザイナーは、確かにそうだが、互いに影響しあっていると言って、自分の仕事を弁護している。 ここに、衣服、靴、その他の衣料品のデザインに著作権保護を与えることのジレンマと論争がある。機能的でないだけでなく、新しい、あるいは独創的なデザインとはどのようなものだろうか。 デザイナーは互いに触発され、速いペースで熱狂的に変化し続けるファッション業界では、真のオリジナルと思えるデザインはほとんどなく、むしろ、真に触発されたものであることが重要です。

インスピレーションはいつコピーと一線を画すのでしょうか? ジェイコブスは、スウェーデンの小さな村リンセルを描いたスカーフに酷似した「マウンテンバンダナ」と呼ばれるスカーフのデザインをコピーしたと非難されたとき、何の弁解もできませんでした。

マークジェイコブスのスカーフとリンゼルのスカーフの比較。

2008年2月、ジェイコブスは「1984年からマーク ジェイコブスがデザインした」というスカーフをデザインし、物議をかもし出しました。 Linsellに住むGoran Olofssonは、彼の父Gostaが1950年代に他の観光土産品と一緒にこのスカーフを作ったと主張し、彼は父の著作権を受け継ぐ可能性があると述べました。 Olofsson氏が育ったLinsellをイメージして作られたLinsellスカーフとJacobsスカーフには、著しい類似性がある。 マーク・ジェイコブスのスカーフには、2頭の熊、パスクの花、この地域の紋章など、ヘリエダーレン郡のシンボルが多数描かれているのです。 スカーフには地元の教会も描かれており、その角度は一家の裏庭から描いたとしか思えないようなものでした。 マークジェイコブスのスカーフには「Marc Jacobs since 1984」と書かれているのに対し、リンゼルのスカーフの上部には「Linsell」と書かれているのが明らかな違いである。

この件に関してデザイナーからの抗議や抗弁はなく、翌3月にマーク ジェイコブスは非公開の金額で紛争を解決しています。 そのため、このスカーフの類似性は疑いようもなく、ジェイコブスはこれ以上恥ずかしいエピソードを引きずるよりはと、和解に踏み切ったようだ。 デザインはほとんど同じなので、コピーであることを示すのは簡単なケースだっただろう。 マーク・ジェイコブスはすぐに和解し、この事件による悪評をこれ以上抑えることができたのだろう。

また、高額な贈収賄の罰金を免れることもできません。 2008年11月19日、マーク ジェイコブス インターナショナルは、有名な戦闘第69連隊があるレキシントン通りの武器庫の責任者に賄賂を送り、その場所で最高のショースペースを確保したとして、当局から100万ドルという驚くべき罰金を課されました。

「アーモリー」。

同年3月、アンドリュー・クオモ司法長官は31件の起訴を行い、うち24件がマーク ジェイコブスに関わるもので、2000年から前アーモリー管理人のジェームズ ジャクソンが、ランドマークの建物の使用を促す代わりに金銭、コンピュータ、運動器具など合計3万ドル以上の不正な贈物を勧誘したと主張しました。 Armoryの公式な1日の使用料は約6,000ドルです。 マーク・ジェイコブス・インターナショナルは2000年から2007年まで、仲介者を通じてジャクソンに現金と贈り物を支払っていた。 ニューヨーク州司法長官アンドリュー・クオモによると、ジャクソンはスペースの使用と引き換えに現金、コンピューター機器、家庭用ジムシステムまで要求したとして、窃盗と贈収賄の罪を認めたという。 マーク・ジェイコブス・インターナショナルは罰金に同意し、ファッション・ハウスにとって恥ずべき捜査に終止符を打った。 この事件は、ファッションデザイナーがランウェイショーを行うスペースが限られていること、そしてデザイナーが会場を確保し維持するためにどれほど苦労しているかを示しているように思えます。 デザイナーは自分の作品を展示するユニークなスペースを求めており、場合によっては、必要なスペースを手に入れるために思い切った違法な手段を取ることもあるのです。

