メニュー 閉じる

Tacit & Explicit Knowledge

「世界がこれまでに受け取ったすべての知識は、頭から来る。宇宙の無限図書館は、私たち自身の頭の中にあるのだ。 本は無限にあり、時間は短い。 知識の秘密は、本質的なものを取り上げることです。

スワミ・ヴィヴェーカナンダ

知識は組織にとって貴重な資産であると考えられています。 知識は、組織の競争優位の主要な、そしておそらく唯一の源です。 パラダイムシフトにより、知識に対する見方が変わりました。 以前は、従業員はキャリアを全うするために組織に留まっていました。 しかし、現在では、社員は何度も転職を繰り返しています。 しかし、現在では、従業員は何度も転職を繰り返し、退職する際に、自分の知識も一緒に持っていってしまいます。 一方、知識の共有とコラボレーションは、知識を組織内に留めることができるため、組織に利益をもたらすことができます。

知識の特徴

組織は、従業員の知識と経験を捕らえ、暗黙知を明示知に変え、従業員がいなくなった後でも利用できるようにしなければいけません。

「暗黙知」は経験による知識で、主観的・物理的な傾向があります。”

野中 & 竹内

暗黙知の特徴です。

  • 暗黙知は個人的で、個人によって知られ、文脈に固有である。
  • 暗黙知は非常に経験的で、文書化し、伝えるのが難しい。
  • Tacit Kowledge cannot easily be codified but can only be transmitted via training & experiences; and
  • Tacit Kowledge is about, ‘know-how’, ‘know-what’, ‘know-why’ and ‘know-who’.

Examples of Tacit Knowledge:

  • Hands-on skills, special know-how and experiences of employees;
  • Tips on dealing with a difficult challenge;
  • Feedback from customers over the phone;
  • Best practices of the most prolific sales person; and
  • Opinion expressed by management about why competitors are doing well.

Explicit Knowledge

“Explicit Knowledge of rationality and trends to be metaphysical and objective, often relates to past events or objects ‘there and then’, oriented towards a context free theory.”

Nonaka & Takeuchi

Characteristics of Explicit Knowledge:

  • Explicit Knowledge is more formal;
  • Explicit Knowledge is context independent;
  • Explicit Knowledge is easily shared;
  • Explicit Knowledge is reproducible; and
  • Explicit Knowledge can easily be codified, documented, transformed and conveyed in systematic way.

Examples of Explicit Knowledge:

  • Documented work, Procedures and Policies;
  • Operating procedure for a job;
  • Contacts of potential customers in the database;
  • Formal customer complaints and suggestions; and
  • Code of conducts for the organization.

The Cycle of Learning portrays knowledge management as a spiral in which one type of knowledge gets created into another, and in the process gets shared across multiple stakeholders.

「暗黙知から暗黙知へ」

暗黙知を暗黙知として保持する個人またはグループへの移転を伴う知識共有の一形態です。

知識コミュニティが集まり、共通の関心事が集まると、互いに非公式に多くの情報を交換し、

情報は「伝聞」を通じて拡散されます。

例:

電話での会話、集まり、公開会議、グループ討論、市場調査、意見調査など。

暗黙から明示へ

暗黙を明示に変換するプロセスは「外部化」と呼ばれており、つまり内部の&& 明示へと変えることである。

暗黙知を明示化できるのは、そのような知識を形式的に、明示知に関連する形式でコード化し、表現できる場合のみです。

例:

日次または週次レポート、レビュー、月次技術レビュー、トレーサビリティ マトリクス、ジャーナルや記事の執筆など。

明示的から暗黙的への変換プロセスは「内在化」と呼ばれ、学習とトレーニングを通じて行われます。

明示的な知識は新たな暗黙知を生み出します。

例:新聞を読む、テレビを見る、教科書で学ぶ、等々。

明示的知識から明示的知識への変換

統計的手法やパターン検出を用いて情報を統合し、既存の知識から新しい知識を作り出すプロセスです。

文書、会議、電話による会話、ネットワークなどのメディアに存在する有能な知識は、このプロセスを通じて組み合わせられ交換されます。

例:

文書や教科書のデジタル化、ソフトウェアアプリケーションやツールなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です