メニュー 閉じる

Script (Comics)

プロットスクリプトでは、アーティストは完全なスクリプトではなく、ライター(またはプロッター)からのストーリーのシノプシスに沿って作業しています。 アーティストは、ページごとにプロットの詳細を自分で作成し、その後、台詞を挿入するために作家に作品を返します。

コミックの歴史家であるマーク・エヴァニアーは、この「共同作業の新しい手段」は、スタンが仕事に追われていたことと、ジャックのストーリー展開の優れたスキルを利用するために、必要に迫られて生まれたものである、と書いています。 . . . スタンが作家のために筋書きをタイプしてくれることもあった。 そうでないときもあった。 コミック作家・編集者のデニス・オニールが述べているように、マーベル方式は「。 作家はプロットを書き出すことから始め、ペン入れが終わった時点で言葉を加えることを要求される。 60 年代半ばには、プロットはタイプライターで書いた 1 ページを超えることはめったになく、もっと少ないこともあった」一方、それ以降の作家は「22 ページのストーリーに対して 25 ページものプロットを作成し、さらにその中に断片的なセリフを含むことさえある」。

マーベル方式は、2009年にリーが彼とディトコの「短くて5ページのフィラーストリップ」について語ったように、1961年初頭には少なくとも1人のアーティストとともに実施されていました。

私は、O・ヘンリーのようなひねりの効いた結末の奇妙なファンタジー物語を夢想していました。 私はスティーブにプロットの一行説明を与えるだけで、彼はすぐに走り出すことができました。 彼は私が与えた骨格となるアウトラインを、私が期待するよりもはるかにクールなものに仕上げた、古典的な小作品に変えてしまうのです。

DCコミックスの社内プレビュー誌『DC Nation』の2018年10月号では、作家のブライアン・マイケル・ベンディス、アーティストのライアン・ソック、ウェイド・フォングラバドガー、ブラッド・アンダーソンが『アクションコミックス#1004』で採用した創造プロセスを紹介し、ベンディスの脚本のページをセリフなしながらコマ割りで掲載しています。

クリエイターや業界の専門家によって挙げられた、完全なスクリプト方式に対するマーベル方式の利点は以下のとおりです。

  • シーンを視覚化するために雇われたアーティストが、パネルの構造を決定するのに適しているという事実
  • これがアーティストに与える大きな自由
  • ライターに与えられる低い負担。

挙げられた欠点は以下のとおりです。

  • すべてのアーティストが才能ある作家というわけではなく、プロットのアイデアやペーシングなどの面で苦労する人もいるという事実
  • アーティストを利用することになる。 彼らは本質的に共同脚本家として働いているにもかかわらず、通常、アートだけで支払われます

Kurtzman styleEdit

ハーヴェイ カーツマンに起因するプロット スクリプトのバリエーションでは、作家はストーリーをページ ラフやサムネイル スケッチに分解し、キャプションやセリフをラフの中に書き入れます。 そして、アーティスト(コミックの作家でもある場合が多い)は、ラフを原寸大のアートボードに書き起こす。

EC styleEdit

ウィリアム ゲインズ(EC Comics におけるカーツマンの出版社)によるとされる EC style は、カーツマンスタイルと似ているが、作家がアーティストにタイトなプロットを提出し、アーティストはそれを画板上にレイアウトされたパネルに分割する。 作家はキャプションやセリフを書き、それをコマの中に貼り付け、作家はその貼り付けられたコマに合わせてストーリーを描く。 この手間のかかる、制限の多いコミックの作成方法は、もはや一般的には使われていない。ECスタイルのバリエーションさえも使用した最後のアーティストはジム・アパロである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です