Louis Vuittonは、商標を用心深く、精力的に保護することで知られてきました。 そのゼロトレランス・ポリシーに例外はなく、デンマーク人アーティストNadia Plesnerが、ルイ・ヴィトン モノグラム・マルチコロールの商標を自身のTシャツデザインに使用したことです。 モノグラム・マルチコロアの商標は、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターであるマーク・ジェイコブスと、日本の現代アーティストである村上隆のコラボレーションから生まれたものです。 2008年、ルイ・ヴィトンは、マーク・ジェイコブスがデザインしたLVバッグによく似たものを子供が持っている様子を描いたTシャツのデザインで、マルチカラーのトワル柄とLVのイニシャルをドルマークとポンドマークに見立てているとして、Plesnerを提訴しました。 2008年2月、ルイ・ヴィトンはプレズナーに停止命令書を送り、LVMHはこの使用を商標権侵害として反対し、Tシャツの販売を中止するよう求めた。 興味深いことに、LVMHは、通常排除措置命令で要求されるような、販売枚数の計算、資金の処分、残存商品の破棄を要求していない。 むしろ、マーク・ジェイコブスや村上隆もアーティストであることに注目し、仲間のアーティストの権利やルイ・ヴィトンの知的財産権を尊重するプレズナーの感覚に訴えたのです。

問題となったプレズナーのTシャツデザイン:

プレスを相手にせず、ルイヴィトンは、パリ裁判所に差止申請を行います。 3月25日、裁判所は、この画像はルイ・ヴィトンのバッグに関する著作権を明らかに侵害していると宣言し、Plesnerに停止を命じました。 プレズナーはこの差し止め命令を無視したため、ルイ・ヴィトンは、プレズナーがこの製品を販売し続ける限り、1日あたり5,000ユーロ(約7,700円)の損害賠償を認める裁判所命令を取得した。 ニューヨーク・マガジンに、なぜLVのバッグをデザインに使ったのかと尋ねられたプレズナーは、「マクドナルドやコカコーラのロゴのように、とてもよく知られたシンボルとしてルイ・ヴィトンのバッグを選んだ」と説明しています。 ルイ・ヴィトンのバッグのデザインは、高級品の代表格であり、そのデザインは高級品全般を指すものとして一般的に使われるようになったと、プレズナーは考えているのです。 したがって、LVのような著名なブランドは、その商標を維持しなければ、その商標とデザインの保護が失われる危険性があるのである。 この事件は、商標権や著作権侵害の可能性を積極的に追及するルイ・ヴィトンの揺るぎない姿勢を示しています。

現在、彼女のウェブサイトには、物議を醸したTシャツのデザインがまだ掲載されていますが、シャツの購入リンクには販売されておらず、新しいデザインを近々販売するという声明だけが残されています。 2008年12月、パリのギャラリー・テイスで開催された展覧会「Emergency Room」に参加しました。これは、アートを通じて緊急事態を認識させる国際的なアート・ムーブメントです。 Plesnerの作品は「Darfuitton」と題されたもので、有名なMulticoloreトワル柄のLVバッグを再現し、バッグのLVロゴの代わりに「DAR FUR」の文字が全面に描かれているものでした。 LVがこの作品のために彼女を追いかけたかどうかは不明です。 これは、商標権や著作権の侵害ではなく、一種のパロディに該当すると思われます。 See Fashion and Parody.

Plesner’s Emergency Room exhibition:

See Dan Shaw, “To Make His Own Marc,” February 23, 1997 (The New York Times); Mark Borden, “Managing Marc Jacobs,” September 11, 2007 (CNNMoney.com).

See id.

See id.

See Dan Shaw, NY Times.

See Mark Borden, CNNMoney.com.

See id.

See id.

See id.

See id.

See id.

Suzy Menkes, “Marc Jacobs Disappoints with a Freak Show”, September 12, 2007 (International Herald Tribune).

Women’s Wear Daily, September 13, 2007.

The Local, “US Fashion Designer Makes Plagiarized Scarf Payout,” March 4, 2008.

See id.

Carrie Melago, “Fashion designer Marc Jacobs fined $1 million for trying to bribe head of Lexington Ave. armory,” November 19, 2008 (New York Daily News).

See id.

See id.

New York Magazine, “Art Student Nadia Plesner’s Giant Louis Vuitton Copyright Suit,” May 6, 2008, http://nymag.com/daily/fashion/2008/05/art_student_nadia_pelsners_gia.html.

Letter from Nathalie Moulle-Berteaux, Louis Vuitton Malletier, to Nadia Plesner, February 13, 2008, http://www.nadiaplesner.com/Website/LouisVuittonLetter.pdf. Also see Ms. Plesner’s response, http://www.nadiaplesner.com/Website/AnswerToLouisVuitton.pdf.

See id.

New York Magazine, “Louis Vuitton Tried to Prevent the Nadia Plesner Suit,” May 9, 2008, http://nymag.com/daily/fashion/2008/05/louis_vuitton_tried_to_prevent.html.

See id.

See www.nadiaplesner.com.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です