メニュー 閉じる

Native Americans:Historic:The Illinois:History:Exploration

Arrival of Marquette and Jolliet at the Grand Village of the Kaskaskia, 1673. (painting by Robert A. Thom, 1967)

One can scarcely understand , although it is somewhat like the Algonquin; still I hope, by the Grace of God, to understand and be understood, if God in his goodness lead me to that Country. (Jacques Marquette, 1669)

Jacques Marquette’s opportunity to visit the Illinois finally arose in 1673, when he accompanied Louis Jolliet, a young Canadian fur trader, on an expedition to explore the Mississippi River. この探検はニューフランス総督フロンテナック伯爵の命によるもので、フロンテナック伯爵はそれまでの多くの人々と同様、北米大陸を横断して東洋に至る北西航路を求めていた。

左:マーケットとジョリエのミシシッピ川探検の地図(1673年)。
enlarge map

マーケットとジョリエットは1673年5月にマキナック海峡を出発し、5人の船頭と2隻の白樺のカヌーに乗り込みました。 ミシガン湖を下ってグリーンベイに入り、フォックス川とウィスコンシン川の間を行き来し、広いミシシッピ川に滑り込んだ。 ミシシッピ川では、美しい島々や大草原、鹿、バイソン、山猫、七面鳥の住む森を見ることができた。 川には、雁、白鳥、チョウザメ、そして「怪物」のような魚がいた。

そして6月25日、岸辺に人の足跡があり、草原を横切る道があるのを発見した。

そして6月25日、岸辺に人の足跡を見つけ、大草原を横切る道を見つけました。その道をたどると、現在のミズーリ州北東部のデモイン川近くに3つのインディアン村があることがわかりました。 そのうちの1つの村から、4人の男がゆっくりと近づいてきた。

私は……彼らが誰であるかを尋ねた。 そして、平和の印として、我々にパイプを吸えと言った。 (Jacques Marquette, 1674)

探検家たちはイリノイ州の酋長と会談し、酋長のカルメットを吸い、贈り物を交換し、演説をし、トウモロコシ、魚、バイソンのご馳走を食べました。

ピオリア村を出発したマーケットとジョリエットは、ミシシッピ川をアーカンソー川河口まで下った後、イリノイ川を経由して五大湖に戻るという逆戻りをしたのです。 この航海で彼らはさらに2つのイリノイの村を知った。アーカンソー州北東部のミチガメア村について聞いたが訪問しなかった村と、イリノイ州北中央部のイリノイ川を上りながら訪問したカスカシア村だ。

我々はカスカシアというイリノイ州の村で、74軒の小屋からなることを発見した。 彼らは私たちをとてもよく迎えてくれた。 (Jacques Marquette, 1674)

マーケットがこの村で数えた74軒の小屋は、「カスカシアの大村」として知られ、約1500人の総人口を表していたかもしれない。 この村を去る前に、彼は再びこの村に戻り、部族に宗教的な指導を行うことを約束した。 当時、健康を害していた彼は、1675年の春に再び村に戻った。 その時、村は当初の5倍ほどに膨れ上がり、イリノイのさまざまな部族が加わっていた。

カスカスキア村に布教所を設立して間もなく、マーケットは亡くなりましたが、彼の死によってイリノイ・インディアンとのフランスのつながりが絶たれたわけではありません。 しかし、彼の死によってフランスとイリノイ・インディアンとの関係が絶たれたわけではなく、長い間、司祭や毛皮商人がイリノイの地に流れ込んできたのである。 神父は、イリノイの人々をキリスト教に改宗させようとした。 バイソンの皮やビーバーの毛皮など、広大なミシシッピ川流域の天然資源をもとに、商人たちは有益な商業帝国を築こうとしたのである。 例えば、クロード・アリューズ神父は1670年代後半にマルケットの伝道を担当した。 1679年には、ルネ=ロベール・キャベリエ(Sieur de La Salle)とアンリ・ド・トンティの2人が、この地域の探検と商業の野心的なキャンペーンを開始した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です