メニュー 閉じる

[The female psychopath: a review]

サイコパス関連の研究は、伝統的に男性に焦点が当てられてきた。 今日、多くの証拠が女性における障害の存在を証言している。 とはいえ,当初は男性集団で開発されたものであるため,この概念をそのまま女性に転嫁する可能性は議論されている。 現在の研究では、障害の構造に大きな性差は認められません。 しかし、有病率の測定や通常の診断尺度によるサイコパシーの平均スコアには違いがある。 有病率は一般に女性の方が低く、男性はサイコパシー尺度における平均得点が高いようである。 さらに、男性と女性は、サイコパス的行動だけでなく、対人関係や情動の特徴のほとんどを共有しているが、同じ目標を達成するために異なる戦術に依存することがある。 これらの違いを考慮すると、女性の犯罪率の増加は、女性における障害の構造をより深く理解すること、より多くのサンプルで得られた結果を検証すること、再犯、施設構造、治療反応を確実に予測するための客観的かつ適応的な評価手段を開発することの必要性を物語っている。 また、予防的な観点から、本疾患の発現に影響を与え、予測し、あるいは緩和する可能性のある初期要因を明らかにすることも興味深いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です